FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シスター←→シスター (椿十四郎)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] 近親・複数
・おまけ: あとがき、
      カラー描き下ろし「シスター←→シスター プロローグ」
・その他: カラー(4P)、短編×7
      (うち「シスター←→シスター」×3、「ファミリープラン」×4)
       
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椿十四郎(つばき・じゅうしろう)」センセの「シスター←→シスター」です。

芹沢依吹、芹沢世梨奈
※左:芹沢依吹、右:芹沢世梨奈
 右上コマの眼鏡が「依吹さん」。お気に入りをネジ込んでみました。


■シスター←→シスター (椿十四郎)


★構成・絵柄 近親系 成年

「シスター←→シスター」は中編2話での構成。
成年ではちょっと珍しい構成ですね。
前半の収録が表題作でした。
こちらは、ちょっとミステリアスなお話になってます。
後半は成年系らしい、ハーレムちっくなもの。
どちらもストーリーな漫画でしたが、前半のがよりそれっぽいですね。
後半は派手でえっち重視なため、バランスの取れた構成かもしれません。

ジャンルはタイトルそのままの近親ネタ
いちおうタブーだという色はあるものの、背徳感は全体的に薄めです。
詳しくは後述します。

こってりとした作画。
やや太めな線は強く、枠線から濃淡までも同様でした。
全体の色づきもしっかりしています。
描き込みはそう詳細でないものの、ぽてっとした濃さがありますね。
漫画らしい可愛らしさのあるキャラ絵。
縦横に幅広な輪郭ですが、目・鼻などのパーツはそう大きくはなく。
デフォルメ過ぎないくらいのバランスになっていました。
表情から動き、漫画表現などには特に引っ掛かる部分ありません。
ただ、背景・小物はこざっぱりとしていて、悪くはないもののあまり良さはなく
小さいコマ、引き絵なども今一歩という印象です。
多少の癖はあるので、御判断下さい。
サンプルにはカット絵が背景になっている裏表紙か、「G-WALK」さんのサイトが良いでしょう。

★収録話 7話収録

001:「シスター←→シスター」 全4話 カラー描き下ろしあり
そんな訳で、こちらがメインの表題作。
弟「芹沢透」は口うるさくお節介な姉「芹沢依吹(せりざわ・いぶき)」と、騒がしい毎日を過ごしておりました。
ある日の脱衣所にて、その「依吹」と鉢合わせた「透」は勢いそのまま置物で殴られ、気を失ってしまうんですが。
次に気付いた彼の目前で姉と名乗っていたのは、まったくの別人「芹沢世梨奈(せりざわ・せりな)」だったのです。
そんな姉以外に変化はなく。
一時的な記憶障害と診断され、退院した「透」は部屋にて「世梨奈」から迫られてしまうのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

実姉と平凡な日常を過ごしていた主人公が、姉を名乗る別人と関係してしまい…、というもの。
突然に不確かな状況に置かれ、流れるまま近親えっちに陥るという、ドキドキな展開です。

実姉「依吹さん」とは、当然ながら関係どころか感情すらありません。
(※お姉ちゃん的にはやや異なっていましたが)
ただ、そうした前置きがあるため。
見覚えはないものの、”実姉”を名乗っている「世梨奈さん」との美味しいシチュエーションにはめいっぱいに躊躇しているのです。
ココが通常な姉弟モノから捻りがあって、良いんですね

”気付いたら姉が見知らぬ女性で、彼女からノリノリでえっちを迫られる”
そうした設定は、目からウロコがボトボト落ちそうなくらい良かったんです。
不可思議な感覚で。

これから「透くん」はどうなってしまうんだろう。
そう、物凄い引き込まれたんですよ。
ただ…期待された中盤からがイマイチ

特に決着部分は、ぱっと理解できるものではなく
引き込まれ方が大きかっただけ、失望も半端なものではありませんでした。
納得しがたいなぁ。
もうちょっと何らか欲しいですよ。
まだ続くのだろうとページをめくっていたので、違う漫画(次の「ファミリープラン」ね)が始まっていても、その中盤あたりまで気付きませんでした(本当)

