FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■女教師の恋愛事情~私、教え子としちゃいました (中寺明良)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]教師・眼鏡
・おまけ: あとがき、キャララフ画・コメント。
・その他: カラー(4P)、短編×9(全て同一世界)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中寺明良(なかでら・あきら)」センセの「女教師の恋愛事情~私、教え子としちゃいました」です。

ひでるさんは英語ダメですが。
中学生だっけか。
そのあたりの頃、成績良好な時期があったの。

当時の担当は、中年オヤジな男性教師。
丸顔で髪薄く、背も小さく、やや小太り。
そりゃーもう、英語喋ってるのが冗談みたいな、360度どこから見ても典型的なおっちゃんなのでした。
どっちかと言うまでもなく、生徒にはそう慕われないタイプだったと記憶してます。

ただ、ひでるさんは…合ってたのよ。
その喋りが私的には非常に面白く・興味深く、また逆にこちらの話もよく理解してくれていたんですね。
授業が苦痛でないので、おそらくは普通以上に聞けている。
また、教えてくれてるのに少しでも応えたい、という感覚がどこかにあり。
良かったんですよ、コレが。

教師というのは、やっぱり信頼関係でしょうかねー。
なんだか、ぽーっとそんなん思い出しました。


神代忍
※神代忍
 黒手袋はガチーと刺さる方もいるでしょう。


■女教師の恋愛事情~私、教え子としちゃいました (中寺明良)


★構成・概要 同一舞台・教師系 成年

そんなこんなで、本日の単行本も教師モノ。
「女教師の恋愛事情~私、教え子としちゃいました」ですね。
こうした先生ならば、それこそ成績はグンと上がるだろうなぁ。
…あるいはエロスに溺れて急降下するかもしれませんが。

教師と眼鏡が揃った単行本です。
収録はだいたい短編のようですけど、コレ実は全て同じ舞台
同じ学園内でのストーリーで、各ヒロインをピックアップしていく、オムニバスっぽい構成になってます。
ゲスト的に他のキャラが顔を見せることもあり、ストーリーの流れも共通にあり、長編のような感覚でした。

色彩は暗く、↓表紙もあーした雰囲気。
フォントにも淫靡なイメージ漂っていましたが、そうハードではありませんよ。

★収録話 9話収録

003:「授業中ですよ」 カラー原稿
カラー原稿のショート。
登場するそれぞれ教師らひととおりが、カラーで見れます。
それぞれ特徴も示されており、単行本のオープニングに相応しい内容でした。
描き下ろしみたいだけど、違うのね。

007:「バスケットカウント」
こちらはバスケット部顧問の「椎名美樹」
「美樹さん」のポイントはスパッツですね。
お相手の男子「結城」くんは眼鏡でしたが、彼女のみ唯一眼鏡ではありません。

チームの要という彼は、顧問「美樹さん」のことが気になり、練習に集中できない状態。
それがためまた彼女に目をつけられ、居残りにされてしまうという日々が続いていました。
そんなある日、ちょっとした切っ掛けで…という流れ。

まぁ、不可抗力とはいえ、実に良い態勢になっちゃってましたね。
ショートカットで、どこかボーイッシュでもある「美樹さん」
そんな彼女が、えっちに突入した途端に可愛らしくなってしまうのでした。
羨ましいぞ。

顧問「椎名美樹」、速水さん
※左:顧問「椎名美樹」、右:速水さん
 「美樹さん」は後半いじられっぱなしでしたよ。

025:「進路指導」
↓表紙を飾る、メインヒロインと言うべき教師「神代忍」
「忍さん」は黒手袋ですねー。
確かにえっちなアイテムかも。

気になる男子「桐沢亮輔」を、半ば脅してえっちに持ち込むという流れでした。
それがため、後半はトンデモないこととなります。
いや、もの凄い教師ですねー。
なお、ちらほら「美樹さん」らカップルも登場しており、順調な交際っぷりを見せてくれます。

