FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■きゃすとあおい (蛹虎次郎)

★まんがデーター [12/15] 
・絵   :■■■■□ 
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] 調教・複数
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×10(うち「姫とボス猿」×4、
      「きゃすとあおい」×4、「憑きうらら」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蛹虎次郎(さなぎ・とらじろう)」センセの「きゃすとあおい」です。

「姫神沙紀」とその母親
※「姫神沙紀」とその母親
 お母様が実にエロい感じです。透けてるじゃない。


■きゃすとあおい (蛹虎次郎)


★構成・絵柄 一般ラブコメ

「きゃすとあおい」は3本の中編による単行本。
表題もそのままお話としてあり、↓表紙もそちらからのもの。
ああした雰囲気がお好みならば楽しめるでしょう
ジャンルとしては調教ちっくな感じ。
ガンガンとした派手さのある、えろい展開になってました。
どちらも長めで楽しめますが、幅は広くないので要注意。

丁寧ですっきりとした線。
描き込み・濃淡は適度なくらい。
目立つような崩れ・乱れはなく、綺麗にまとまっていました。
大小コマは入り乱れており、ぶち抜きやはみ出しも多め。
賑やかでした。
プレイも派手なものでしたが、そうした絵柄がためコッテリとした感じはありません
あちこちのバランスも良いと思います。

身長と豊かなスタイルの人物絵。
普通にお姉さん系なラブコメとか描けそうなくらい。
ただ、男性はそちらとは逆に、デフォルメあるインパクトの強いキャラ
そのあたりとえっち描写は、人を選びそうですね。

判断は前述したようにカバーの印象を信じて大丈夫。
じっくり見たい方は、「姫とボス猿」が立ち読めた「S2COMIX」のサイトがオススメです。

★収録話 10話収録

003:「姫とボス猿」 4話
元女子高で、女性比率が圧倒的という学園。
あだ名が”姫”という「姫神沙紀」は、優れた容姿・成績のヒロインでした。
ある日同性好きをカミングアウトしたところ、クラス女子らの圧倒的な支持を受け、そのリーダーとなったのです。
こうして団結した彼女らは、教師「米川」の授業をボイコット。
彼を縛り上げ、好き勝手なことをして楽しんでいたんですが…。
対する「米川」は「沙紀」の母親を呼び出し、三者面談を実施。
日ごろの素行を伝えたころ、内申を気にした母はトンデモな取引を持ちかけたのでした。

こちらの教師「米川」は、前述したようにインパクトの強いキャラ。
まさにボス猿です
そうした彼に、躊躇なく身体を使った「沙紀さん」の母親が切っ掛けとなる1話目。
実にエグい人ですよ。
こんなんだから、彼女もあーした育ち方したんだろうなぁ。
だいたい、いい年な娘に対し、人前で”下着をずらして尻叩く”という行為は尋常でないですよ。
お母様はもの凄い経験を経ているんだろうなぁ。
こうして、共にえっちされてしまった「沙紀さん」
内申を改ざんする見返りに、2人きりの時は逆らわないという約束をさせられたのでした。
そんなんが2話目。
”やられたらやり返す”
そう考えた「沙紀さん」でしたが、徹底的にエロいプレイをさせられます。
教師「米川」も容姿そのままな人でしたね。

こうして、3、4話目が最終エピソード。
詳細は伏せますけど…「沙紀さん」のちょっとした変化が良いですね。
成年漫画ならではの展開です。
なお、体育授業だったので、「沙紀さん」はブルマ姿でしたよ。
最終話では派手な見開き絵があるので、お楽しみに。

