FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ガールズヘヴン (中曽根ハイジ)

★まんがデーター [10/15] 
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ラブコメコメディー
・おまけ: カバー裏にあとがき。
・その他: 初単行本、短編×11

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中曽根ハイジ(なかそね・はいじ)」センセの「ガールズヘヴン」です。

大友薫、宮田由希
※左:大友薫、右:宮田由希
 やや独特なヒロイン画が可愛いです。


■ガールズヘヴン (中曽根ハイジ)


★構成・絵柄 成年コメディー

さて、本日は「ガールズヘヴン」です。
収録は全て短編での構成。
一部では同キャラの出演もありましたが、他には見られず。
完全にバラバラです。
描き下ろしとかショートエピソード、ネタ絵などでのプラス補足もありません。
お話の印象としてはコメディー色がやや強めのラブコメという感じ。
そうはっちゃけてはないですけどね。
やはり楽しい感じのがいいかなー。

そうしたお話より、作画に特徴がある漫画です
良く言えば独特、悪く言えば癖がある、となるかな。

太めの枠線で、コマ割りは結構細かめ。
ちらほら変化もあり、気を使っている感じでした。
描き込みは細かめで、濃淡は強め。
線は濃く、しっかり色がついており、全体でこってり。
丁寧で目立つような乱れもなく、まとまっています。
若干だけ各話で差はあるものの、単行本では安定
ただ、バランスは独特で、個性となっています。
輪郭ほかスタイルはだいたい縦長な感覚。
横に長めな目はくりっとしてツリ目傾向であり、瞳は丸く大きめ。
このあたりが特徴的でした。
男子も概ねそんな感じ。
たまにリアル調の絵が差し込まれていて、コレが悪い目立ち方です。

表現的には、気になる部分がややありました。
お話にも影響して、描き切れていなそうな個所もあります。
ただし、そうあちこち問題というほどではなく、頻繁に引っ掛かってはいません。
だいたいは↓表紙でいいですが、漫画とは異なる印象なので。
判断については、「わたしの生ちゃんねる」が立ち読める「ワニマガジン社」さんのHPがいいでしょう。

★収録話 11話収録

003:「かおるリバース」
部のチーフ「大友薫」さんとその部下「小菅」くん。
会社では終始彼の注意をし、Sだと陰口されていた彼女でしたが…実は2人付き合っていたのです。
よくある、プライベートと会社での関係があべこべというお話。
わざわざ社での服装を着せてのえっちをしていました。
ああ、分かるなぁ。
そんな強い感じではなかったですけどね。
いちおうプライベートパターンもあります。

021:「すいみんカンケイ」
屋上でくつろいでいた「山田」は、クラス委員「成瀬優香」にしばしば邪魔をされていました。
しかし、今日はその特等席にて彼女が居眠りをしていたのです。
そんな訳で、彼女の寝込みを襲うパターン。
多少憎らしさもあったかもしれませんが…。
いきなりクラスメイトにえっち仕掛けるのは漫画ですね。
彼女の行動とか、やや説明不足な気がします。

039:「カゾクノキズナ」
幼い頃から姉弟を養ってくれたおじさんに、えっちされる姉「沙織」さん。
相当時間待っていたのか。
やらしいなぁ
いきなり下半身丸出しにしているのも、尋常ではないですね。
こっちが恥ずかしいわ。
オチはなかなかいい場面になっています。

057:「恋人契約」
男子の憧れ、優等生の「宮田由希」ちゃんと付き合う不良の「伸助」
溺れていた彼女を救った彼は、その父親から婿にしたいという契約をし、日々えっちしまくっていたのでした。
うーん、ちょっと設定とかめんどくさい感じ
お話も分からんわけではないものの、分かり辛い印象です。
「由希ちゃん」は可愛いんですけどね。

