FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■かみちゅ! (鳴子ハナハル)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : 神様・あたたか
・おまけ: カバー裏は表紙の鉛筆絵(1、2)、
      おまけラフ画(1)、大幅加筆修正(2) 
・その他: 全2巻、原作「ベサメムーチョ」、
      表紙はちょっといい紙質。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鳴子ハナハル」センセの「かみちゅ!」です。

このブログでは成年漫画とか一般でもそれに近いえっち系を紹介することがやたら多いんですが…。
たまにはちょっとイイ話を、ということで、今回は「鳴子(なるこ)ハナハル」センセの「かみちゅ!」にしてみました。
しっかりとした骨組みある漫画ですから、特にひでるさんと同年代かそれ以上くらいの”会社勤めされている方”にはぴったりだと思います。
読み手によっては泣ける話もあったりしてオススメですよ。

1巻はじめの絵.jpg
※比較画像①:1巻はじめの絵です。

こちらアニメでもやっていたそうなんですが、ひでる未見。
いつやってたんでしょう。
なお、アニメ版は文化庁メディア芸術祭にて優秀賞をとったようです。
それがどれだけ権威あるものかは知りませんが、おそらく凄いことなのでしょう。
さて、漫画版の「かみちゅ!」は2巻帯文句にて「オリジナルエピソード満載!!」とあるところから、原作なぞらえるだけでなく、オリジナルを交えたタイプなようでした。
それが成功だったのかどうかはよくわかんないですけれど、知らぬ身では楽しめました。

「神様になっちゃった」
そんな訳で、平凡な中学生「一橋ゆりえ」は昨日から神様になったのでした。
…これ、冗談でもなんでもなく、とっかかりはそんなん。

とりあえず本人が自覚できるような何かがあり、中学生の「ゆりえちゃん」は神様になった様子なの。
(※ちなみに、タイトルにもなっている「かみちゅ」は中学生の神様だから)
そのあたりが気になるんですが…経緯や詳細は語られておりません。
読み進めるうち、そんなんはどうでもよくなるのです。
そんなお話なんですね。

ゆりえちゃん.jpg
※かみちゅ、こと新米神様「一橋ゆりえ」さん。
 左は入浴シーン。まぁ、まだ中学生とのことですから…これからどうにかなる、かな?

なんというか、簡単に書くと名作モノっぽいつくり。
ちゃんと神通力をもち、あちこちでその能力や奇跡を起こしているんですが、それを利用しようして利を得よう(※友達の「祀さん」が多少ソレっぽいですが…)とか、確保してどうにかしようという者はおりません。
また、周囲だけでなく、それと自覚した本人も、対応に違いはあるもののいたって普通。
貧乏神を押さえ込むほどですから、かなり強い力がありそうなんですけどねぇ。
気弱で大人しい「ゆりえちゃん」の性格もあって神々しさは必要以上に薄く、確かに隣にいても御利益なさそうですが。

周囲に起こる事件は大小様々なんですが、どちらにしても優しく暖かな解決となっています。
悪魔と対決とか、天罰下すとか、そんなんはありません。
神様になった経緯とかをぼやかしているのもそうなんですが、ほんわかした中途半端(←毎度ながらいい意味ですよ)な…そうですね、古い言葉ですがファジーな感覚ですよ。
物事に白黒つけるのも時に大切ですが、「曖昧」の大事さを教えられているような気がしました。
それを訴えたかったのかどうか、わかんないですけれど(笑)

誰にも似たような経験があるだろう、「ゆりえちゃん」が迷子(笑)になるお話、8話「ひとりじゃいられない」(1巻収録)とか、慣れない土地で厚遇されているのに疎外感あるという前後編「トモダチの関係」(2巻収録)が秀逸。
物事が思い通りに運ばないことに加え、やたらに特別扱いされてしまい、路地裏で一人涙する「ゆりえちゃん」
そんな様に感情移入できるひでるさんは立派なおっちゃんですね。
典型的ないじめてキャラです。

2巻後半の絵.jpg
※比較画像②:2巻ラストの絵です。

ペンにて背景や細かい部分までしっかり描かれる「鳴子ハナハル」センセ。
素朴で懐かしい感じの作画ですね。これは…もしかして故意にそうしてるのかな。
こちらでも紹介している妖怪漫画「もっけ/熊倉隆敏」と同系統でしょう。
ゆるりとした曲線で広い輪郭が特徴。
全体的には安定しているんですが、特に後半(2巻)ではそれが増しておりました。
そんな、「かみちゅ!」とぴったりなセンセなんですが、HPによると成年漫画も描いていたんですねー。
ちょっと意外でしょ。
今度は是非そちらも見てみたいです。
今後は難しいのかな、どうかな?

そんなこんなで、全2巻という短い中でしたが、一連のエピソードにて各キャラは深く丁寧に描きこまれておりました。
ラストも1巻からの流れに合った、非常に良い終わり方です。
仕事に疲れた頃に見ると癒されるでしょう。

かみちゅ! 2 (2) かみちゅ! 2 (2)
鳴子 ハナハル、ベサメムーチョ 他 (2007/03/27)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


かみちゅ!(1) かみちゅ!(1)
鳴子 ハナハル、ベサメムーチョ 他 (2006/01/27)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : メディア芸術祭 文化庁 貧乏神

comment

Secret

いいですよねー

「鳴子ハナハル」センセの絵がぴったりだと思います。
成年はともかく、こんなんもいいですよねー。

「耳を澄ませれば」や「横浜買い出し紀行」以来、こんなに感動したのは久しぶりだな、かみちゅ!
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。