FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■まんがのような人妻との日々 (英丸)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメ・人妻
・おまけ: あとがき。
・その他: 10話収録、現在1巻まで発売中
       (巻数表記ないけど、続くみたい)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「英丸(ひでまる)」センセの「まんがのような人妻との日々(1巻)」です。

「荒巻豪太郎」こと「麻生栞里」
※「荒巻豪太郎」こと「麻生栞里」
 えろい人妻な漫画家さんでした。


■まんがのような人妻との日々 (英丸)


★構成・概要 人妻系 一般ラブコメ

「まんがのような人妻との日々」です。
…って、コレ漫画じゃない。
そうした突っ込みと共に、手に取りました。

各話に必ず直接えっちシーンのある、一般えっち系。
しかも人妻ですよ。
各話に配されたそうしたヒロインとの、明るいラブコメになってます。
不倫とかドロドロした色はカケらもありません。

いちおう長編漫画ですが、そう各話の繋がりが強くはないタイプ。
雑誌向きな感じ。
あっと驚くような展開はないものの、期待通りに楽しめると思います

なお、こちらの単行本には巻数表記ないんですが、あとがきによるとまだ続く様子
最終話の流れから、次はタイトル変えたりするのかな。
まぁ、どこから読んでも問題ないタイプです。

★収録話 10話収録

005:第1話
漫画家を目指して上京した主人公「入江アトム」
しかし、人物がカタイ、女性キャラがかわいくない、などの理由で、まだデビューできずにいたのです。
そんな頃、編集部からアシスタントの仕事の依頼がありました。
指定されたマンションに行ってみたところ、出迎えたのはいつだか出会った美人な人妻さん。
そう、PN「荒巻豪太郎」とは目前の「麻生栞里(あそう・しおり)」さんだったのでした。
しかも、描いている漫画とは裏腹にえっち方面には疎く、「入江くん」が教えることとなったのです。

…と、大変に都合良い展開の1話。
人妻がやさしく教えてあげる~の、逆なパターン。
あの容姿で、えっちに無知というのは凶悪ですね。
性格も実に素直で、出会ってそこそこという相手の命ずるまま、あっさり水着に着替え、咥えたりしてました。
そのうち騙されるぞ。


025:第2話
こちらは大家のお嫁さん「久美子」さん。
こうして他ヒロインも顔を見せているんですが、あとがきから察するに、1巻は「栞里さん」メインのようです。
彼にとっては漫画のお師匠さん、という感じなのかな。
(そう教えられてる描写はないですが)
「久美子さん」はなかなか図々しいタイプで、勝手に上がって色々した挙句、自らえっちに誘っていました。
いちおう、コレが「入江くん」の初体験ですね。

大家のお嫁「久美子さん」、喫茶店の未亡人「杏子さん」
※左:大家のお嫁「久美子さん」、右:喫茶店の未亡人「杏子さん」
 登場ヒロインはことごとく巨乳揃いでした。

043:第3話
こちらは再び「栞里さん」
冒頭では「久美子さん」なんですが、大家とはいえ、勝手に上がって咥えたりしないように(笑)
お話は1話を踏まえたものになってます。
どーでもいいですが、あちこち描写を見ていると。
「栞里さん」はよくデビューできたわね。
よほど絵がお上手なのかな。

061:第4話
こちらは喫茶店の未亡人「杏子」さん。
初体験から、いきなり2人もの人妻を相手にしている彼ですが、これで3人目。
すっかりやりちんになってます。
取材という名目での言葉責めからの流れ。
あれは訴えられそうですね。

081:第5話
大学の時にはテニスサークルに所属していた「栞里さん」
そんな訳で、こちらはテニスウェアでのえっち。
かなり成長があったようで、胸元がはじけ・破れていました
どんな胸だ。

099:第6話
こちらは眼鏡な編集長「結城」さん。
自分の才能が恐ろしくなるほどの自信作~
とか「入江くん」は言っていました。
冒頭では田舎に帰ろうとしていたほどなのに、ポジティブでいいですね。
”すぐに追い返す”
編集長「結城さん」も当初はそうした感覚でしたが、その上達っぷりを認識するという、なにげに重要な回。
漫画ではえろい事ばっかだけれど、ちゃんと漫画も描いていたのが凄い。
しかし、目前で破るのは酷いなぁ。

117:第7話
「久美子さん」とプールに出掛けるという、デート話。
若いですね(実際に年齢は若いですが)
そんなおおぴらでいいのかな。
メインは「杏子さん」です。
いちおう滝の裏とはいえ、そこそこ人のいるプールでのえっちは凄いですね。
確かに音はかき消されるでしょうけど。

135:第8話
ネタに詰まった「栞里さん」との息抜きで、お出かけするというもの。
「入江くん」の提案でタンクトップとミニスカートだけ(下着なし)にされてました。
やりたい放題ですねー。
当然ながら、こちらは野外えっちです。

153:第9話
171:第10話
9話は再び編集長「結城さん」
完全に私用で呼び出してるのがエグい。
”まんがはイマイチ”とか考えているんですけどね。
そうした流れで、ラスト10話はひと区切りなエピソード。
バニーな「栞里さん」が楽しめます。
お尻が素敵

編集長「結城さん」
※編集長「結城さん」
 黒い下着がセクシーです。2度目の下着よりこっちかなー。

★絵柄

きっちりとした乱れのない線で、見易い作画。
お話そのまま軽めなタッチです。
既に個性も確立しており、安定感もありました。
ヒロインの巨乳っぷりも相変わらず
重く邪魔そうなくらい。
それがため、ややバランス微妙に感じるコマもありましたが、些細な程度。
普通に読んで引っ掛かるほどではないと思います。

見易いですね。
描き込み・濃淡具合も適当にまとまってます。
癖はあるものの強くはなく、えっちですがそうドギつくもなく。
ややこしさないラブコメによく合っていると思いました。
一般えっち系はピッタリですねー。
例によって「双葉社」さんのHPでは1話途中までの立ち読みが、「DMM」さんではいくつか原稿サンプルが見れたので、判断には便利。

★その他

そんなこんなで、「英丸(ひでまる)」センセでした。
5巻も発売された長編「モーレツ!ボイン先生」、その続編「ゾッコン!ボイン温泉」、作品集「恋するエプロン」などを紹介してます。

前述しているように、こちらはタイトルに引っ掛かりました。
お上手ですね。
良し悪しは分かりませんが、やっぱり目に飛び込んでくるのは事実。
ぱっと見でも、キッチリ脳に焼きつくようですもんね。
また、人妻の裸エプロンな↓表紙もタイトルと合致していました。
ポップな仕上がりでそうイヤらしくなく、実に良い感じ。
抵抗感ある人でも、レジまで持っていきやすいのでは。

まんがのような人妻との日々 (アクションコミックス(アクションピザッツ))まんがのような人妻との日々 (アクションコミックス(アクションピザッツ))
(2012/01/12)
英丸

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。