FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Illusion Girls (イリュージョンガールズ) (アシオミマサト)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]お姉さん・むちむち
・おまけ: あとがき、イラスト。
・その他: カラー(4P)、短編×8
      (うち「Vampire Girl」×3、「Flower Road」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「アシオミマサト」センセの「Illusion Girls (イリュージョンガールズ)」です。

例によってくだらん話から。
先日ネットの情報を見て店を予約したんです。
半個室みたいな写真がチョイスの決め手でした。
…が。
案内されたのは、そうしたコーナーをスルーして、普通のテーブル席。
あれれ。
別に店内は混んでおらず、バッチリ空いていたんですが。
さて、なぜでしょう?

…って、クイズちっくにしてみましたが。

帰り際によくよく確認して納得。
なんちゃーない、そっちには灰皿があったんですね。
単なる喫煙席だった、というわけ。(ひでるさんはタバコ吸いません)
もう、そう書いといてよー。


ヴァンパイアさん・保奈美さん
※ヴァンパイアさん・保奈美さん
 この体操服シーンが好き。こうした記憶は皆あるのでは?

■Illusion Girls (イリュージョンガールズ) (アシオミマサト)

★構成・概要 成年・オムニバス

本日は「Illusion Girls」です。
紹介帯とか↓表紙などには、特に何も書かれていませんでしたが…。
これは前巻「DREAM CHANNEL [ドリームチャンネル]」から続く単行本。
そちら巻末にて、”もう少し続く~”とあったソレですね。

セーラー服にハンチング帽という、アンティークショップの店員、通称「ショップ店員」さん(※センセがあとがきでそう呼んでいたので、名称統一)が顔を見せる、オムニバスなお話群。
扱う商品は、”訪れた男女の願いを叶える”という、不思議な効果があったのでした。

なんらか不可思議な出来事の起こる、ファンタジーちっくなエピソード群。
SFとまで大げさなものでなく、ラブコメというほど軽くはなく、恋愛話とも…ちーと違うのかな。
落ち着きのあるえっちおとぎ話、みたいな風情でした。

なお、基本はオムニバスですが、収録にはガッチリと続くエピソードもあります。
「ショップ店員さん」の基本設定を含め、前巻から読むのをオススメしておきます。
こちらからでもダメってほどではないものの、ちらほら分かり辛いかと。

収録話数としては見ての通りに少なめですが、各話は20から30とページたっぷり。
読み応えあります。
まぁ、センセはシチュエーションとお話がキラリと光る方なので、その構成で正解でしょう。
前巻では、前後編話にうっかり泣かされてしまいました(本当)が、今回はそれほど感涙なお話なく。
ちょっと残念な気も。

ただ、メインの連続話は、犯人…じゃないか、謎に包まれたヒロインを探すという、エロスと緊張感のある傑作
ドキドキでしたよ。
彼、最後に亡くなるのでは~とか、ひでるさんはブラックに考えましたけど。

ちなみに。
もくじでは「あとがき①」と書かれていますが、金髪ヴァンパイアさんと「ショップ店員さん」のイラストだけでした。
個人的にはもう少しセンセのあれこれ裏話が聞きたかったんですけどねー。

★収録話 8話収録

003:「Vampire Girl」 3話 カラー原稿あり
こちらが今回のメイン話ですね。
成年漫画らしく、たっぷりなえっちと、ミステリアスな女性の正体を探るという、サスペンスちっくな色もありました。

主人公「野中」を悩ませている、とある夢。
どこかで見たような場所にて、何か記憶あるような雰囲気のゲームキャラに、ただ一方的にえっちされるというもの。
気になるのは、彼女が「コウソク」という親しい友人しか知り得ないあだ名を呼んでいること、自分が部活ユニフォームを着ていること。
しかも、一度だけでなく毎夜必ず夢に現れ、彼を貪っていたのです。
ある夜に、ふと気になる一言を残した彼女。
いくつかのキーワードを追っていくうち、「野中」は自らの中学生時代に鍵があると掴んだのでした。
…大雑把にはそんな感じ。

金髪でムチムチなスタイルのお姉さんとのえっちがメインですね。
ヴァンパイアな彼女はもともとゲームキャラのイメージがためか、セクシーなボンテージ衣装。
あれは、たまらんねぇ(笑)
カラーでもそんなんがたっぷりと楽しめます

キーワードが揃いつつある「night2(031)」
かなり記憶がはっきりしており、ついに委員長「夢野保奈美」にたどり着いております。
詳細は伏せておきますが、中学生ですよね?
あんなん見たら…まぁ、くっきりとイメージ残るだろうなぁ
あーまで直接的・具体的ではないものの、実はひでるさん似た経験があります。
珍しく(笑)
やっぱり体操着でした。
こちらも後半は体操着(ブルマね)で、前半のヴァンパイアさんとWで楽しめる構成になってます。

ちらほら示されてはいたものの、完全に骨董品屋が示される「night3(055)」
商品はアロマでしたね。
ここはどうなるのかなー、って思っていましたが。
なるほど、なるほど!!
コレはいいです
えー、もったいないので詳細は秘密にしちゃいますが、この流れで期待される(かもしれない)ネタとなっています。
委員長バンザイ!
オチ付近で眼鏡かけますが、その組み合わせでも見たかったなー。

楓さん、愛理さん
※左:楓さん、右:愛理さん
 この赤い糸の使い方に注目。なるほど!

