FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■発情KIDS (たまちゆき)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年] ロリ・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、
      描き下ろし4コマ「発情キッズ」
・その他: 短編×10(うち「発情シリーズ」×5、
      「Cool☆Bomb」×2、「いつものシリーズ」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「たまちゆき」センセの「発情KIDS」です。

美海、樹里
※左:美海、右:樹里
 このシリーズは「美海ちゃん」だと思います。


■発情KIDS (たまちゆき)


★構成・概要 ロリ系 成年ラブコメ

本日は「発情KIDS」です。
単行本はすべて連続話での構成。
読み応えがありました
センセ曰く、”今までで一番分厚い”とのこと。

収録は大きく分けて3編ほど。
表題に絡んだメインシリーズがだいたい半分以上の収録で、描き下ろしもそちらでした。
複数ヒロインが登場し、色々なシチュエーションのある華やかなものです。
他の2話は単独ヒロインとの、やはり様々パターンでのえっち。
特に後半収録のシリーズは良かったです。
ジャンルに抵抗感なければオススメ。

★収録話 10話収録

007:「発情スイッチ」
029:「発情シスター」
049:「発情ルーム」
069:「発情ブラッド」
089:「発情レッスン」
209:「発情キッズ」 描き下ろし4コマ
こちらは全5話と単行本の半分を占める作品。
↓表紙・裏表紙ほか、描き下ろしまでに至るメインシリーズです。
その描き下ろし4コマは後日談コメディーとなっており、あとがき部分にかかる1コマまでが連続で楽しめました。
残念ながら表紙でなかったものの、メインヒロインは彼女かも。

切っ掛けとなる「発情スイッチ」は「名波樹里」ちゃんと「海斗」くんの同級生カップル。
ある日の放課後、自分の席で独りえっちをしていた「海斗くん」を発見した「樹里ちゃん」
そんなんに興味津々だった彼女は…というもの。
↓表紙のポニーテールが「樹里ちゃん」です。
やっぱり成年漫画の独りえっちは目撃される運命にありますね。
謝ろうと呼び出した「樹里ちゃん」からの告白が素敵。
恋愛ではないでしょうけれどもともと好意もあったらしく、野外えっちがキュートでした。

続く「発情シスター」は兄「空」くんと妹「美海(みう)」ちゃん。
なお、彼女は「海斗くん」とは双子の妹。
前話オチでも存在感を見せていましたが、こちらでは近親えっちを見せてくれます。
そうした状態となりつつも、「今日だけだぞ…!?」くらいの台詞が良いです。
後半のドキドキ描写が好き。
「発情ルーム」は「樹里ちゃん」の続編。
ちょうど1話目とは逆のパターンで、彼女の教室・独りえっちからの発展。
可愛いことするなぁ。
このカップルには通過するべきイベントでしたかね。

彩也
※彩也
 4コマとか、いいキャラではあったんですが…ちょっと地味かな。

「発情ブラッド」は…「美海ちゃん」と●●くん。
読んだときに楽しめるよう、いちおうフセ字にしてみました。
このシリーズでひでるさんが最も好きな回
寝込み襲う~から、お風呂でのえっちに流れております。
先の「発情シスター」があってこそのお話ですわね。
そしてシリーズの最終話「発情レッスン」はお友達3名のうちのもう1人、「彩也(さや)」ちゃんと家庭教師の先生。
彼女の冒頭での一言に注目。
ランドセル背負った貴女がそんな発言しちゃーダメ
こちらも詳細についてはフセておきます。
巻末描き下ろし4コマは後日談。
そうした各話を踏まえてのお話が非常に良く、前述したように最終コマも含めて必見です。

109:「Cool☆Bomb・1」
129:「Cool☆Bomb・2」
こちらは友人「タクミ」の妹「つぐみ」ちゃんと「順」くん。
昔馴染みである3名のうち、くっつくべき2人がカップルになったという感じね。
年下の割に積極的でしたよ。
眼鏡とショートカットがためか、ちょっとボーイッシュな可愛らしさがありました。
「つぐみちゃん」の持っている単行本とかお名前に注目下さい。

149:「いつもの車輌(ばしょ)で」
169:「いつもの座席(ばしょ)で」
189:「いつもの屋上(ばしょ)で」
”電車内でのえっちが描きたい”ということでのシリーズ。
いつも成績はトップという学校での有名人「笹木祐里」
主人公「井上耕太」は、向かいに座る彼女の独りえっちを目撃したのでした。

「祐里さん」はショートカットの可愛らしい娘さん。
なんとなくその姿を探してしまう心情はよく分かります。
当然でしょう。
そんな彼に声をかけたのは「祐里さん」から。
ただ、その際の「耕太くん」の行動がまた刺さったんだろうなぁ。
あれはなかなか凄い
切っ掛けがそんな感じだったので、続く2話目「いつもの座席で」のコレも当然。
ほぼ告白みたいなこと言ってましたが、それに対する「祐里さん」が可愛らしいです
オチ部分がまた素敵でした。
最終3話目「いつもの屋上で」は、タイトル通り学校屋上が舞台。
なにげに成績を伸ばしている「耕太くん」でした。
先ほどのあらすじ部分では端折りましたが、彼は進学して伸び悩むようになった設定です。
あー、うん、結構そうしたものかなぁ。
電車内ではないものの、また「祐里さん」のまた可愛らしい一面が見れます。

つぐみ、祐里
※左:つぐみ、右:祐里
 容姿・キャラ共に最もお気に入りは「祐里さん」です。

★絵柄

適度な濃淡と描き込み具合によるもの。
丁寧・綺麗に安定しており、乱れや崩れなどはありません。
背景とか小物のバランスも良い感じ。
漫画もお上手で、テンポよく読み進められると思います
キャラはロリ系の可愛らしいもの。
そうした系統が苦手でなければ問題ないかと。
基本的にカラーと変化はないので、↓表紙・裏表紙で良いでしょう。
例によってセンセのHPでは単行本の詳細とか壁紙プレゼントがありました。
購入の前後、どちらでも楽しめると思います。

★その他

そんな訳で、毎度おなじみ「たまちゆき」センセでした。
こちらで19冊目だとか。
あと1冊でついに20冊ですね!

今回のカバーは1枚絵なんですが、自らパンチラさせてる↓表紙とか、どっちもある裏表紙とかイイ感じ。
しっかり全員縞パンでしたよ。
折り返し部分など、らくがき調に書かれてるタイトルとかの文字も風景に合ってました。
さらに、中扉も同じ絵柄なんですけど…。
ちゃんと異なってましたんで、お楽しみに。

発情KIDS (TENMA COMICS RiN) (TENMAコミックス RiN)発情KIDS (TENMA COMICS RiN) (TENMAコミックス RiN)
(2012/03/09)
たまちゆき

商品詳細を見る


★「たまちゆき」センセの漫画紹介記事 すべて成年系
華奢なカラダ
 秘密シリーズほか、短編集。
小っちゃな恋のメロディ
 表題作、「IDOL☆SISTER」などの中編による1冊。
恋人ごっこ
 2話連続な話と短編による構成。「IDOL☆SISTER」の続きも。
小麦色狂詩曲
 デビュー10周年記念単行本。付録「たまちゆき10年史」はファン必見。
子猫じゃないモンっ!
 表題作4話を含む、「恋の特別室」からの続編。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ポニーテール コメディー パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。