FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■レイズデイズ (椋蔵)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]恋愛・同一世界
・おまけ: カバー裏に4コマ。
・その他: 短編×9(うち「チグハグ」×3、
      「レイズデイズ」×3、「プライベイトビートアイ」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椋蔵(りょうぞう)」センセの「レイズデイズ」です。

最近よく聞かれる、「TPP」という単語。
だいたい半数くらいはまだよく分かっていないのだとか。
ひでるさんもそんなんでした。
ただ、最近はTVとかネットとか、あちこちで賛否どちらも解説があり…なんとなく見えてきたような気が。

参加は反対。

そんな結論。
どうしてもと言うなら、ちゃんと総選挙してからやって下さい。
今後を左右する、かなり重要な事柄だと思います。


主任「花井千草」
※主任「花井千草」
 「美人でしょッ?」というのが、いかにも彼女らしくて好き。


■レイズデイズ (椋蔵)


★構成・概要 一般ラブコメ

さて、そんな話は置いといて、本日は「レイズデイズ」です。
えっちシーンのある、一般向け単行本。
登場人物は、皆さん年齢高め
そのため、ラブコメだと、なんだか軽い印象ですね。
やや大仰な気もしますが、”恋愛ストーリー”のが、しっくりくる感じ。

単行本は3本のストーリーによる構成。
どちらもキッチリ3話づつの中編であり、読み応えあります。
しかも、それぞれお話のタイプがまったく異なっているのです。
変化あって、飽きません。

また、各エピソードは、前巻「イロドリ COLORFUL DREAMS」と時と同じく、全て同じ世界観になっていました。
それぞれはごく近所らしく、同じ酒場、マスターがゲスト出演しております。
お話的には直接関係してないんですけどね。

重要な事がもう1つ
その前巻を知っていると…”何らか気付くこと”があるかもしれません。
ひでるさんは、カバー裏を見るまで完全にスルーしてしまいましたが。
台詞にて、
ブチョーのイケズ~~ッ!
とかなんとか、ヒントがありましたよ。

改めて読み返すと、あの回は前巻から読んでいる人への”ありがとうキャンペーン”みたいなもの。
若手映画監督「瀬戸千歳」、その元恋人「水戸琴美」って、そのまんまでしたね。
いきなりこちら単行本からでも問題ないですが、知っていればより楽しめると思います

★収録話 9話収録

005:「チグハグ」 3話
仕事のできる「花井千草」と、学生時代の後輩「葉栗十樹」のカップル。
会社では主任という「千草さん」は、オフィスでも引っ張りだこという忙しい方。
そんな彼女に学生時代告白していた「葉栗くん」はあっさりフラれているんですが、
下僕としてなら…
ということで、社会人となった現在でも付き合いは続いていたのです。

両極端な2人のエピソード。
学生時代から友人のような関係になっていた2人が、晴れて恋人同士となるのが1話目。
フラれた彼を慰める…というか、おちょくっていた「千草さん」
落ち着いた後の彼女が良いですね。
下僕となっていた甲斐があったというものです。
相手はずっと憧れていた存在ですから。
もしもかしたら実際にあるかもしれない、良いお話でした。

そんな「葉栗くん」は仕事さっぱりで、「千草さん」との差を感じるという2話目。
ああ、コレは分かるなぁ。
やっぱり男性のが収入とか何とか気にしますよね。
ヒモとか言われたりするし。

そんな状況下でしたが、後半のアレは格好よかった。
それを受けた「千草さん」がまた良いですよ。

そんな2人がどうなるか~というラストの3話目。
ラブラブな「千草さん」が可愛いです。
ただ、ああしたもんですよね。
オチはなんだかじわーっときます。
良く流れればいいですねー。

