FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■湯~っくりシてね (板場広志)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]ラブコメ・温泉
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろし漫画(4P)
・その他: カラー(4P)、9話+描き下ろし収録、
      現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「板場広志(いたば・ひろし)」センセの「湯~っくりシてね 1巻」です。

柴犬とかの血が入った、雑種だと思うんですが。
飲食店の前に、犬が繋がれていたんですね。
キチンとお座りして、主人が出てくるのをじっと待ってるのよ。
周囲には人が多く、わさわさなっている中。
微動だにせず、じーっとしてました。

噂程度にしか知りませんけど、なんだかハチ公な感覚。
やっぱり犬はいいですねー。
あーもきっちりしつけするのは、なかなか大変だと思いますが。


湯~っくりシてね・ヒロインズ
※湯~っくりシてね・ヒロインズ
 この2人がまたそれぞれ良いキャラでした。

■湯~っくりシてね 1巻 (板場広志)

★構成・概要 一般ラブコメ

さて、本日は「湯~っくりシてね 1巻」です。
巻数表記そのまま、2巻以降へと続く長編ストーリーでした。

タイトル通りに、温泉を舞台としたお話。
ぱっと裸を出しやすいためか、こうした一般えっち系ではちらほら見かけるネタですよね。
…ただし。
こちらは、そうしたセオリーなものとは、また一味も二味も違った、高い完成度の漫画に仕上がっています

いや、さすがは「板場広志」センセ!

初単行本から代表作となった「マウス」まで、ちらほらセンセの漫画を読んできましたが。
今回の「湯~っくりシてね」は、個人的にはもっとも刺さった1冊です
オススメ。

★収録話 9話収録

”混浴すると幸せになる”
そうした噂のある、混浴露天風呂が売りという温泉旅館「千歳屋」
サラリーマンを辞めた主人公「松野」の再就職先そちらでした。
評判から、特にカップルや新婚さんの穴場として人気があり、それがために職場は刺激的だったのです。
若い男性従業員がなかなか長続きしない中、うまく「松野」は馴染んでおり。
また、傾いていた経営を立て直したヤリ手の女将「千倉那奈」にも気に入られ、彼女と共に旅館を盛り上げていくのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

温泉ラブコメな漫画です。
よくあるのは、落ち目であるものの、老舗な温泉旅館が、主人公の頑張りによって再建していくもの。
あるいは、女将さんがえっちに活躍するパターンかなー。
金持ちなライバルが登場したりするのよ。

その点、今回の「湯~っくりシてね」は、開始から既に再建された状態。
非常に珍しいアプローチです
ヒロイン「那奈さん」は問題ある旅館を譲り受け、見事に半年間も黒字にしている、優れた経営手腕のキャラとして描かれてました。
作中で描かれているアレコレは、フィクションならではのリアルさがあり
現実には実現できないでしょうけど、そう嘘くさく見えないところが凄いですね。
また、旅館「千歳屋」だけでなく、ホテル「千歳ロイヤルホテル」の支配人でもあります。
凄いですね。
作中でも客は多く(←あちこちでイチャイチャしてる)、かなり繁盛してました。
そのため、ズブな素人である主人公が雇われている冒頭もごく自然なこと。

そのように女将さんが活躍しているので。
主人公「松野くん」は、仕事面ではそう目立っておりません。
地道な仕事をキッチリして信頼を得ていたほか、「那奈さん」のサポートとして存在感を発揮しています。
多忙な彼女の精神面を支えてる感じですよ。
えっちのお相手もそんなん。
彼自身はラブい感覚あるでしょうけど、「那奈さん」はまだ気持ち弱いかなー。
そのため、今のところラブ描写は控えめです。
2巻以降でしょう。
また、コメディーもそう目立つほどではなく、えっちは一般系ながらセンセらしくド派手
漫画のバランスは、丁度良いと思います。

社長「井之元はるか」
※社長「井之元はるか」
 がんばってましたね。左の浮かない表情の理由は…。

003:第1湯
白黒では「那奈さん」黒髪でしたが、カラー原稿では薄いブラウン。
↓表紙よりも色素柔らかでした。
別人みたいなので、ココは濃い方が良かったなぁ。
混浴温泉にて「那奈さん」とお風呂一緒になり、周囲の影響もあってか、えっちに至っております。
背丈小さく可愛らしい設定(※でも巨乳)でしたが、気はかなり強く。
えっちも、「松野くん」に手を出させた、ような風情です。

027:第2湯
周囲についての説明もあり、前回補足のようなお話。
丁寧ですね。
こちらは和服えっちです。
部屋に誘うなど仲は進展しましたが、まだ親しい遊び相手的ですかね。

049:第3湯
「千歳ロイヤルホテル」に歌手「内田ヒカル」が宿泊する、ゲストを交えた始めての回。
そうだ、旅館客を交えることで、ヒロインに変化をつけたり、シチュエーションに幅もたせたりできますわね。
百合えっちとか、狭い中でのえっちなどのプレイが確認できましたよ。
なお、こちらはホテルでのエピソードであり、「那奈さん」は初のスーツ姿。
白なそちらに対する、下着の黒さが眩しいです。

