FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ばにらえっせんす (前島龍)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年] ブラック・ロリ
・おまけ: あとがき、ゲストページ。
・その他: 小ポスター、カラー(8P)、短編×11。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「前島龍(まえしま・りょう)」センセの「ばにらえっせんす」です。

このは、委員長「佐々野紗枝」
※左:このは、右:委員長「佐々野紗枝」
 「このはちゃん」の不安感が伝わってきますね。
 

■ばにらえっせんす (前島龍)


★構成・絵柄 ロリ系 成年ブラック

さて、本日は「ばにらえっせんす」です。
これはジャンル違いに注意、な単行本ですね。
平仮名の可愛らしいタイトルと、元気そうなロリ少女の↓表紙。
後述しますが、過去のイメージもあって、何の疑いもなく手にしましたが。

コレ、実は”超★ブラック系統”というべき単行本でした。

1つの例外もなく、徹底的にヒロインが色々され、堕とされていく、みたいな作品集。
救いがありません。
あとがきには、「人によって受け付けないもの」と書かれていたそのまま、読み手を選ぶものです。
ご注意ください。

ちなみにひでるさんは、その”受け付けない人”です。
読んでて、しんどかった。
そんな訳で、一気に読んだんですが…テンションはだだ下がるので、タイミングを間違えると危険よ。

収録は全て短編。
ロリ系の凌辱ネタで、救いない展開が基本です。
登場するヒロインらもただ可愛らしいだけでなく、黒い一面を持っているのが特徴。
そんなんも粉々に打ち砕かれていましたが…。

収録時期は10から12年とそう開いてはいないものの、各話で若干の差が。
やや不安定な感じでした。
こざっぱりとした線と描き込み具合。
濃淡はどちらかというと淡い感じです。
ジャンルがためか、盛り上がる部分などは特に擬音が乱れ飛び、ページはごっちゃりとして賑やか。
画面半分くらいの中ゴマが効果的でした。
ロリ系統なキャラ絵で、丸い輪郭が特徴。
可愛らしく描かれているだけ、お話との兼ね合いで悲劇度が増しています。
小物や背景、引き絵に軽い部分がちらほらあり、個人的に引っ掛かりました。
ただ、普通に読むにはそう大きな問題はなく、漫画も良好です。

判断については、「コアマガジン」さんのサンプル絵がいいでしょう。
あるいは、店頭の場合は裏表紙と見易いカット絵の紹介帯がオススメ。

★収録話 11話収録

007:「Reuse」 カラー原稿あり
カラー原稿部分は、「このは」・「マサキ」のラブラブな描写なんですが。
本編では、”他男子らとのえっちを見せて欲しい”とお願いするもの。
複数えっちですわね。
実際のところ。
そんなんが好きな方もいるんですが、「マサキくん」は完全に違いますわね。
後半の一言がまた心をエグってきますよ。

市井さん
※市井さん
 ヒロインは皆さん可愛いんですが…。

025:「プチ援希望JS6」
いわゆる”オヤジ狩り”を仲間と共にしていた「理恵」ちゃん。
しかし、次のターゲットは以前カモにした男性で、仕返しする機会を狙っていたのでした。
これは自業自得かな。
まぁ、エロい目的で近づいてる男性も良くはないのだけれど。

041:「JKホ別生中OK3」
実は前話とちょっとだけ繋がりのあるこちら。
援助交際サイトに友人に言われたそのままを真似して書き込んだところ…トンデモないこととなるのでした。
タイトルが書き込んだ内容ね。
意味よく分かりませんが、分からんまま書いちゃーダメよ。
まぁ、こうしたのは危険があるよ、ということでしょう。

057:「補習授業」
体育教師と生徒「市井」さん。
大人しい彼女に付け入る形でのえっち展開です。
彼女的にはなんの落ち度もなく、ただ気の毒。
ちょっとですが、オチで仕返しできたかな。