錦織葵
※錦織葵
 眼鏡はオン・オフどちらもありますが…どっちもオフになっちゃいました。

075:「きゃすとあおい」 4話
タイトルそのまま、学園祭で発表する劇にてヒロイン役に選ばれた「錦織葵」
その恋人役は、彼氏「藤堂」ではなく、先輩「浦野治夫」でした。
さらに、”演技力を磨く”という名目で、夏休みの間は本当の恋人同士として振る舞うよう指示をだされてしまったのです。
本来、演劇部は恋愛禁止。
こっそり「藤堂」と付き合っていることをネタにした「浦野」は、「葵」と関係を求めてきたのでした。
だいたいそんなん。

こちらが表題作ですね。
基本的には、弱味のある「葵さん」が先輩「浦野」に様々なプレイをされてしまうというもの。
眼鏡・ツインテールな可愛らしい彼女が、色々なことをされちゃってます。
最終話が物凄いこととなるので、お楽しみに。

1話目はプリクラ撮影からのえっち発展。
先輩「浦野」は強引という設定で。
また、彼女としても”恋愛禁止な中で彼氏がいる”、というウィークポイントがあるんですが…それにしては、簡単すぎ
もう少し葛藤するべきでは?
まあ、素質もあるようで、すぐさま虜になっていましたが。
「葵さん」的には、演技のため、という逃げ道があったのも理由でしょうけど。

2話目はプールへデート。
中止にするべくわざと水着を忘れて来たんですが、「浦野」はちゃんと別に用意をしていたのでした。
そんな訳で、ドえろい水着です。
監視員に止められそうですね。
プール内えっちで、周囲にもキッチリモロバレしておりましたが。
「藤堂くん」はどうしたのかな。
3話目はその「藤堂くん」との初えっち。
会話もそこそこにそっち方面に流していましたが…「葵さん」はエロくなったねぇ。
後半にはちゃっかり「浦野」も姿を見せてました。
最終話はついに学園祭の当日。
メイド姿な彼女のはっちゃけ展開です。
顧問が可笑しいですよ。
しかし、あの場面で彼女の申し出を一度はキッパリ拒否していた「浦野」は大したものですねー。

147:「憑きうらら」 前後編
正義感あふれる教師「西園寺」
初日から生徒指導をしていた彼女は、一部の不良が溜まり場としている”開かずの間”に踏み込んだんですが
そこには”悪霊がいる”という噂そのまま、この世に性的未練を残して亡くなった幽霊少女「うらら」がおりました。
やったあ、久しぶりに入れ物が来たぁ!
そう喜んだ彼女は、「西園寺」に憑依してしまったのです。
手始めに、共に行動していたクラス委員長「楠」に…と、だいたいそんな感じ。

教師「西園寺」
※教師「西園寺」
 この人好きです。2話で終わらせるにはもったいないなぁ。

こちらは真面目な教師が自らの意思とは裏腹に、えっちな行為をしてしまうもの。
「西園寺先生」のモノローグがえっちさを高めてました。
途中で判明しますが、先生は人妻でもあるんですね。
できればそうした感じのプレイも見たかったんですが。
実はコレ、なかなか良いお話
(さすがに泣きはしませんが)
後半でも「楠くん」とのえっちは続いており、教室とか保健室とか…やはり複数プレイもあるんです。
そんな展開でも、あのオチが全てを洗い流すようでした
ラストの「西園寺先生」がまた非常に爽やか。
素敵でしたよ。
こんなん好き

なお、お相手の「楠くん」は、他エピソードの男性と違い、眼鏡・ヘルメット頭のひょろりとした体型。
また違う濃さでしたね。

★その他

そんなこんなで「蛹虎次郎」センセでした。
ブログでは初単行本「あそばれ Dear Sex Friend」を紹介しています。
そちらよりも、またどっぷりとした濃さのある漫画でした。
ずぶずぶきますよ。

ラブコメ好きなので、正直なところあまり好みなネタではないんですが。
これはコレでえろく、楽しめました。
読み応えもありましたよ。

きゃすとあおい (富士美コミックス)きゃすとあおい (富士美コミックス)
(2012/05/25)
蛹 虎次郎

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。