FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■快楽の白と黒 (SASAYUKi)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・お嬢様
・おまけ: あとがき、作品コメント、ゲストページ、
      カバー裏にカラーの別絵、
      掲載時から加筆・修正あり。
・その他: 短編×9
      (うち「家族と華族」×2、「南の島の不思議の山」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「SASAYUKi(ささゆき)」センセの「快楽の白と黒」です。

童話を題材にしたえっち漫画「絵本の艶本」でお馴染み「SASAYUKi」センセ待望の2冊目。
そちら、絵は非常に綺麗だったんですが、ちょっとお話がイマイチで漫画としては微妙な印象なのでした。
かなり久しぶりな単行本「快楽の白と黒」ではどうなんでしょう?

アルミュールお嬢様と娘のメリルさん.jpg
※左:「アルミュール」お嬢様、右:娘の「メリルさん」です。
 単行本を象徴するお嬢様2名。どちらもツンデレロリなえっち娘です。

多くのヒロインを押しのけて表紙をゲットした「アルミュール」お嬢様が登場する、「お嬢様と教師と午後の授業(An Afternoon Lesson)」
祖父と孫くらいに歳が離れている「ラッセル」教授は「アルミュール」お嬢様に誘われるまま、メイドの「アン」と共にえっちことをさせられるのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

ヒロインである「アルミュール」お嬢様はいわゆるツンデレなキャラで、従う「ラッセル」教授は口で色々言われていましたが、願い叶ってなんやーかんやーと幸せな雰囲気
いいなぁ(笑)
周辺状況については数ページながらもしっかりと伝えられ、残りは全てえっち展開となっていました。
こんなんであまりダラダラ続くのも違うでしょーけれど、もう少し見たい良作品でした。
なお、カバー裏のカラー絵もこちらの「アルミュール」お嬢様でして、ちょっとしたストーリー仕立てになっていました。
こちらもいいですね。
ちなみに、父娘の近親ラブラブ話「お嬢様の父と冬の夜(Never Winter Nights)」に登場する「メリル」ちゃんですが、こちらの「アルミュール」お嬢様とはまたちょっと毛色が違うツンデレちっくな娘なの。
こんなんが好きな方は、↓表紙の雰囲気そのままな以上2作品だけで単行本を買う価値あるでしょう
オススメですよ。

ツンデレな「メリルちゃん」.jpg
※おまけ:ツンデレな「メリルちゃん」です。
 料理つくるってだけでこんなん(笑)

母親と4人姉妹のお話「家族と華族(Certain Family's story)」
こちらは前後編。
即えっち系で大したストーリーではないものの、濃厚な描写とタイプの異なるキャラたちの反応を楽しむ漫画でしょう。
子供を養うためにその身を捧げる苦労人…と思いきや、結構ソレを楽しんでおられる様子の母親「メイア」さん、真面目で潔癖ですが、五人の中てもっとも巨乳な長女「メリー」さん、好奇心旺盛でえっちにハマったことで出番が多い次女「ジェーン」さん、お金好きでさっぱりとした性格の三女「エミー」さん、そして純粋なお子様四女「セーラ」さんという、少しづつ違う性格がちらほら垣間見えました。
(※なお、姉妹の順はひでるさんの想像です。合ってるかな?)
解説によると、もともと後味悪いラストを今回収録で修正されたとのこと。
うん、前はどんなんか知りませんが、今回ので正解だと思います。
それぞれ結局のところえっちに喜んではおりましたが、コレ決して良い状況とは言えず…考えるまでもなく酷い世界。
こんなんでさらに不幸があるのなら、確実にイヤーな暗い気分にさせられたでしょう。
ふっ、いい記念日になったじゃないか
…とか、言われているオチはなんだか可笑しかったです。
修正されたそちらもハッピーエンドとは言えませんが、健気に頑張る前向きっぽさがありました。
2話でのバランスも、ストーリー全体を考えるといい具合だったと思います。
(※長女「メリー」さんのえっちがなかったですけどね。あと、この娘の髪はアップのままのが良かったなー、とか)
うん、いいんじゃないでしょうか。

連続話の姉妹たち.jpg
※左:「南の島~」、右:「家族と華族」のそれぞれ姉妹たちです。
 これだけのキャラが登場してます。「家族と華族」のがお話・キャラどちらもよかったかなー。

なお、同じく2話構成の「南の島の不思議の山(The MysteryMountain)」ですが、こちらも4姉妹…と見えて、実は3姉妹と男の子。
冒頭に登場していた眼鏡の「メイリー」、ロール髪の「レイチェル」、元気な娘「ジェイミー」、実は男の子「エオナ」というそれぞれが絡み合うえっち話…だったのが、後半は触手がうねうねとうごめくファンタジー漫画となっていました。
びっくりです!
そりゃーもう、物凄いことになっていましたよ!!

どーすか、そこの奥さん(←なんだそりゃ)

細く丁寧な線の絵柄。
トーン処理がためページは強い灰色で、ごっちゃり描かれる方なので濃いこってりとした雰囲気でした。
ロリ専門ではありませんが、ややそちらに傾き気味。
絵は抜群に巧い方で、フリルな服装なども実に丁寧に描かれておりました。
可愛らしい絵柄に似合わず、えっちはハードで濃厚。
そちらのシーンは派手で、文字が飛び交うスピード感あるものとなっています。
楽しいラブ展開ではなく、どうしてもブラックな色が強いのも特徴のひとつでしょう。
ビターですね。
あまーいのがお好みな方は、ちょっとばかり注意。
ひでるさん個人的には、お話(※絵はもともと問題なし)など前作よりかなり良くなっていると思いました。

快楽の白と黒 (メガストアコミックスシリーズ No. 131)快楽の白と黒 (メガストアコミックスシリーズ No. 131)
(2007/07/19)
SASAYUKi

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ハッピーエンド ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。