FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ちちエール (かいづか)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]コメディー・胸
・おまけ: あとがき、合間にラフ絵、
      カバー裏に作品コメント・SD絵、
      描き下ろし「ちちエール」・「ぺっとろす」 
・その他: カラー(4P)、短編×9(うち「橘澪さんシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かいづか」センセの「ちちエール」です。

先日「逓信総合博物館 ていぱーく」へ行ってきました。
お目当ては期間限定の特別展「昭和レトロと郵便展~切手少年がいた時代~」で、タイトルそのまま昔懐かしい世界を満喫してきました。
楽しかったですよー。
…とは、以前書きましたが、もうひとネタ。
ここの上階にはNTT情報通信館となっているんですが、コレが酷い。
東京の一等地の建物だというのに、空きスペースばかりで、展示もとりあえず~みたいな風情。
もうちょっと頑張ろうよ。

橘澪さん
※橘澪さん
 学ランは良かったんですけどねー。
 

■ちちエール (かいづか)


★構成・概要 成年コメディー

本日は「ちちエール」です。
いかにもデカイ↓表紙が示すそのまま、巨乳系な単行本。
今年の誓いと真逆ですわね。

収録はほぼ短編という構成。
↓表紙が学ランだったので新たに追加した~という漫画がため、1つ連続話になってます。
キャラが同一なだけで、そう繋がりないですが。

コメディー色の強い、楽しい漫画群
どちらもヒロインの個性が強く、だいたいえっちも女性が主導しています。
ジャンルの胸とかなんとかを、霞ませるほどでした。

★収録話 9話収録

003:「ちちエール」 描き下ろし・カラー原稿あり
019:「くいーん’S」
映画で主役に抜擢された「橘澪」さん。
ファンだという後輩「高岡正広」を相手に、S演技を試してみるのでした。
そんなんが、「くいーん’S」
「澪さん」は学生だけど女優、ということでいいのかな。
写真集とか、映画で主役とか、ファンクラブとか…学生服な2人が普通に会話しているので、違和感がありました。
ぱっと分かり辛いのは、成年漫画でマイナス
何度か見返してしまいましたよ。
演技がプレイとしてエスカレートしていく内容。
カチッと入ってきやすい冒頭・描き下ろしと比べ、やや弱いか。
一方、表題作「ちちエール」は、↓表紙そのままの巨乳学ラン姿。
巻いてるサラシも素敵ですね。
漫画本編では、さらにツインテール・縞パンとなっておりました。

043:「×××生物学読本」
水泳部「はるか」と、生物部「島田瑞穂」はライバル関係な昔馴染み。
新人部員勧誘に頑張る2人は…と、そんなお話。
複数えっちな漫画。
「瑞穂さん」が促したとはいえ、男子連中は枯渇してますねー。
「はるかさん」は巻き込まれ損という感じでした。
誰も水泳部には入っていないようだし。

権藤実、夢生
※左:権藤実、右:夢生
 こっち系で押しても良いかと思いました。

065:「支配しちゃうぞ」
089:「ギネス!ギネス!ギネス!!」
こちらの2話はおバカなヒロインのはっちゃけパターン。
まず「支配しちゃうぞ」は、ヒロイン「権藤実(こんどう・みのり)」さんの、進路指導話。
良く言えば個性的、悪く言えば変人という「実さん」の独特なテンションに、「中島先生」が振り回されております。
まぁ、もう手遅れですねー。
オチも期待通りでした。

続く「ギネス!ギネス!ギネス!!」は「夢生(ゆき)」と「こーちゃん」の昔馴染み。
こちらは、簡単には単なる仲良しカップルのプレイですわ。
ただ、その発想がやたらぶっ飛んでいて、彼氏はやや気の毒。

漫画だから良いものの、実際これらヒロインが近くにいたら、うっとおしそう。
がんばれ。

105:「香坂凛の秘密」
剣道部の部長「香坂凛」は匂いフェチでした。
そんな性癖をうっかり知ってしまった「柿本」は…という流れ。
せっかく格技な漫画なのに、いきなり道着脱いでいたのは残念。