071:第4湯
前話にちらりと顔見せしていた、「那奈さん」のライバル・井之元グループ社長「井之元はるか」・「桑島」のコンビにスポットを当てた1話です。
こうした話には必須の、お金持ちキャラ。
1巻では”Wヒロインのもう1人”、というくらいに出番多く、内面まで掘り下げられていました。
常に付き従う「桑島くん」に見せる素の表情とか、甘えっぷりが実に可愛らしく
人気出そう。

093:第5湯
115:第6湯
135:第7湯
そんな「はるかさん」が進めていた、街の事業計画についてのお話が5話。
収録のうち7話までが、それに関するエピソードとなっております。
ここの完成度が高いんですね
ネタ的には、ラストにあっても不思議でないほどでした。

仕切る「はるかさん」は前回に女性らしい弱さも見せており。
よくありがちな、”無理やりにでも計画進めようとする”というキャラではありません。
キチンと温泉街の皆にも賛同を得ており、残るは「那奈さん」だけという状態。
「桑島くん」が特に優れているというのもありそうですが、彼女にも人望・手腕はあり。
「那奈さん」には、わざわざ直接打ち明けてます。
彼女を認めており、またそんな彼女に認められたかったのかなー。
不安をたっぷり抱えていた、というのもあると思います。

ここで「那奈さん」がどんな対案を出すのか、また「はるかさん」がどうするのか、ぜひ本編にてご確認下さい
皆さん優しいですね。
特に7話はそんな感じでした。
ひでるさんはこの温泉街とまったく無関係な人間(漫画だしね)ですが、なんだかじーんときました
いや、大げさでなく、本当に。
なお、ヒロイン両名「那奈さん」・「はるかさん」らは、露天風呂えっちで頑張っております。

157:第8湯
仕事では上司・部下の関係で、プライベートでは夫婦という「佐山」さんカップルのお話。
久しぶりにゲストの登場回です。
前半にあった、「那奈さん」の廊下えっちが好き。

179:第9湯
収録でのラストは、新キャラ「堂森砂裕美」ちゃんの登場回です。
番頭さんの姪っ子で、女将「那奈さん」にとって妹的な存在。
1話にあった、この旅館は特殊だよーという様が再び描かれていました。
彼女視点で基本に立ち返る感覚。
お話の再認識として有効だと思いますが、巻のラスト話としてはやや弱めな印象。
他が良かっただけに、ね。

描き下ろしでは、Wヒロイン「那奈さん」・「はるかさん」でした。
この2人のやり取りが非常に良いので、次巻で描かれるだろう「砂裕美ちゃん」が、ヒロインのもう1角となれるかがカギかな。

女将「千倉那奈」
※女将「千倉那奈」
 温泉えっちはお手の物。けっこう野外でシテますね。

★絵柄

線は強く、また濃淡でも黒が目立つ作画。
描き込みも細かめで、またごっちゃり描かれるため、味わいは濃厚でした。
特にえっちシーンは、ページ全体をフルに利用したような描写になってます。
派手でしたねー
一般系の枠は越えぬ(たぶん)まま、そこらの成年系よりエロス度合いは高くなってます
やはりお上手ですよ。
癖はあるものの漫画は巧く、引っ掛かる部分はありません。
↓表紙などに違和感なければ、まったく問題ないでしょう。
竹書房」さんのHPでは原稿をチラ見することができたので、事前の参考になるかと。

★その他

そんな訳で、本日は「板場広志」センセでした。
ブログでも過去にちらほら書いてますが。
一般系だと、お得意の”振り切れるようなハード描写”がなく安心(笑)
ひでるさん、あまり得意ではないので。
今回の単行本を手に取ったのは、ぶっちゃけ成年ではないためです。

タイトルから、温泉モノというのは想像ができました。
前述したようにネタはありがちななものですけど、「板場広志」センセであれば…巧くまとめるだろうなぁ、って。
まさか、ココまでの完成度とは、想像しませんでしたが。

特に1巻は7話までがすこぶる優れた出来栄え
このまま完結しても良かったくらい。
続く8、9話がなんだか蛇足に感じるほどでしたが…2巻がどうなるのか、楽しみに待ちたいと思います。

湯~っくりシてね ? (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)湯~っくりシてね ? (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)
(2011/10/27)
板場 広志

商品詳細を見る


★板場広志(板場広し)センセの漫画紹介記事
ヨくあるハ・ナ・シ] 一般
 ガッチリと落ち着いた短編集。
シカクのセンセ!] 一般
 カルチャースクール「イカリ学園」を舞台としたラブコメ長編。
姉系] 成年
 姉妹の漫画集。4話の倒錯えっち中編「汗と肌の味」を収録。
嫌い=好き] 成年
 図書館えっちな4話の表題作を収録。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー サラリーマン

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。