079:「Red strings」
タイトルそのまま、赤い糸なエピソード。
「絢介」・「楓」という幼馴染みの2人で、”友達以上恋人未満”な関係。
想いを伝えるほどの勇気がなかった「楓さん」は、いつしか赤い糸が見えるようになっていたのでした。
近いネタは以前ありましたね。
(※「えろまんがの妖精/田倉まひろ」です)
ただ、えっちに至る流れは独特
なるほど、そうするのかー。
バストトップが引っかかったりする様がエロスでした。
オチは定番ですが、イイコト言ってます。

103:「ROOMLESS LOVE -next room-」
こちらは前巻に収録された「ROOMLESS LOVE」に直接続くお話です。
義妹「恵利」とのラブラブえっちで、砂時計によって時間が止まるというファンタジーもの。
相変わらず、皆に気付かれないからと、野外でしていました。
「ショップ店員さん」も活躍してます。

123:「Change the Heart」
主人公「可奈子」は、隣に住む夫婦「幸司」・「愛理」のうち、「幸司」に強い想いを抱いておりました。
略奪愛、なんて単語にも、敏感に反応するほど思いつめていた彼女。
骨董品屋で購入したオルゴールが光った次の瞬間、彼女の意識は「愛理」と入れ替わっていたのです。

いかにも爽やかそうな「幸司くん」ですが。
下着なんてプレゼントしてますね。
こいつエロいぞー。
同化した「可奈子さん」は彼との初えっちを果たし、さらにオルゴールを使ってしまうのでした。
ブラックな考えまで抱いてしまったものの、ちゃんと気付くあたりは「アシオミマサト」センセの優しさですね。

153:「Flower Road」 前後編
亡くなった先代・三代目「桐智藤吾」の遺言が波乱を巻き起こすという、遺産相続な漫画。
こちら前後編については「ショップ店員さん」と無関係です。

先代の友人の孫で、身寄りのないところ桐智家に引き取られた、外部からの使用人「伊吹リオ」
お嬢様「花蓮(かれん)」とは、密かな想いを抱いている同士でした。
しかし、先代が残した遺言では婚約者との婚姻が遺産相続の前提。
もしも彼女に”身も心も許した相手がいた”場合は、その半分が破棄されてしまう、財産を取るか、愛を取るかというものだったのです。

大金が絡むため、やっぱりドロドロはしているんですが。
主要キャラの皆さかが爽やかで、読んでいて心地の良いエピソードになっていました

全編は状況説明と3名のメイドらとのえっち。
婚約者の存在で落ち込む「伊吹くん」を、ツインテールなメイド「千華」さんが切っ掛けとなって複数に流れていました。
当然かもしれませんが、こちらのえっちにはちゃんとした意味があり…後に裏が明かされます。
お楽しみに。
眼鏡の「茜」、ショートカットな「美蘭」も参加し、複数えっちになってます。

お話の本編である後編は、そうした前フリの総決算というべきエピソード。
遺産について詳細が書かれるのはこちら。
先代「藤吾」のお爺さんも過去描写にて顔を見せています。
こちらは、当然「花蓮さん」とのえっちなんですが、なにゆえそうなるのか、ぜひ単行本でご確認下さい。
オチは非常に温かなもの。
読後感は抜群に良く、最後にほわわーとイイ気持ちで読み終えることができます。

メイド「千華さん」
※メイド「千華さん」
 ぶっちゃけ、お嬢様より目立っていたような…。

★絵柄

特に時期の表記はなかったですが、あとがきによると「古い原稿も掲載」とありました。
もともとお上手な方ではあるものの、確かに今回はバラついてる印象です。
ちょっと不安定

うーん、絵としては前巻のがよかったなー。
前のは線が綺麗で洗練されていて、安定感もありましたから。
頻繁ではないものの、乱れ・崩れを感じるコマが…ちら、ほらと。
特に小さいコマはそうした傾向でした。

キャラはリアル系ながら可愛さあり、前回も使いましたが”プチ劇画”という風情です。
背丈のあるお姉さん絵。
やや癖がありますね。
コテコテとした色はなく、どちらかというとすっきり。
そのため、バランスが少しでも微妙になると目立ってしまう、目立ちやすいこともあるかと思います。
判断については↓裏表紙か、「ティーアイネット」さんのHPにてご確認下さい。

★その他

描かれているのは「アシオミマサト」センセ。
ブログでは他に「PINKS LINKS[ピンクス リンクス]」を紹介しています。
そちらでなく、前巻「DREAM CHANNEL [ドリームチャンネル]」の紹介時には、
”表紙はインパクト無さ過ぎ”
…とか、好き勝手に書いていましたが。
今回は実にいい感じです

黒を基調とした色使いで、服の間から見える肌色が目立ってます。
瞳や表情も妖しく、コウモリ型の抜けにはヴァンパイアな衣装が垣間見えました。
人とヴァンパイアの基本が逆でもいいかなーって思いました(笑)が、それだとジャンル勘違いするか。

なお、今回でもショップ店員さんの正体は明かされず、というか出番からして相当に少なく。
あと少しだよ…
そうした台詞があったので、次単行本くらいに何らか展開があるかなぁ。

Illusion Girls (MUJIN COMICS)Illusion Girls (MUJIN COMICS)
(2011/10/07)
アシオミ マサト

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール ファンタジー ショートカット サスペンス

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。