075:「ネコネコアザラク」
タイトルそのままの猫耳漫画。
オカルト研究会の部長「舟木」さんが実験に失敗し、猫耳になってしまうもの。
こうした漫画のキャラにしては、「舟木さん」は普通の方。
眼鏡はいいとして、ツインテール雰囲気にちと合わないかなー。
また、猫耳化していることもあり、眼鏡・白衣というポイントがえっち時になくなってしまうのはもったいない。

093:「ビッチメイキング」
クラスメイト「知念」くんに恋した「奈津美」さん。
その好みが”ビッチ”であったため、そうなるよう幼馴染み「カン」ちゃんにお願いしたのでした。
窓からお互いの部屋へ行き来できる、ラブコメ距離。
まぁ、そんなん頼める間柄ということですね。
これを切っ掛けに、お互いの誤解が解けたのは何より。
「カンちゃん」もハッキリ言わないとダメだよ。

111:「1000円カノジョ」
1000円でえっちさせてくれる、と噂の「竹下ゆり」さん。
お隣で幼馴染みの「範彦」は友人「山田」からそれを聞いただけでなく、現場を目撃してしまったのでした。
気付いた「山田」は困惑している「範彦」に彼女を譲ったんですが…というもの。
安い。
これならばぜひお願いしたいですね。
「ゆりさん」の雰囲気的には…もっとふっかけた方がリアリティあったのでは。
まぁ、彼が信じればそれで十分か。
回想シーンは眼鏡で可愛かったんですが、本編では眼鏡オフでちと残念。

129:「淫乱性ソーセージ」
塾講師「二ノ宮優香」に恋をした生徒「淳平」
どう返事をしたら良いか、と相談をされた双子の姉。
これチャンスとばかりに「優香」のフリをして、彼に会いに行くのでした。
真面目な「優香さん」とは対照的に、お姉ちゃんははっちゃけてましたねー。
どっちかというと、これ以後の「淳平」・「優香」の2人を見たいです。
やや仕掛けにページかかったかな。

147:「ワイルドファンシー」
メイドバーのバーテン「カレン」さん。
クールな雰囲気でしたが、実は可愛い物が大好きだったのです。
冒頭とは違い、メイド服を着ている彼女。
結構似合ってますわね。
可愛いものに囲まれ、暴走した彼女からえっちに持ち込むパターン。
この後、冷静になったらどうなるんだろう。

オカルト研究会部長「舟木さん」、二ノ宮のお姉さん
※左:オカルト研究会部長「舟木さん」、右:二ノ宮のお姉さん
 漫画はコメディーちっくな仕上がりでした。

065:「放課後スタディ」
183:「わたしの生ちゃんねる」
前者はそのカタブツっぷりから”委員長”と呼ばれるヒロインと、「和哉」くんのお話。
仲間らとえっちな動画を見ていた「和哉くん」は彼女に発見されてしまったんですが、なんと彼女も”それを見たいと”言いだしたのでした。
角度変えたら~が可笑しいですね。
その発送は男性ですよ。
後者はネットアイドルという「さくら」ちゃんのお話。
リアルタイムの放送をしている彼女はいわゆる荒らしに困っていたんですが。
途中からお兄ちゃんが登場し、近親えっちになっておりました。
あんなん放送して大丈夫なんだろうか。
オチにて前話の委員長さんが登場してました

★その他

「中曽根ハイジ」センセでした。
こちらが初単行本の様子。
ひでるさんは↓表紙に刺さって、手に取りました。
赤っぽい暖色系なつくりと、服をはだけたヒロインが非常に良い感じ。
店頭では新刊で面出しになっていましたけど、最も目立っていました。
あのクリっとした目が可愛いんですね

ただ…。
んー、そう離れているとは思わないんですが。
個人的に漫画はいまいち刺さりませんでした
おまけっぽいのが少ないのも残念。


ガールズヘヴン (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ガールズヘヴン (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2012/04/28)
中曽根ハイジ

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。