075:「また明日」 カラー原稿あり
こちらも教師・生徒のカップルです。
ヒロイン「瀬尾環」さんは元気な娘さんで、教師もどちらかと言うと人気ありそうなタイプ。
…なんですが。
催眠術えっちですね
お話としては、「「独蛾/月吉ヒロキ」」な感覚でした。
こんなん繰り返してると、そのうち壊れるぞ。

091:「嘘から出た実」
またまた教師・生徒のお話。
既に学級崩壊しており、委員長「佐々野紗枝」さんが、またさらに追い打ちをかけているような状況。
教師「坂田」には親身に相談に乗っている、同僚「横山」がいたんですが…。
なんだか、登場人物まるでダメな感じ。
崩壊するクラスをほおっている教師「坂田」、生徒を扇動する「紗枝さん」は無論のこと、あの状況を多少なりとも見知っているだろう「横山さん」も極端。
生徒の言うことをあっさり鵜呑みにして、なんの裏も取らないのは。
教師うんぬんより、人間としてどうかと思う。
ただ、それで実行しちゃーダメだろ。

111:「ポイ捨て調教」
生徒「下川かなた」さんと教師という、これまた学園でのエピソードです。
既に関係しており、お話としてはその末期頃
そんな訳で、あーしたタイトルになるんですね。
過去描写ではあんだけ強気だったのになぁ。

127:「ズル休み」
偽って学校を休み、「ご主人様」を待つという「天音」さん。
冒頭ではあんなにラブラブした雰囲気であるのに、後半からオチ部分までに急転直下しております。
うわー、これはまた極端に酷い
収録でもトップクラスではないでしょうか。
後味わるーく読み終わるでしょう。

145:「好き好き愛してる」
帰宅した姉「千鳥」さんは、彼氏「次郎」くんを連れていました。
お姉ちゃん好きな妹「小鳥」ちゃんは…と、こちらはしたたかで怖いロリ少女なお話。
先の「嘘から出た実」とは違い、「小鳥ちゃん」の言葉を鵜呑みにするのは当然でしょう。
(まぁ、これは直接現場をシッカリ目撃されているんですが)
また男は都合良く解釈するだろからなー。

天音さん、妹「瑠璃ちゃん」
※左:天音さん、右:妹「瑠璃ちゃん」
 同じようなアングルになっちゃいました。

161:「生意気な妹に…」
177:「瑠璃ちゃんのおもちゃ」
これらは兄妹の近親ネタです。
前者は妹「梢」ちゃん。
ニートな兄の独りえっち現場にはち合わせてしまうのでした。
まぁ、どっちもあーいう育て方をした親がいけないかな。
後者は妹「瑠璃」ちゃん。
そちらと違い、お兄ちゃんとはえっち関係。
いままで援交~なんて台詞もあり、どうやらお手の物であったみたい。
かなり酷い言葉使いで、あーした黒い部分はたぶん周囲に見せてないだろうところが恐ろしいです。

★その他

以上、「前島龍」センセでした。
ブログでは、初単行本「ゆめいろ半熟たまご」、「しゅがー☆すぽっと」などを紹介しています。
今回ので3冊目でした。
そう、つい先日2冊目を見たかな、とか思いましたが、去年の11月なんですねー。
月日の経過が早い。

過去2冊のそれらは、どっちかと言うとコメディー寄りで、明るいもの。
ただ、センセはこんなんもお好きな様子で。
そうなのかー。
次からは購入前に再確認が必要ですわね。

しかし、”ばにらえっせんす”なんて可愛らしいタイトルでいいのかな。
前述したような表紙絵を含めて、やや紛らわしいと思います。
看板に偽りあり、みたいな。
裏表紙があーだからいいのか。
タイトルも、それ自体が甘くはなく香りだけ~みたいな感じならば全然アリか。
ややこしさはありますがね。

ばにらえっせんす (ホットミルクコミックス)ばにらえっせんす (ホットミルクコミックス)
(2012/04/10)
前島龍

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。