FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■はんまめいど! (宮原歩)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメ・水着
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。
・その他: 9話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮原歩(みやはら・あゆむ)」センセの「はんまめいど!」です。

インストラクター「穂波」
※インストラクター「穂波」
 この娘がお気に入りです。白水着がいいですね。


■はんまめいど! (宮原歩)


★構成・絵柄 水着系 一般ラブコメ

「はんまめいど!」は1冊まるまるの長編。
毎回の直接えっちシーンが売りの、一般系単行本です。
お話はそこそこの繋がりあるストーリー調。
ちょこっとした秘密もあり、このあたりの運びはさすがにお上手
個性的なヒロインと共に楽しめることと思います。

↓表紙そのまま、漫画の舞台は基本的にフィットネスクラブのプール。
水着な女性らとイチャイチャ…という感じ。
センセのコメントにもありましたが、季節的にはピッタリな1冊だと思います。
また、登場ヒロインらが実に特徴的。
キッチリと役割が定まっているようでした。
特に水着がお好きな方は楽しめるでしょう。
個人的には、脱がすタイミングはもっと遅くてもいいかな、って思いましたが(笑)

全体は色づき良く、濃淡も強めな作画。
描き込みもしっかりしていて、コテコテとした雰囲気がありました。
賑やかではあったものの、目立つような乱れはなく、見易いです。
丸めで幅広な輪郭と、横に長い切れ長な目が特徴。
漫画ちっくな可愛らしいバランスだと思いますが、ふとした表情が色っぽいのです。
スタイルもデフォルメが強過ぎず、健康的なむちむち感でした。
漫画では特に引っ掛かる部分なく、コレという問題はないでしょう。
ただし、個人的にですが…。
背景も強く、メリハリにはやや欠けてるかなぁ。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙で大丈夫。
紹介帯のカット絵はネタとして面白いものの、判断には不向きです。

★収録話 12話収録

小さい頃の溺れた経験から、水嫌いな主人公「岡田敬一」
バイトの先輩「河北沙枝里」の誘いでフィットネスクラブを訪ねた彼は、そこでうっかりプールに落ちてしまうんですが。
インストラクターの「水嶋雫」に助けられたのでした。
気付いてから見た彼女の顔に、何らかの衝撃を受ける「敬一」
また、その「雫」も何やら様子がおかしく。
気になった彼は、スクールに通うこととしたのでした。

あなたがもし泳げるようになったら…私のすべてをあなたに捧げます

沙枝里さん、人妻「泉」
※左:沙枝里さん、右:人妻「泉」
 サブキャラが多すぎないのもいいところ。

そんな訳で、スイミングスクールでのラブコメ漫画。
明確にメインのヒロインが決められており。
寄り道しつつも、彼女と懇意になることが最終目標です。
またそちらと同時進行で、「敬一くん」の水嫌い・失った記憶、さらには「雫さん」の抱える秘密というのが味付けになってました。

正直なところ、お話はそう際立つものではないんですが。
えっちありのストーリー漫画としてバランス良く、優れた仕上がり
いやぁ、やはりお上手な方は違う

003:第1話 「沈む男」
回想シーンからのこちら。
バイトの先輩「沙枝里さん」とのえっちでした。
幼関西弁なぐいぐい来るタイプです。
ビキニですね。
スタイルはよく、それもまた悪くはないんですが。
この漫画では、やっぱり競泳水着で見たかったですね。
ひでるさんはバイクでの”むぎゅっ”ってなるコマが好き。

033:第2話 「お湯の泡」
こちらはもう1人のインストラクター「穂波」さん。
ショートカットの童顔ロリちっくタイプです。
どーでもいいですが、このフィットネスクラブは”個人指導の生徒”なんてのがあるんですね。
そりゃ、スクール通うわー。
こちらでも「穂波さん」がかなりべったりな指導をしており。
あまりにひっついてくるため、思わずえっちに流れる展開。
いいなぁ。

しかし、そんな場面を目撃した「雫さん」があー言うのは、ちょっと違和感が。
もっと別の場面での台詞のが良かったのでは。

053:第3話 「汗と体温」
指導が始まり、故あって子供らに追いかけられるこちら。
えっち担当は一般の人妻「泉」さんでした。
色っぽい方が出てきましたよ。
水着もセクシー系なんですが、”結婚してから4キロ太った”というのが抜群。
それでいいんです(笑)

075:第4話 「いい流れ」
095:第5話 「涙の夜」
先ほど、「沙枝里さん」がビキニで残念、と書きましたが。
こちらでは競泳水着でした。
やっぱりコレよね。
もともとはカラー原稿であったらしく、白黒の収録が残念。

後半では、インストラクター「雫さん」とプライベートで会う展開。
「敬一くん」はすかさず飲みに誘ってました。
ああした積極性がいいんだろうなぁ。
巧い事、彼女の部屋までお持ち帰って、じゃなくて連れ入っております。
ここではちょっぴり彼女の秘密が前フリされますが、えっちはお預け。

113:第6話 「揺らぐ決意」
ちょっとシリアス展開になっていましたが。
こちらは再びろりちっくなインストラクター「穂波さん」
浮き輪が抜けない、なんて彼女らしい可笑しな展開でのえっちでした。
どさくさ紛れですね。
この娘いいなぁ。

129:第7話 「再浮上」
149:第8話 「消えない想い」
ここが最終エピソード。
全話オチからの流れで、ついに「敬一くん」の過去が明かされてます。
彼は昔から男前なんですね。
その後のアレは、気の毒でしたが。

なお、7話は「沙枝里さん」との3回目、8話は当然ながら「雫さん」でした。
先にもちょっろと出演してましたが、「唯海」ちゃんが良いキャラ。
成年系だったら、アリかな。(←何がとか聞かないように)

インストラクター「水嶋雫」
※インストラクター「水嶋雫」
 ぜひ、初えっちに注目下さい。

171:最終話 「人魚の海」
ここは皆で海に行くという、こうした漫画での必須なネタ。
どーでもいいんですが。
いちおう、両想いになった彼女がすぐ背中にいるシチュエーションで。
他の女性(しかも関係アリ)の胸揉むというのは、なかなか彼は大したもの。
絶対に浮気するぞ、コイツ。
そうした中、メインヒロインの「雫さん」がどんな行動取るのか、ぜひご期待下さい。

★その他

以上、「宮原歩」センセでした。
こちらで3冊目の単行本。
当ブログでは初単行本「霜枝さんちの明るい食卓」、「望月さんの恋文」と紹介しております。

どうせならば、こちらも「雫さんの○○」みたいにできたら良かったですねー。
ちょっと作品のイメージとは違いますが。
なお、購入時はタイトルの意味がよくわかんなかったんですけど。
紹介文の”ハンマーとマーメイド~”で気付きました。
なるほどねー!

はんまめいど! (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)はんまめいど! (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2012/06/16)
宮原 歩

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 競泳水着

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。