131:「かるちゃー・ショック」
父親の取引先相手の娘「リリシア」がホームステイすることとなったんですが…。
アニメや漫画好きな彼女は、極端な発想の持ち主だったのです。

センセはこうしたはっちゃけ娘がお上手ですね
すべてそっち系に結びつけるうえ、勝手に妄想を膨らませていく、扱いの難しい娘。
「イツキ」くんも、やや引き気味でした。
お話は、体育用具室を案内された彼女が、えっちと結びつけるというもの。
1人でエロい事してましたよ。

外人ならではのカタカナ喋りと、妄想・暴走っぷりが見事に合致した、非常に魅力的なキャラクター
メディアで見知っていただけの日本文化に初めて接触するというアドバンテージもあり、先の「実」・「夢生」よりも現実に居そうな雰囲気ありました。
ぜひ続きが見たいですね!

151:「ぺっとろす」 描き下ろし
隣のお兄ちゃんが可愛がっていたペットの代わりに、「このは」ちゃんがペットになるというドキドキ漫画。
自ら首輪とかしてました

ううむ、ヤバいプレイですねー。
まぁ、彼女にそこまでさせるほど、ラブラブということなんでしょうけどね。
ブラッシングとか、凄そう。

177:「おばきゅん」
こちらが初の雑誌掲載作品なのだとか。
肝試しで先輩「直也」くんの弱味を握った後輩「美羽」さんは、えっちのお願いをするのでした。
説明ページに、現在の絵で描かれていましたが、なるほど。
この漫画はお話とかなんとかはいいんですが、目の処理がどうにも気になります。
もの凄く違和感ありました。
なんであんな感じにしたんだろう。

リリシアさん
※リリシアさん
 収録では彼女が最も良かったです。

★絵柄

ややガチャガチャとした印象。
各話によって差が大きくあり、全体的に不安定でした

”新旧の原稿が入り混じって…”と、センセ自信があとがきに書かれてますね。
時期を確認したところ、09年から11年と、そう極端な差はありません。
ただ、ちょうど仕上げが変わったところみたいなんですね。
新しいのは艶々っとしたデジタルなもの、古いのは線の太い濃い目な作画。
その配置が交互になっているので、読んでいて落ち着かないのです。
構成については、ハッキリ失敗だと思います。

高い身長とむちっとしたスタイルのキャラ絵。
どっちかというと可愛い、漫画っぽいものです。
横顔の、あまり高くない鼻のあたりが特徴でしょう。
コマ割りは大きく、迫力ある感じ。
正直なところ…個人的には、アナログっぽい、過去原稿のが勢いプラスで良かったかなー、と。
表情とか動きにも、なんとないぎこちなさが残ってます。

全体の不安定さも含め、まだ色々と不足しているような印象でした。
絵はともかく、漫画はもう一歩、二歩では。
キャラはまとまっていて、そう極端なマイナス点ではないんですけれど。

★その他

「かいづか」センセですね。
ブログでは初単行本「ぷにゅ!ちちまにあ」を取り上げてました。
…そうか、「ファイナルファンタジー4」の頃だったのねー。
ちなみに、まだ終わってないです。
こないだ「エッジ」がようやく仲間になりました。

さて、やや脱線しましたが、今回ので2冊目の単行本です。
購入の決め手になったのは…↓表紙。
やっぱり女の子の学ラン姿というのはいいものです。
コアマガジン」さんのサイトにて、カラー原稿での登場を見たのがダメ押しでした。
ぶっちゃけ、コレが表紙でなかったら、手に取っていなかったかもしれません。
大き過ぎる胸がため、よく見るとバランスがやや微妙なんですけどね。

ちちエール (メガストアコミックス)ちちエール (メガストアコミックス)
(2011/12/14)
かいづか

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。