FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■&er Girls アンダーガールズ(大孛輝*はな)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、作品4コマ、
      カバー裏に漫画。
・その他: 初単行本、カラー(5P)、短編×11
   (※「千真と千夏と先輩」シリーズ×3、後半各話は共通世界)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大孛輝*はな」センセの「&er Girls アンダーガールズ」です。

昨日に引き続いて…最近はややこしい漢字使うのが流行りなんですか?
読み方はやはりそのまんまなんで、「大孛輝」で「だいぼっき」と読むようです。
…なんだか、えろい響きですね。
もし、人気がすぱーんと出て一般誌とかに進出されるようになった際は違う名前つかうのかなー、とか思ったりなんかしたりして。
アスタリスク「*」が間に入るのも仕様なようでした。

そんな「大孛輝*はな」センセのおそらく初単行本が「&er Girls アンダーガールズ」です。
タイトルも独特ですね。
あとがきの言葉はちょこっとだけ、またHPなどもないらしく「大孛輝*はな」センセの詳細がわかんないんですが、検索して出てくる本はこちらだけなので、初単行本とさせていただきました。

緋奈さんとヨネさん.jpg
※左:主婦っぽい「緋奈さん」、右:学生メイド兼忍者「ヨネさん」です。
 お二人とも非常に良いキャラです。残念ながら「ヨネさん」は本単行本でえっちなし。

タイトルに登場キャラの名前がつくのが「大孛輝*はな」センセのお約束。
中には同じ組み合わせの連続話もあったりしますが、基本としては1話完結の短編集でした。
ただ、後半7話はそれぞれ世界観が同じらしく、「市川緋奈」「天野由文」「正美さん」などお友達の3名はそれぞれ各話にてゲストとして登場しています。
こういう同一世界・キャラピックアップな形式は「くちびるためいきさくらいろ/森永みるく」とか「異空幻窓的良みらん」などでありまして、ひでるさん好みな構成なのでした。
ほら、世界観が広がるというか、オールスターというか、そんなんで。
一言で言うなら祭のような。…よくわかんないですね。

さて、↓表紙をゲットしたのはツーサイドアップの「緋奈さん」です。
この「緋奈さん」は単行本メインヒロインというに相応しいキャラでしてメインとなる「緋奈とお父さん」は2話だけの収録なんですが、別で登場する数学教師「藤木ナオト」が狙っていたりすることもあって、登場回数は最多。
後半7話を牽引しておりました。

市川家の家事を一切をこなす苦労人の「緋奈さん」
表面では年頃の娘さんと変わらぬ態度でしたが、実はお父さんのことが本気で好きなのでした。
…という、タイトルそのままお父さんとのえっち話です。
母親がいなくなった、という微妙なニュアンスの言葉があるだけで詳細不明ですが、お母さんの代わり~がそのまま恋愛感情まで発展したのかな、どうかな。
主婦役割だったのが、そのまま父親の夜の相手までしてしまう、ってのは意外とあることらしいですよ。忘れましたが何かの本で見ました。
(※ちなみに、ソレは海外の話です。日本では違うと…思う)
なぜにそこまでラブラブになったのか、まるで触れられていないのがちょっと残念なので、ぜひ続きをお願いします。

2話目で披露する寝巻きがやたら可愛らしかったです。
一部で”おやじ殺し”という通称の「緋奈さん」は伊達ではありません。
こんな娘いたらいい…って、よかないか(笑)
まぁ、現代ファンタジーですよ。
お父さんは大変ですが、倒れるほどしちゃー駄目。

千真さんと千夏ちゃん.jpg
※左:姉「千真さん」、右:妹「千夏ちゃん」です。
 しかし…「千夏ちゃん」はなんであーんな性格になってしまったのか、知りたいとこですね。

冒頭カラーは「千真と千夏と先輩」のシリーズの3連発です。
「待田千真」と先輩「三崎透」は学校でもえっちしちゃうようなラブラブの間柄。
ある日「千真さん」の家へおじゃました「先輩」はその妹でそっけない態度を見せる「千夏」ちゃんと出会うのです。
実は「千夏ちゃん」は姉妹という関係を超えた愛情を持っており、大好きな姉を守るべく、暗躍することとなるのでした。
そんな内容。

名前がソックリなのは「千夏(ちなつ)」→「千真Ⅱ(ちまつー)」というネタだけつけたのかな?
ややこしくなるので、余程の理由ない限り作品ではタブーとされることなんですが。
こちらでは、妹「千夏ちゃん」の年齢とは裏腹の狡猾さがポイント。
実際のところいくつだか知りませんが、妹という立場を超越した、際立ついいキャラとなっていました。

1話、続く2話はそれぞれがメインでして、ラストの3話目は全員出きてえっちするってのはパターンなんですが、「千夏ちゃん」も攻め手であるところが特殊。
泣く姉を見て”「可愛い!・ズキューン”っとなる、末恐ろしい妹さんです。
一方の姉「千真さん」はドジだのバカだのエロいだのって散々な形容詞でしたが、作品中では最も普通な常識人。
今後は二人に狙われ、今以上に苦労することでしょう。
ちなみに4コマ漫画では道具の持ち主であるらしいお母さんも登場してましたが、今後のシリーズには参戦!?
…しないか。

ほか、学生メイド兼忍者、コードネーム「ヨネ」こと「米原いつき」を持つお嬢様「ゆっふぃ」こと「由文ちゃん」も暴走気味の良いキャラでした。
”随分とお花畑”とか言われるズレたロリ娘ですが、ああ見えて努力家で、結構考えて行動していたりして。
好きな先生の前だけ極端なのかもしれませんね。
携帯着信音が可笑しいです。

昨日紹介しました「緋鍵龍彦」センセと違ってカラーに弱く、↓表紙からのインパクトに欠ける単行本。
裏表紙も地味で、中のカラー漫画部分も同様。
…ここは構図とか塗り方とか、色々好みもあるでしょうが、白黒絵のが味ある漫画家さんです。
気持ち太めで、はっきりとした線。
やや乱れるというか、バランスが悪いコマが見当たります。
大きい黒目と細長い顔に特徴ある方で、それがバランス悪くしている原因なのかな。
おおむね全体としては安定しており、問題ないと思われます。
初出がなかったので時期は不明ですが、新しいだろう原稿は作画の安定感が増し、雰囲気良くなっておりました。
今後の単行本にも期待です。
とりあえず、それぞれキャラがしっかりと確立しつつあるので、続きが見たいですねー。

&er Girls (TENMAコミックス)&er Girls (TENMAコミックス)
(2007/04/25)
大孛輝 はな

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ アスタリスク ツーサイドアップ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。