FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あらいめんとゆーゆー (松本ドリル研究所)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ギャグ
・おまけ: 描き下ろし「トロピカル?編」、
      カバー裏にあとがき・水木しげるちっく漫画。
・その他: カラー(12P)、短編×8(全て表題作)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「松本ドリル研究所」センセの「あらいめんとゆーゆー」です。

いつだか忘れましたが、過去に書店で見かけたことありますよ、「松本ドリル研究所」センセ。
そりゃーおもろい名前だと思ったもんです。しみじみ。
しかし…なぜ研究所?

普通に描けば(…なんだ、フツウって)、落ち着いた穏やかーな漫画とかもいけそうな「松本ドリル研究所」センセ。
ですが、あとがきを見る感じでは、単純にこんなんが好きなのかもしれません。
こちら「あらいめんとゆーゆー」はギャグとえっち、そしてちょっとしたバイオレンスが折り重なった、とかく派手な作品に仕上がっております。

櫻子さん.jpg
※こちらが”トイレの花子さんの櫻子さん”です。
 下の絵は…まるでアルクェイドですね。

主人公「高橋」さんは死んでしまいましたが、成仏できずに告白できなかった彼のいる学校をさまよっておりました。
そんなある日、男子トイレで”トイレの花子さんの櫻子さん”に出会ってからというもの、奇妙奇天烈な幽霊ライフが始まるのです。
まぁ、だいたいそんなお話。

基本的にはなんでもアリな感じで、はっきり言って連続モノながらさしたる話でありません。
テンションの高いギャグが基本線なんですが、ややブラック気味なので好き嫌い分かれると思います。
ただ、バリエーションとしては露出だったり、多人数だったり、触手だったりと、いかにもえっち漫画なつくりでした。
そっち方面では、おおむね問題ないでしょう。

単行本では、第三話・教師「丸山裕子」さん登場回が傑出して良かったです。
もともと霊感が強い「裕子先生」は、一般では見えない、死んだ生徒が見えるのでした。
そんな訳で、幽霊「高橋さん」が校内でえっちしまくる姿がモロに見えてしまうのです。
(※ついでに、普通の人はすり抜けるのに、お互い触ることもできるのよ。なお、裕子先生、服はすり抜けれるのに、身体はすり抜けません)
こちらは幽霊という設定をなかなか巧く活用した回でして、授業中にそりゃー好き放題されています。
特に職員室での椅子に座る場面からの流れは「なるほど!」と思わず膝を叩いてしまうようなアイデアでした。
ここで細かく紹介すると…読んだときに面白さが半減してしまうのでこのくらいにしておきますが、オススメな1話です。

実は↓表紙をゲットしているのが、”トイレの花子さんの櫻子さん”なんですが、あーんな容姿の割りにやたら過激でやりたい放題。
この人(※人でないですね)の存在が、話を面白くしている反面、ややブッ飛び過ぎで読み手を選んでしまうだろう要因となっております。
ちょっと注意。
微妙に頭身も大きくなったり、小さくなったりしているような…まぁいいか。
ちなみに、ひでるさんは第5話で明らかになる、本当の姿がいいと思いました。てへ。
この回の「櫻子さん」は受け身で、ちょっとおとなしめですし(笑)

高橋さんと裕子先生.jpg
※おまけ:高橋さんと裕子先生です。
 この回、この後からがひでるオススメなんですよ。
 
えっちシーンは描写が細かく・濃く、やったら大仰。
ほら、泣き叫ぶような感じですよ。目もイッちゃってます。
こんなんが苦手な人はちょっと引くかもしれません。
そんなハードさとは裏腹な、しなやかな細線の可愛らしい絵柄です。
曲線がたわわとしており、↓表紙もそうですがお尻がステキです。えっちです。
仰向け・うつ伏せの違いはあるものの、お尻からのアングルが多いですね。
おそらく得意であり、センセも好きなんでしょう。
濃淡は濃いめで、ページ全体ごっちゃり描く方です。
疲れるタイプの漫画かな。

以上、話としては一冊まるまるの中編でページも豊富なんですが、薄くてやや肌寒い内容。
途中打ち切りだそうですから、仕方ない点もあるんでしょうけれど…続いていてもさして変わらないかなー、と。
最後の6ページとか、本当に余計だと思うんですよ。
まぁ、えっちまんがですから、広い心で読んで下さい。

あらいめんとゆーゆー あらいめんとゆーゆー
松本ドリル研究所 (2007/01/19)
コアマガジン
この商品の詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 水木しげる バイオレンス アルクェイド

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。