FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アクマで婚カツ! (歌麿)

★まんがデーター [8/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年] ラブコメ・悪魔
・おまけ: あとがき、キャラ解説、
      描き下ろし「アクマのその後」
・その他: 短編×10(うち「アクマで婚カツ!」×9)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「歌麿(うたまろ)」センセの「アクマで婚カツ!」です。

光明院月下(アスタロト)、那須子(サーガタナス)
※左:光明院月下(アスタロト)、右:那須子(サーガタナス)
 悪魔という設定ですが、ヒロインは基本可愛らしく描かれてます。
 

■アクマで婚カツ! (歌麿)


★構成・絵柄 ファンタジー系 成年ラブコメ

「アクマで婚カツ!」は毎度お馴染み「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本。
表題作を中心とした構成です。
タイトルそのまま、悪魔が登場するファンタジーものでした。
えっちはキルタイムさんらしい派手さがあったものの、お話はラブコメです。
バトルもありましたがラブもコメ強く、はっちゃけた楽しさがありました。
描き下ろしもそちらで、ほぼ1冊まるまるは表題作となってます。
なお、収録された短編も同様のファンタジー系で、非常に良いまとまり。
だいたい、↓表紙・裏表紙で期待されるそのままだと思います。

絵柄はカバーそのまま。
やや強めな線で、描き込み・濃淡は適度なくらい。
ページは全体で結構ごっちゃりしていました。
目立つような乱れはないものの、漫画は派手に描かれてます。
お話の雰囲気もあり、勢いで牽引しているような感覚
連載は2年ほど続いており、あとがきには「絵柄の違い~」と書いてありましたが。
普通に読む分には、そう気にならないと思います。
直接見比べると、バランスとか気になるかなー。
判断については、裏表紙のカット絵、または「キルタイムコミュニケーション」さんのHPが良いでしょう。

★収録話 10話収録

005:「アクマで婚カツ!」
帰宅中の主人公「北谷佐太郎(ちゃきん・さたろう)」の目前で突然繰り広げられた戦闘。
戦っていた「光明院月下(アスタロト)」・「金剛寺昴(エリゴール)」らは、「佐太郎」の魂は彼女らの主人たる魔王サタンで、彼女らはその妃の座を巡って争っていたのです。
「昴」を見事退けた「月下」ですが、それ以後も次々に魔神が襲ってくるのでした。
だいたいそんな感じ。

男性は「佐太郎くん」だけの、いわゆるハーレム系ラブコメ
軽く連続性あるお話で、次々にヒロインが登場していました。
”遺伝子レベルで魔王を好いている”という彼の設定がため、えっちへの流れはスムーズ。
ここは成年漫画として都合良く、お上手ですね。

戦闘シーンもあります
※戦闘シーンもあります
 なお、後方にいるのが「金剛寺昴(エリゴール)」

ただ、読んでいて気になったところが何点か
①名前が2つある。
各ヒロインらは本来のカタカナの名前と共に、人間女性っぽい姿に化身した名前を持っているんですが。
これがちとややこしい。
だいたいは漢字の名前で呼んでいたものの、たまにカタカナ名の時もあり。
ちょっとめんどくさいです。
②キャラが多い。
こうしたえっち系にしてはヒロインの数が多く、個性も弱め。
先の名前の問題にプラスして、やや覚え辛いのです。
一部のキャラは初登場以外、空気っぽくなってしまっている娘さんもありました。
③嫁候補とかなんとかの設定。
メインヒロインたる「月下さん」の出番多いのは良いものの。
肝心の嫁候補とかなんとかの設定は不確かで、都合だけ良く。
彼に宣言されればいいのか、えっちすればいいのか、子供できればいいのか…
敗れた者も普通に顔を見せてたりするので、全体的によく分かんないです。

賑やかさはあるものの、お話としては長編の良さを生かせてない感じでした。
悪魔という設定も戦闘・えっち以外は特に目立たず、普通の女の子。
ヒロイン半分程度にして、個性を強調した方が良かったのではないかなぁ。

005:「アクマで婚カツ! 第1話」
「月下さん」・「昴さん」の対決からのえっち展開。
特に前置きとか何もないまま、始まってました。
これが良し悪しかな。
個人的には、こちらのすっ飛ばし展開がずっと続いたような印象です。
027:「アクマで婚カツ! 第2話」
「月下さん」に仕える、くのいちのような「那須子(サーガタナス)」登場。
登場する魔神は「サミジーナ」なんですが。
「佐太郎くん」をお兄ちゃんと呼ばせたいならば、容姿はもう少しロリロリしていた方が目立ったかも。
オチもあーするならば、
049:「アクマで婚カツ! 第3話」
魔王っぽいところが見れる3話は、褐色肌の「マルファス」、眼鏡の「ハルファス」
嫁にしてやる、とか言われてますね。
「佐太郎くん」の意思ではないものの、期待される本来な彼であるので…どうでしょう?
それに複数で良いなら、争う意味もよく分かんないですね。
067:「アクマで婚カツ! 第4話」
こちらは皆で海へ行くという、よくある展開。
えっちは「月下さん」でした。
登場やえっちもダントツに多く、メインヒロインたる面目躍如というところでしょうか。

081:「アクマで婚カツ! 第5話」
ちらほら姿を見せていた、螺旋髪の「天崩山深紅(アスモデウス)」登場回。
水泳の授業中に襲ってきたという設定で、「月下さん」も競泳水着姿でした。
お嬢様ちっくな「深紅さん」が面白いです。
ただ、「月下さん」にまで感覚がフィードバックしているのは、えっち的に良いものの、お話的には説明不足
オチも同様ですね。
101:「アクマで婚カツ! 第6話」
「月下さん」・「深紅さん」のえっち対決みたいな回。
前回の流れで、情けないこととなっている「深紅さん」
キャラ的には彼女が面白いです。
119:「アクマで婚カツ! 第7話」
137:「アクマで婚カツ! 最終話」
最終話へと続くエピソード。
これらは…いちおう伏せておきますね。
切っ掛けとしては最も悪魔っぽく、お話的にはいい感じ。
ただ、触手っぽいのを見せておいて、活用しないのは片手落ちな気がしました。
173:「アクマのその後」 描き下ろし
こちらはエピローグですね。
「月下さん」とのえっちですが、ちょっとマニアックなので注意です。

天崩山深紅(アスモデウス)、サミジーナ
※左:天崩山深紅(アスモデウス)、右:サミジーナ
 「深紅さん」はもっと早くに登場してほしかったですね。

161:「フィアトルクス」
召喚した使い魔「ティラ」さんとのえっち。
褐色肌でネコ目の、スタイル良いお姉さんですね。

★その他

以上、「歌麿」センセでした。
こちらのブログでは、「ふにぷにデイズ」、「らぶちち」、「遊郭部へようこそ!」、さらに一般系「まじブラ!?」など4冊を紹介しています。
今回ので、たぶん6冊目くらいな単行本。

えっち系の長編は「遊郭部~」に続いて2冊目。
ラブコメファンタジーは良かったんですが。
もう少し…シンプルな方が良かったと思います。
人数が多いためか、キャラもぱっとしなかったですよ。

購入時の期待度が高かっただけ、個人的には残念でした。

アクマで婚カツ! (二次元ドリームコミックス 276)アクマで婚カツ! (二次元ドリームコミックス 276)
(2012/05/20)
歌麿

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 競泳水着姿 ラブコメ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。