FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■お嬢様は逃げ出した (ぽんこつわーくす)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■□□□
・属性 : [一般] ラブコメ・お嬢様
・おまけ: カバー裏にあとがき漫画「岡山より愛をこめて」・漫画、
      合間に4コマ。
・その他: カラー(4P)、9話収録、現在1巻まで発売中

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぽんこつわーくす」センセの「お嬢様は逃げ出した 1巻」です。

お嬢様「西園家静香」
※お嬢様「西園家静香」
 もっとお嬢様ちっくな感じでも良かったかなぁ。 


■お嬢様は逃げ出した 1巻 (ぽんこつわーくす)


★構成・絵柄 お嬢様系 一般ラブコメ

「お嬢様は逃げ出した 1巻」は、巻数表記そのままの長編。
連続巻は、こちらが初ですね。
キチンと繋がりのある、ストーリーものになっていました。
いちおう直接えっちなシーンも何度かありますが、そう頻繁ではなく。
サービスシーン多めという仕上がりです

簡単に、お話はタイトルそのまま。
お嬢様をヒロインとしたラブコメです。
良く言えば、王道で読み易い漫画となるんですが。
こうしたネタは成年漫画の短編などでもよく見られ、やや食傷気味
特にコレという独特な目立つ部分もなく。
全然悪くはないものの、とりたてて良さは感じません
そう、ちょうどこないだの「境爛のクインナータ/あきづき弥」と似た印象でした。
もしかしたら、2巻から劇的な展開になるかもしれませんけど、それっぽい仕掛けもなかったです。

丁寧な柔らか線の絵柄。
どっちかと言うと強めでしたけど、メリハリですかね。
描き込みは、必要最低限というところ。
結構白比率もありますが、不足感はありません
濃淡でもそう濃くないです。
縦横に広い輪郭で、黒目と恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴。
素朴な印象の可愛らしさです。
背景も良かったですね。
漫画もお上手な方で、引っ掛かるような所はありません。
あちこちのバランスに優れていました。
判断については、そう変化ないので↓表紙とか紹介帯でOK。
あるいは、「竹書房」さんの青年コミック誌サイト「どきどきNavi」にてチラ見せがあるので、活用下さい。
…本気でチラ、程度でしたが。

★収録話 9話収録

001:第1話 「謀略と逃亡」 カラー原稿あり
父親主催のパーティーに出席した、そのお嬢様「西園家静香」
そこで、仕事の付き合いがあるという、社長「神無月光一」を紹介されました。
若くしてトップになったという彼との縁談を持ちかけられた彼女は、使用人「透」を連れて家出を決意したのです。
しかしこれまでと違い、今回はワンルームを借りて潜伏するという、本格的なものでした。
「透」と同棲を続けるうち、ついに「静香」は想いを打ち明けてしまうのです。
だいたいそんなん。

カラー原稿部分は「静香さん」の入浴シーン。
いきなり全裸で登場でした。
お話は切っ掛けとなるパーティーから、彼女が家出を決意するまで。
「神無月」の暗躍も描かれていました。
この漫画は…どっちかというと、「静香さん」よりも秘書「加奈子」さんのがカチっときますわね。

可愛い「静香さん」
※可愛い「静香さん」
 結構あっさりとデレておりました。

025:第2話 「カーテンの向こう側」
そんな訳で、使用人「透くん」との同居が始まるんですが。
”庶民に紛れる”ことが目標であるため、普通のワンルーム。
タイトルのそれは、寝る際に部屋をカーテンで仕切ったため。
夜にトイレで起きた「透くん」が、うっかり布団を間違えるというもの。
メインとしてはそちらなんですが…中盤のユニットバスなネタが好き
ただ、どちらももう少しじわじわ感がほしかったですが。

047:第3話 「冷たい微笑」
こちらは秘書「加奈子さん」が活躍。
眼鏡でスーツの似合うお姉さまですよ。
冒頭は本来カラーだったようですが、収録では白黒でした。
むむ、残念。

069:第4話 「味方」
使用人「透くん」のキャラが前面となっているこちら。
なかなか格好良いですね、彼。
主従関係にある2人ですが、ただ従順に従うだけでないのは…良し悪しかも。
それがためか、「静香さん」もそうワガママな感じには見えません。
ツンデレてもなく、いまいちパンチが弱いと思いました

091:第5話 「箱庭」
111:第6話 「小さな夢」
「静香」・「透」という2人の過去描写から始まるこちら。
ついに初えっち展開です。
「静香さん」は…あの頃のが面白いですね。
続く6話は、冒頭からえっち展開。
ラブラブしていました。
ここはオチが良いですよ。

135:第7話 「アプローチ」
久しぶりに「光一」が登場。
その流れで秘書「加奈子さん」も登場し、ゴルフ場でのパンチラとかえっちシーンで活躍しています。
特にこちらは黒パンストがたっぷり堪能できる描写で、収録では最も刺さりました。

秘書「加奈子さん」
※秘書「加奈子さん」
 お気に入りはこの方でした。次巻でも目立ちそうですね。 

155:第8話 「壁の向こう側」
175:第9話 「みつどもえ」
8話が先のカーテンではなく、壁となっているのは。
「光一」のため、「加奈子さん」が隣の部屋に引っ越したことによるもの。
「静香さん」らの声に聞き耳をたて、自らもシテおりました。
…どーでもいいですが、だいぶアナログな方法で可笑しいです。
「加奈子さん」がアプローチを開始する9話。
巻末のエピソードだけあって、お話に動きがありそうな雰囲気になってました。
いいバストでしたよ。

★その他

そんなこんなで「ぽんこつわーくす」センセでした。
こちらで4冊目ですかね。
ブログては初単行本「ぽんこつわーくすのすけべ本」から、「彼女日和」、「からふるはーべすと」と、ひととおり紹介しております。

あちこちの書店では、例によって特典がつくようなんですが。
注目なのは「とらのあな」さん。
ヒロインが全裸(いちおう肝心の部分は見えてない)というブックカバーでした。
表題・巻数が描かれた方が裏表紙になってしまうんですが…デザイン的にはあれが限界か。
また、センセのHPによると、発売記念で同人誌を出すそうなんですけれど。
「究極令嬢西園寺静香の華麗なる逃亡」という、今回のお話の18禁だそうです。
(※エロには期待しないで、という注釈ありましたが)
そっちもぜひ見てみたいですね。

お嬢様は逃げ出した 1 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)お嬢様は逃げ出した 1 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2012/05/26)
ぽんこつわーくす

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。