FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ぷらいまり (緋鍵龍彦)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: なかがきのようなあとがき、作品解説、
      中カラー(4P)は描き下ろし、御負けまんが(2P)
・その他: 初単行本、カラー(12P)、短編×11、
      表紙はキラキラした特殊仕様。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「緋鍵龍彦」センセの「ぷらいまり」です。

ちょっと読みづらいですが、「緋鍵龍彦」で「ひかぎたつひこ」で良いようです。
難しい漢字の方は多いですが、だいたい想像そのままな音ですね。
こちら「ぷらいまり」は、そんな「緋鍵龍彦」センセの初単行本なのでした。

2話の連続話、タイトル重ねたシリーズっぽいものまでがありますが、基本的には1話完結の短編集。
最近の洗練・安定した漫画から古い時代のやや目にしんどいものまで幅広い、典型的な初単行本(?)なのね。

どんな感じ?.jpg
※こちらが金髪プレイ中の「千早ちゃん」です。
 健全なサイトを目指す(もうムリですが)ため、下部分はカットしました。想像して。

冒頭カラーは「緋鍵龍彦」センセの特徴(かもしれない)というべき金髪ロリ漫画「ロングロングゴールド」
こりゃー珍しい、って思いながら見てましたが、ひでるの脳裏に「オルラちゃん」の笑顔が。
そう、そうでしたね。こんなんは「えのあきら」センセの得意分野でした。
(※雰囲気はそれぞれ個性違いますが)
そんな金髪漫画が「金にピンクで赤な感じ」って、もう一つあるんですよ。
金髪を巻きつけて~というプレイが物凄くフェチっぽく、いるかどうか知りませんが好きな方には鼻血モノな展開(笑)
うーん……おにーちゃんへんなことするねぇ……
…とか、「千早」ちゃんも言っておりましたが、その通り。
金髪の女子はくれぐれも気をつけて。

収録で唯一の連続話は作画も安定した良作。
その1話目が「エプロンの匂いとへたれる子羊」でした。
「くーちゃん」こと「久那」さんは小学校4年生。
ある日、学校の社会勉強で幼稚園の先生を調査することになると、ずっと憧れていた担任の先生と再会するのでした。
ごく簡単ですが、そんなお話。

弱気で大人しそうな「久那さん」
周囲の娘に比べてひときわ幼い雰囲気なんですが、こちら4年生だって。
微妙な年齢ですね。
さして性知識がない危険な状態で、本人も自覚あるのかないのかーというまま、えっちに流れていきました。
(※いけないことしてる、って程度の知識はある)
先生は少女漫画に出てくるような、暖かで優しくいい感じなんですが…結局いたしてしまうのです。
成年漫画だしね。

それに続く2話目「小さい服と子羊な気分」がオススメ。
こいつぁ凄いですよ、園服プレイですよ。
あえて今着てみてさ、昔とのギャップを見てみたいというかなんというか……
とかなんとか言い訳をするユカイな先生。
先の落ち着いた大人っぽさは砕け散り、たんなるエロ教師となってしまいました。
いいじゃないですか(笑)
ちなみに、付き合ってから先生に色々されてしまったらしく、すっかりはっちゃけた「久那さん」が素敵です。
日々成長ですね。

久那さんとかがりちゃん.jpg
※左:「久那さん」、右:「かがりちゃんとお友達」です。
 最新・最古の比較画像を用意させていただきました。

ほか、極端に絵柄が変化する「じかんシリーズ」は典型的なロリ漫画。
平仮名が多くて非常に読みづらいです。
…まぁ、大した話ではないんですけどね。
掲載が「園ジぇる」って、その手の雑誌だったらしく、ここまでいくとひでるさん的にはしんどいです。

先ほどから、ちらちら言っていた絵柄についてですが、最新は2007年3月。
もっとも古いものでは2004年3月と3年のひらき。
比率では、2004から2005年あたりの比較的古めな漫画が6割とやや多めな構成でした。
この頃は幅広でふっくら、線も強くやや濃い目。
好き嫌いが大きく分かれると思います。
ひでるさんは残念ながら駄目でした。
最近の絵柄になると全体的に洗練され、実に今風な雰囲気。
トーン処理が強く、やや灰色っぽくなっております。
ページ全体にごっちゃり描かれる方なので、線が綺麗になったのは嬉しい変化です。
全後半で極端に違って不安定であるのが、手を出すべきかどうか考えどころでしょう。
いいものはいい、ということで、園服プレイが好きな方ならそれ1話だけでも進むべきかな。
そうでないなら見送るのも一つの手。

↓表紙・折り返し・中扉・描き下ろし漫画は一連の流れになっているんですが、これはなかなかいいアイデアでした。
とりあえず作画が安定するであろう、次の単行本に期待します。

ぷらいまり (TENMAコミックス LO)ぷらいまり (TENMAコミックス LO)
(2007/04/25)
緋鍵 龍彦

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 少女漫画

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。