FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■おねがいユリ先生 (翔丸)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・教師
・おまけ: あとがき、ゲストページ、合間に作品解説、
      描き下ろし「おねがいユリ先生 特別編」
・その他: 短編×11(うち、表題作×8)
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「翔丸」センセの「おねがいユリ先生」です。

いやぁ、先生ってのは本当にいいものですねー。
こちらのブログでも、「隣のみなの先生/MGジョー」、「一撃悩殺サツキ先生/じゃみんぐ」、「大好き!みらの先生/どざむら」など先生シリーズを紹介しておりますが、こちらはまだだったので。
とりあえず先生趣味な方には、ぜひ押さえておきたい1冊でしょう。
あ、似たお名前で「モーレツ!ボイン先生/英丸」ってのもありましたが…こちらはまだ続いているので、また今度。

イラストのお仕事も多い「翔丸」センセ。
こちらの「おねがいユリ先生」は表題作の連続話を中心とした短編集です。
とりあえずインパクト抜群な↓表紙に引かれた方はそのまま手を出しても大丈夫です。たぶん。

ユリ先生.jpg
※1話・5話、新旧の「天野ユリ」先生です。
 こう並べてみると、あんまり変わらないですかね。

番外編を合わせて8話収録の「おねがいユリ先生」
幼馴染みの「清水カオリ」さんから逃げる「竹内ジュン」くん。
ふと入った教室にて、「天野ユリ」先生が一人でいたしている姿を目撃しました。
見られて慌てた「ユリ先生」は口封じのため、「竹内くん」の言うことをなんでも聞くこととするのでした…。
だいたいはそんなお話。

勝手に一人で暴走する「ユリ先生」
このことは誰にも言わないで!そのかわりきみの言うことなんでも聞くから!
…という台詞は成年漫画で”待ってました!”というお約束ですが、受けた「竹内くん」はこの時うろたえてただけなんですね。
無理やり迫った「ユリ先生」もはっきり言って、誰でも何でも良かったっぽいのよ。
そんなんが、いつの間にか相思相愛になってしまっている安易さがいかにも成年漫画。
一応、3話目にそれらしい流れがありましたけれど、ストーリーとしては他愛ないもの。
まぁ、えっち漫画ですからね。
4話目、保健の「緒方メグミ」先生が登場する回の冒頭部分もちょっと分かりづらい表現でした。
まぁ…えっち漫画ですからー。

あとねぇ…「ユリ先生」がえろいだけで、薄っぺらいキャラというのが最大の問題。
ビジュアルはいいんですが、短編話のキャラみたいにこざっぱりとし過ぎて、あまり魅力ないんですね。
他のキャラを色々と出す暇があるなら、もう少しヒロインである「ユリ先生」を掘り下げてもらいたかったです。
だいたい、教師のくせして頭も良くなさそうだし…。
ついでに言うなら、「ユリ先生」はすぐ服を脱ぎすぎです(笑)
(※脱がすのが早いって特技があるみたいですが)
ひでるさんとしては「CAGE/すえひろがり」みたいな、授業中にどうのこうのってなシチュエーションを期待していたんですけどねぇ…ちょっと残念。
もう少しじわじわ攻めてほしかったなー、なんて。
ごめんなさい、↓表紙での期待が大きかっただけ、批判意見ばかりになってしまいました。
とりあえずフォローしておきますが、えっち漫画としてはごくごく無難な良い出来栄えであると思います。

お母さんとユリ・メグミ.jpg
※左:妊娠のお母さん、右:ユリ・メグミ両先生の学生時代です。
 皆さん大きなモノお持ちですね。ひでるオススメはそちらのお母さん。

短編では他に学園モノが2話と、もうひとつが母子近親ネタの「妊婦でポン」
実にふざけたタイトルですが、コレがなかなかないタイプの漫画で、ひでる超オススメです。
「彰」くんのお母さんは妊娠中で、もうお腹も大きくなった状態。
その旦那がもう何ヶ月かも出張中でして、どうにも身体を持て余していたため、「彰くん」に手を出してしまうのでした。 
簡単に書きましたが、そんなトンデモ話。
里帰りさせて
…だって。
わーははははははははは[泣き笑い]
まぁ、設定だけ伝われば十分な単純えっち漫画なので、だらだらとした説明は今回省略します。
ただ、ちょっと期待ハズレだった「おねがいユリ先生」を補完して余りあるお話でした。
これだけでも単行本1冊買う価値があると思います。いや、マジで。
いいもんはいい。

やや太めな線でのあっさり絵柄。
濃淡のバランスは適当で、ページ全体は見やすかったです。
等身は高く、バランスの取れたプロポーションの人物絵。
えっちシーンもクドさはなくて見栄え良く、成年漫画に慣れていない方には丁度いい具合だと思います。
↓表紙のカラーは白黒絵と違った非常に良い雰囲気なので、こちらで判断するのはやや危険かもしれません。
うまーく脳内で線画にするのがいいかも。
なお、連載の「おねがいユリ先生」は描かれている期間が長いらしく、若干絵の変化が感じられました。
まぁ、さほど気にする必要もない程度ですが。

おねがい ユリ先生 (TENMA COMICS)おねがい ユリ先生 (TENMA COMICS)
(2006/07/15)
翔丸

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 相思相愛

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。