「鳥居璃音」・「奥田晶」
※「鳥居璃音」・「奥田晶」
 こんな2人が登場します。あの後はどうなるんでしょうねー。

065:「レイズデイズ」 3話
表題作は「安西玲司」と、「鳥居璃音」・「奥田晶」というWヒロインのお話。
”アキラに振られた”
そんな訳で、泥酔状態の「璃音さん」を発見した、お隣さんの「玲司くん」
前々から彼女を気にしていた彼は、これを切っ掛けにと告白・えっち直前にまで持ち込むんですが…。
彼女の言っていた”アキラ”という「晶さん」は、実は女性だったのです。

なかなかややこしいこととなる三角関係なエピソード。
1話目の冒頭は、もともとカラー原稿ですよね。
白黒での収録が実に残念です
あー、勿体ない。
えっちからの急転直下で掴み良く、そこから紐解いていくような流れ。
実際にこんなんありそう。

その正体と共に、「晶さん」が登場する2話目。
タイトル表題となってますが、↓表紙の2人が「璃音さん」・「晶さん」なんですね。
彼女登場しつつも、「璃音さん」は裸エプロンで「玲司くん」を出迎えるなど、ラブラブ。
…なんですが。
ちょっとオチにてゾッとするお話でした。
どんなんかは秘密。
そんな訳で、直接続く3話目も詳細に描き辛いんですが。
とりあえず「晶さん」も脱いでます。
こちらもオチが良いので、お楽しみに。

129:「プライベイトビートアイ」 3話
テンション高く若いヒロインと、落ち着いた年上男性のお話ですね。
探偵事務所の「杉本卓人」の元に、いきなり押し掛けてきた「時田芹夏」
所員の如く振舞った彼女は、えっちしてもらうよう依頼するのでした…。

はっちゃけた、可愛らしい「芹夏さん」の真意が描かれる展開。
1年~」という台詞があり。
また、ラブコメちっくな中にちらほら見えるシリアス描写がため、深さもあります。
泣いちゃうのはズルいなぁ。
いいお話でした。

オチから続いているような、メイド服の「芹夏さん」がオープニングの2話目。
こちらは逆に前半のシリアスがどかーんとひっくり返される、コメディー
えっちはメイド服なままだったので、好きな方は小躍り下さい。
ラスト3話目は、前述しているように、”前巻から読んでくれてありがとうキャンペーン”みたいな回。
展開的に、ようやくマスターが顔を出せましたねー。
ややソッチに引っ張られた感じもありますが、「卓人くん」のためには必要だったかも。

時田芹夏
※時田芹夏
 ショートカットの可愛い娘さんでした。

★絵柄

全体的にこざっぱりとしてます。
描き込みはどちらかというとスッキリ目。
ページはちょっと賑やかな感じでした。
しっかりと色はついていますが、濃淡としてはやや薄め。

細線でさらりと描かれており、やや不安な感じもあります。
そう乱れ・崩れがある訳でもないんですが。
なんだろ、線が頼りないというか、そうした感覚。

だいたいは↓表紙そのままの、すらりとしたキャラ絵。
漫画っぽくはあるものの、リアル寄りですね。
カラーはかなりお上手なので、白黒絵のが微妙に弱いかなー。
竹書房」さんのサイトにて「チグハグ」がちょろっと立ち読めるので、参考にして見て下さい。

★その他

つい先日に成年向け単行本「グケグテ  GKGT」を出されたばかりの「椋蔵」センセ。
立て続けの単行本作業、お疲れ様でした。

ブログではほかに成年系「ラブトライク」、こちらと同じ「竹書房」さんからの一般向け「イロドリ COLORFUL DREAMS」などをやってます。
こちらで4冊目みたい。

先の紹介時に、”一般えっちが合っているのでは~”と書きましたが、今回のを見て確信しました。
濃厚なエロス、ツボをついたフェチ描写…など、成年的な要素は目立ちません。
絵柄・お話は爽やかにまとまっており、そうしたものは不必要。
「椋蔵」センセは一般えっちだと思います

レイズデイズ  (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)レイズデイズ  (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)
(2011/10/27)
椋蔵

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。