FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■えめすめす emeth×meth (藤森ゆゆ缶)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般] ラブコメ・バトル
・おまけ: あとがき漫画。
・その他: カラー(4P)、6話収録、
      現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「藤森ゆゆ缶(ふじもり・ゆゆかん)」センセの「えめすめす emeth×meth 1巻」です。

こんな出会いでした
※こんな出会いでした
 出会った女の子が全裸というのも定番かも。


■えめすめす emeth×meth (藤森ゆゆ缶)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

「えめすめす emeth×meth」は巻数表記が示すそのまま、長編漫画。
2巻以降まで続くようですが、次で完結の雰囲気ではありません。
紹介帯の表面にあるように、ぱっと見はラブコメ
↓表紙とか、タイトルとか。
しかし、コレ実はバトルシーンがある、ファンタジーアクションちっくな仕上がりになっていました。

この漫画で最大の特徴
1巻の段階では、”まったく事態・状況の説明がされていない”こと。
ヒロインと主人公が出会うまでは、だいたい定番通り。
それから、何かと周囲で起こる事件・事故がため、バタバタと忙しく流されていくのですが。
そうした間に、似たようなネタで見られる説明役が登場していません
本編にて主人公にもそうした台詞があります。
ただ、なんだかよく分かんないまま、すっかーっと1巻は終わってました。
先ほど”次で完結の雰囲気ではありません”と書いた理由が、そちらなのです。

いかにも都合の良い、懇切丁寧な解説がなかったのは、ある意味リアル。
ちょっと面白いアプローチだと思いました
とは言っても、そのままお話は進んでいくので。
仕上がりはぼんやりとした、不確かなものです。
ヒロインの雰囲気からして、当然そこらの女の子でないと分かるんですが。
まるまる読んだ印象としては、ゴーレムほかバトル部分が余計かなぁ。
彼女が可愛らしいので、なおさらそんな感じでした。

軽めな描き込みで、濃淡も薄め。
白めですね。
線は丁寧で安定していたものの、こざっぱりとしていました。
アクションシーンもそんな感じで、迫力は軽め。
固定絵のがお上手ですね。
どっちかというと、コメディーのが合ってると思います。
人物絵は可愛らしく、やはりさっぱりとしたまとまり。
透明な感じよ。
細かく見ると、気になるコマも散見されましたが。
そう引っ掛かるほどの部分はありません。
判断については、↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

★収録話 6話収録

003:Chapter1 「Over The Boobs」 
主人公”トト”こと「戸田透」は大学生。
巨乳好きながらいまだ童貞で、ガッついているためかナンパも成功せず。
夏休みに海へ来たものの、カップルらを横目に悶々としておりました。
そんな彼が、洞窟でふと見つけたのが、言葉も不確かな全裸の少女。
直後に怪物が襲ってきたため、彼女と共に家まで逃げ帰ったんですが。
その怪物は、実は彼女に従っていたのでした。
それからというもの、「透」の周囲が何かと騒がしくなるのです。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

くうちゃん
※くうちゃん
 この漫画は彼女の可愛らしさだと思います。

ヒロインと突然の出会いを果たし、事件に巻き込まれていくという定番な設定。
ありがちで読み易い半面、コレという特徴は薄め
また、前述しているように説明ちっくなものはなく。
どんな感じの漫画になっていくのか、まったく分かんないです。
無難であるものの、インパクトもなく。
面白く読ませていただきましたが、次が気になるほど引っぱられる感覚がありません

お話は、ヒロインとのラブコメっぽいものと、たまのバトルというところ。
幼馴染みやスタイル良いお姉さんも登場し、実に華やか。
また、サービスカットが多かったのは、良い意味での予想外
いきなり1話からバストトップの露出あったりしました。

そちらが良いだけ、バトル描写の緊張感は弱く。
どっちつかずな印象です。
まだ雑魚しか登場していないこともあるんでしょうけど、
”正体不明な敵に襲われている”
そうした不安感は非常に薄く
住居をなくした、収入のアテがない、などの実生活面での心配のが強いですね。
まぁ、そっちも重要だからなぁ。

この1話は出会いから家に連れて帰るまで。
従順でぼーっとしてるようなヒロイン「くう」ちゃんが可愛いですね。
「透くん」をマスターとか呼んでおり、なんとなく別の人気漫画を思い出してしまいました。

033:Chapter2 「Don’t Come On-a My House」
ゴーレムが破壊した部屋は当然そのままで。
また、バイト先でも暴れたことでの損害があり、バイトはクビに。
その後には部屋の惨状を見た大家に追い出され。
さすがに彼も荒れてましたねー。
初めて敵が登場するほか、バイト先では幼馴染み「沢渡明里」が顔見せてます。
巨乳好きな彼の周囲が見事な貧乳揃いというのが可笑しいですよ。

057:Chapter3 「When You Wish Upon a Hamster」
前話から続くバトルから、「くう」・「明里」のお風呂シーンまでというこちら。
バトルは…”いっぱい”と言うのであれば、もっと数多くて良かったのでは。
またゴーレムが強いので、緊張感がありません。
そんな訳で、注目なのは2人のお風呂
6ページも割かれていて、じっくり楽しめます。
「明里さん」も可愛らしいわね。

083:Chapter4 「Come Out,Come Out…」
やはりゴーレムが暴れたことで、「明里さん」ともども部屋を追い出されてしまうんですが。
ちらと顔を見せていた、ライダースーツの色気ある女性「北川真琴」に導かれる流れ。
あんな状況であれば、実家へ帰るか、他人の親切に乗っかるか、しかないかなぁ。
先のお姉さんが別人のような姿で登場しているんですが、胸で見分ける「透くん」が凄い。
普通であれば、ここで「くうちゃん」の正体とか、背景の解説がありそうなんですが。
…ないんですね。
ただ、「透くん」の意外な賢さが見れましたよ。

幼馴染み「沢渡明里」、北川真琴
※左:幼馴染み「沢渡明里」、右:北川真琴
 「明里ちゃん」も可愛かったですよ。ガンバレ。

109:Chapter5 「In the Heat of the Night」
135:Chapter6 「A Room with a View」
何かと問題の中心であったゴーレムが破壊されるこちら。
6話までで、そのだいたいは判明してましたが。
いまだよく分からんままです。
そんなんより、寝間着で無防備な「くうちゃん」がキュートでした。
続く6話もやっぱり彼女の魅力満載。
収録での最終話なので、シリアス展開でも良いかと思っていたんですが。
こちらもコメディーにまとめられていました。
うーん。

★その他

そんなこんなで「藤森ゆゆ缶」センセでした。
ひでるさんは今回が初見。
これまでに原作つきの漫画が3冊ほど出ており、こちらは4冊目。
初のオリジナル作品になっています。
見たところ、イラストのお仕事などもされているようですね。

こちらは↓表紙に引っ張られて手に取りました。
前述したようにヒロインは可愛く、ここは期待通り
ヌードもありましたからねー。
ただ、バトルは彼女とのラブい流れを阻害しているようにしか見えず。
ちょっと期待と違ったかなぁ。

えめすめす 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)えめすめす 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2012/06/23)
藤森ゆゆ缶

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ファンタジー アクション バストトップ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。