047:「豹変の時」
国語担当で、物腰柔らかな教師「速水」さん。
彼女は黒パンストですよ。

ある切っ掛けから、「平瀬」くんと仲を深めていた彼女は、やがて告白。
生徒と付き合うようになったんですが…なぜか最後までは許してくれないのでした。

そんな訳で、「平瀬くん」は先の「結城くん」・「亮輔くん」に相談を持ちかけているんですけれど。
どっちも特殊な流れであったため、参考にならないというのが可笑しいです。
登場ヒロインで、もっとも可愛らしく描かれる「速水さん」なんですが。
エロいですね。
あんなんしておいて、
いけませんッ
というのは、逆の意味と考えて良いのでしょう。
後半のスイッチ入ってからが本番です。

075:「追憶」
093:「絡み合う想い」 前後編
お嬢様っぽい、未亡人な教師「八神春香」
三回忌というエピソード「追憶」では、やっぱり喪服ですかね。

彼女と関わるのは、なんと「進路指導」から登場している「亮輔くん」
そのため、「忍さん」をも巻き込む三角関係になるのでした。
まあ、「忍さん」との切っ掛けがあんなんでしたから、穏やかな「春香さん」に傾倒するのも無理からぬこと。
どうなってしまうのか、ドキドキご覧ください

単行本ではお話的にクライマックスというべき3話。
「忍さん」がなにゆえ「亮輔くん」を意識するようになったのか描かれてます。
先の「進路指導」ではちょっと伝わりづらかった、改ざん部分のフォローもありました。

149:「聖女の受難」
理事長「摩利亜」さん。
彼女はシスター服での複数ですよ。

「美樹さん」らの野外プレイを目撃した「摩利亜さん」は、2人を自宅謹慎処分としたんですが…。
肯定派な生徒らにえっちされるというもの。
コメディーしていたオチが可笑しいです。

175:「卒業」
そんな訳で最終話。
これまでのキャラが総出演して大乱交となる、成年漫画らしい最終話でした。
集合したキャラの掛け合いが良いですね。
カップル異なるえっちが、なんだかスワッピングちっくでした。

八神春香、理事長「摩利亜」
※左:八神春香、右:理事長「摩利亜」
 「春香さん」は漫画での重要キャラでした。

★絵柄

そうコテコテはしていないんですが。
髪・服装などの黒が強く、ポイントになっていました。
描き込みもやや細かめ。
ただ、全体的な濃淡としては、そう濃くはありません。
それなりに白比率もあります。
見辛くはないでしょう。

さらりと流しているようなタッチで、キャラ絵は縦に長く大きめ。
コマ割りも同様で、迫力がありました。
どっちかというとリアル寄りで、色気のあるアダルト絵。
デフォルメされてます
独特ですね。

そうした癖がためか、乱れ・崩れを感じる個所もあり。
表現など分からないまではないものの、引っ掛かることはありました。
きっちり人を選ぶタイプでしょう
ぶっちゃけ、ひでるさんはあまり得意ではありません。
ヒット出版社」さんのHPでは原稿のサンプルと、「絡み合う想い 前編」が立ち読めたので、判断には最適。
あらかじめ確認しておくのがベストかと。

★その他

描かれていのはる「中寺明良」センセ。
これが2冊目なのかな。
ひでるさんはコチラが初見…かと思っていたんですが、初単行本「彼女と姉の二重螺旋」を取り上げていました。
…あ、そちらはまったく刺さってないですね。
自分自身で驚き。
でも発売は07年と、相当に前のことですからねー。

前述したように、絵柄は好みではありません。
↓表紙を見た際も、スルーな1冊という感覚でした。
それがなぜ手に取ったかというと、お名前。
ああ、なんだか記憶にあるかなぁ、って感じたの。
結局のとこ、「憧明良」センセとの勘違いでした。(←ちなみに、リンク先の漫画も教師モノ)
”明良”に引っかかったんですね。

女教師の恋愛事情~私、教え子としちゃいました (セラフィンコミックス)女教師の恋愛事情~私、教え子としちゃいました (セラフィンコミックス)
(2011/11/18)
中寺 明良

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スワッピング コメディー ショートカット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。