センセ的には必要だったのでしょうけれど。
クラスメイト「神牙知いちご(かがち・いちご)」は不要だったと思います
無駄に話が逸れてしまったように感じられました。
ちなみに、某書店では設定資料の小冊子がついてくるんですが。
ぶっちゃけ、そちらのコメントでなんとなく理解しました。

描き下ろしの冒頭カラーお風呂場での実姉「依吹さん」と「透くん」
サービスえっちかな。
こうして見ると、メインは「依吹さん」なんですね。
1話目はお風呂場にて「依吹さん」の独りえっち。
「透くん」の感覚共有みたいな描写は、そうした資質があるよーということ??
その際の、「胸ぺったんこ」と言ってる女の子が可愛かったです。
2話目は見知らぬ姉「世梨奈さん」
近親えっちを楽しんでいるような方で、「透くん」を追い詰めています。
この設定にはピッタリな性癖でした。
あの、”もしかしたら”を予感させるオチもいい感じ。

3話目は「神牙知さん」
ここですね。
せっかく「世梨奈さん」でどぎまぎしていたのが、ポカっと穴あいてしまうみたい。
人物は同じものの、知っている彼女よりも近しい関係であるのが異なるところ。
保健室えっちです。
最終4話目はとりあえず伏せておきますが。
「依吹さん」はいいとして、「世梨奈さん」についてはよく分かんなかったです。
雰囲気異なるのはまたいいんですが。

姉「葵」・妹「こずえ」・母
※姉「葵」・妹「こずえ」・母
 こうしていると、普通の家族なんですが。

099:「ファミリープラン」 全3話
先の話と違い、次々えっちの輪が広がるようなお話になってます。
男性は主人公「浩司」くん1人だけで、ハーレムちっくな色がありました。
ヒロインはなんらか血縁ぱかりなんですけどね。

1話目は妹「こずえ」と、眼鏡のお母さま。
前半からえっちでリードするのは「こずえちゃん」
既に関係していたため、流れはごくスムーズです。
ここの注目は、鉢合わせした姉「葵」さん。
目前の事態を理解できず、実に良い反応を見せてくれました
成年漫画なので、近親えっちは普通に行われる必要があるんですが。
彼女がため、それが”タブーである”ということが、強調されています

衝撃な1話に続く2話目は、ついに姉「葵さん」
じわじわ感化されつつあるものの、理性はちゃんとしており。
ああした流れは、読者の期待するところだと思います。
わざわざPCに動画を仕込むまわりくどさがイイですね(笑)
個人的には、もう少し彼女を追い込んでみてほしかったですが。
3話目はおまけみたいなものかな。
こちらでは叔母「なつえ」、その娘(従妹)「紗季」が登場。
最終話でもあるため、ごくあっさりえっち展開になってます。
「紗季ちゃん」と「なつえさん」のやり取りが可笑しいですよ。

衝撃の「葵さん」
※衝撃の「葵さん」
 この漫画はココだと思います。お前もか―!!

後半は迫力ある複数えっちでした。
はっちゃけてましたよー。
なぜ家族こんなんなのか、特に説明とかなく。
さっぱり感染拡大していくような近親えっちを楽しむべき漫画だと思います。

★その他

以上、「椿十四郎」センセでした。
ブログでは過去に2冊目「姉妹みっくす」、「近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?」という2冊を紹介してます。
またまた近親系でしたねー。

前述したように、オチはやや残念なところがあったものの。
なかなか見られない設定が良く、刺さりました。
1冊まるまるでもイケるネタではないかなぁ。
再チャレンジして欲しいですね。

シスター⇔シスター (ムーグコミックス)シスター⇔シスター (ムーグコミックス)
(2012/06/28)
椿 十四郎

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ミステリアス

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。