FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (緑青黒羽)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般] ラブコメ・妹
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、合間にネタ絵。
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
      9話収録、現在1巻まで発売中
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「緑青黒羽(ろくしょう・こくう)」センセの「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1巻」です。

姫小路秋子
※姫小路秋子
 残念な感じの妹さんです。普通にしてればいいのに。


■お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1巻 (緑青黒羽)


★構成・概要 妹系 一般ラブコメ

さて、本日は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1巻」です。
こちらは原作つきの漫画ですね。
小説からのコミカライズであるみたい。
しかし。
こうした妹系な漫画は多いですよねー。
そんなに良いものかなぁ。

巻数表記そのまま、長編もの。
いちおう連続になっているものの、いわゆる普通の漫画っぽいストーリーではなく。
各話は、たいていキャラ2人でのやり取りに終始しておりました。
ちょっと珍しい構成ですね。
それがために、お話面で人を選ぶと思います。

近親関係をヒロインから堂々と迫る可笑しさで、ラブコメと言いつつもコメディー調。
お兄ちゃんがそれをきっぱり否定しており、他ヒロインも容姿とは裏腹に恋愛対象として相応しくない娘が揃っており。
ラブ要素は薄め。
また、口で言うほど直接的な行動なく、サービス描写は少なめでした。
なくもないけれど、過剰な期待はしないように。

個人的にはちょっと違いました。
たぶん、ひでるさんは読者として相応しくないようですね。

★収録話 9話収録

両親が他界したことで、それぞれ別の親類に引き取られていた双子の兄妹。
近々取り壊れる予定だった物件へ引っ越した「姫小路秋人」は、妹の「姫小路秋子」を呼び、2人きりで暮らすこととしました。
6年ぶりに再会した「秋子」は、立派な立ち振る舞いを身に付けた美少女に育っていました。
しかし、「秋人」が驚くほどの極端なブラザーコンプレックスになっていたのです。
兄弟愛ではないと豪語し、自らの個性だと考える彼女。
その過剰な言動に、「秋人」は平穏でない日々を過ごすこととなったのでした。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

語る「秋子ちゃん」
※隣にいたら…ウザそう。オモロイ娘さんでした。

005:序章 
メインヒロイン「秋子ちゃん」ほか、不思議な言動の「那須原アナスタシア」、眼帯をしている生徒会長「二階堂嵐」らサブヒロインが集合しているプロローグ。
冒頭のカラー原稿もこちら?
裏表紙にも書かれていた、同じ言い回しが続くので、ややしつこい印象
平穏を望む主人公「秋人」の視点がため、”単調”とかなんとか、現実と違うマイナス要素がわざわざ書かれているんですが。
頻繁に示すべき文言なのかなぁ。

そんな訳で、個人的につまづいたのは序章からでした。
なんと言うか、すーっと物語から遠ざかってしまいました。

015:第1話 3月25日(同居初日)
同居初日で、2人きりで初めての夜に一緒に寝ようともちかける「秋子ちゃん」
お兄ちゃんも漫画内で混乱していましたが、それはこちらも同じ。
彼女の発送がぶっ飛び過ぎて、ついていけません。
正直、読み飛ばしたページがあるかと、戻ってしまいました。

普通はお兄ちゃんのが意識して、ドキドキしそうなもんですけどねぇ。
思春期に6年ぶりの再会したわけだし。

029:第2話 3月26日(同居2日目) その1
039:第3話 3月26日(同居2日目) その2
朝食からお昼でのやり取りまで。
こちらの第3話にて、「秋人くん」の細かな背景が語られています。
初っ端からいちいち説明する必要ないと思うので、これは正解でしょう。

自らの恋愛論を語る「秋子ちゃん」
オモロイ娘さんですね。
ただ、彼女は…そうした自分に酔っているだけのような気もしました。
本気でどうにかなりたいのであれば、直接的な手段はいくらでもあるので。
(※お兄ちゃんの意識が少しでもブレたら、成年漫画の世界になってしまいそう)
この漫画は、はっちゃけた娘さんと、それを軽くあしらう、2人の掛け合いを楽しむもののようです。
まぁ、仲良いことはいいこと。

057:第4話 3月27日(同居3日目)
「秋子ちゃん」がお風呂に入るという、サービス回。
まるまるそのネタだけで引っ張っているので、全裸だったり、タオル一枚だけだったり。
肝心な部分は当然描かれてないですけどね。
幼い精神に比べ、なかなかのスタイルでしたよ。

069:第5話 3月28日(同居4日目) その1
079:第6話 3月28日(同居4日目) その2
2人して買い物へ出掛ける流れ。
第6話では「アナスタシアさん」が顔を見せておりました。
ここが初対面なんだ。
というのに、いきなり慣れた会話をしてます。
周辺はこんな女性ばっかか。
ラブに発展しなさそうだなー。
それぞれヒロインが敏感に不快ななんらかを嗅ぎとっていたのが可笑しいです。
「秋人くん」の収入源については、今後語られることとなるのかな。

099:第7話 3月31日(同居7日目) その1
109:第8話 3月31日(同居7日目) その2
133:第9話 3月31日(同居7日目) その3
友人「猿渡銀兵衛春臣」と電話だけの第7話。
これは状況説明?
わざわざ1話分を費やす必要あるのかな。
続く第8話は、生徒会長「二階堂嵐」が初登場。
これまた変な方で、わざわざ家まで訪ねてきた彼女が縦横無尽に喋っているような感じ。
なんらか色々な思惑はあるようでしたが、「秋人くん」モテますね。
よくは分かりませんが、そのうち説明されるんでしょうか。
収録の最終話は再び「秋子ちゃん」
押せ押せなイメージでしたが、ちょっと意外な姿を見ることができます。
ああ、そうした反応でいた方が、よほどお兄ちゃんに刺さると思いますよ。

那須原アナスタシア、二階堂嵐
※左:那須原アナスタシア、右:二階堂嵐
 サブヒロインもこんな感じ。恋愛対象がいません(笑)

★絵柄

細線ですっきりとした作画。
そこそこ白比率はあるものの、濃淡としては丁度よいくらい。
描き込みがすっきーっとしてますね。
ただ、そちらに不足感はなく、見易い仕上がりになってます。
お上手です
さすがに一般系で連載されるだけのことありますねー。
キャラも可愛らしくまとまっておりました。
小説イラストよりも、だいぶふっくらしてる印象。
より漫画ちっくな表現になってるかな。
丁寧で表現などにも特に引っ掛かるような部分はありませんでした。

個人的には…大きいコメディー崩しが気になりました。
まぁ、漫画がそうしたものですからね。
判断については、そう変化なかったので、↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

★その他

「緑青黒羽」センセでした。
こちらが初単行本なのかな。
ひでるさんはこちらが初見です。

えー、前述しているそのまま、この手のネタはもういいや、って感じでした。
妹よりも姉のが好きなので。
そんな訳でスルーしようとしたところ、あの↓表紙。

リンク絵はそのまま見えると思いますが、店頭ではうまーく紹介帯があり…。
ぶっちゃけ、パンチラ期待で手にとってしまいました(笑)
だって、黒タイツが刺さっちゃったんだもの。
よくよく見ると、なるほど、膝からの角度的にはいまいち開きたりなかったですね。
むむー。

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2012/02/23)
緑青黒羽

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。