FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ (峠比呂)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]ラブコメファンタジー
・おまけ: 原作者あとがき。
・その他: 原作「橙乃ままれ」、小ポスター、折り返しにコメント、
       4話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「峠比呂(とうげ・ひろ)」センセの「まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ 1巻」です。

最終決戦からのお話。
ラブコメ要素もあって楽しく、なるへそーって思いました。

えー、恥ずかしながら。
ひでるさんは昔にちょろっと小説らしきものを書いていた際に、同様なネタを考えてました。
討伐パーティーは1人を残して全滅。
世界は魔王の支配下となり、半ば退屈しのぎにその生き残った1人にちょっかいかける…みたいな、もっと殺伐としたものでしたけどね。


「まおー様」と「女騎士」
※左:「まおー様」、右:「女騎士」
 まったくらしくない「まおー様」でした。

■まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ 1巻 (峠比呂)

★構成・概要 一般ラブコメ

さて、「まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ 1巻」です。
小説を原作とする単行本。
ネット発のファンタジー小説みたいですね。
ちょっと調べたところ、個人名が書かれないとのこと。
確かに漫画でもそんなんでした。

よくよくアマゾンで見てみると、こちらは「石田あきら」センセのバージョンもあるみたい。
わくわく漫画バトルですね
ちらとそっちを見ましたが、また異なる雰囲気があって、コレ読んだ後も新鮮。
ああ、こちらは…だいぶ「峠比呂」センセの優しいタッチが色濃く出てるのね。
原作などで既にイメージを持つ人は、そのあたりで好き嫌いが分かれそう。

紹介帯によると、描き下ろしの新作も発売されるのだとか。
コレかな。

まおゆう魔王勇者 エピソード1 楡の国の女魔法使い【予約特典 橙乃ままれ&toi8 書き下ろしメッセージペーパー付】まおゆう魔王勇者 エピソード1 楡の国の女魔法使い【予約特典 橙乃ままれ&toi8 書き下ろしメッセージペーパー付】
(2011/10/31)
橙乃ままれ

商品詳細を見る

人気ある作品なので、この調子でメディア展開していくのかなー。
おそらく、そのうちアニメ化もされるのだと思います。たぶん。

漫画は巻数をまたぐ長編もの。
普通にストーリー展開されるほか、世界観や経済・農法などが詳細に解説されてるのがポイント。
ただ、それもしつこくはなく。
ちょっとややこしめなエピソード群を、うまくラブコメで中和されておりました。
なるほど、面白いですよ。

★収録話 4話収録

「勇者」の成長を子供の頃から見守ってきた「魔王」
数年後、魔王城で相まみえることとなった両者。
交渉を持ちかける「魔王」に対し、
断る!!
そう言い切った「勇者」でしたが、仮面を取った「魔王」は巨乳の美少女。
しかも、らしくなく喋り続ける彼女にすっかりペースを乱された「勇者」はその話を聞くうちに…人間世界の裏側を知ることとなったのです。
こうして「魔王」に同調した「勇者」は、提示された未来に進むべく、2人で人間界へと戻るのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

基本的にはファンタジー
なにしろ、主要人物が「魔王」・「勇者」ですからね。
剣や魔法でどっかんやる描写もありましたが、バトルがそう目立つ訳でなく。
簡単には、異世界・町造りみたいな感覚。
殺伐とした感じはありません
「勇者」の周囲には女性ばかりが集まっており、「魔王」を筆頭にラブコメ色が強め。
収録のラスト4話では以前仲間だった魔法使いを探しに行くということでしたが、そちらも女性のようで。
戻った後は、よりハーレム度が高まるのだろうと思います。

003:第1話「契約」
いきなり最終決戦という1話目。
初登場時はいかにもという雰囲気でしたが…仮面を外した時点でだいぶユルい感じに。
まさか角が作り物とは思いませんでした(笑)
こうなると、完全にちょっと変わった姿な女の子ですね。
「魔王」というより、やっぱり「まおー様」ですわ。
丁寧な口調で物腰も柔らか。
小さい頃の姿とか、うずうずしているコマが実にキュートでした。
見ていて面白い人ですね。
セオリーの流れとは異なることもあってか、テキスト多め。
ただ、流れが良いためか、読むに面倒ではありませんでした。

おまけ:「まおー様」は契約主義者
※おまけ:「まおー様」は契約主義者
 コレね。うずうずしてます。…斬られるぞ。

037:第2話「ニンゲン」
2人して人間界での生活が始まる2話目。
こちらは後の主要メンバーとなる姉妹ほか、タイトル扉絵そのまま「メイド長」のお話でしょう。
周囲の世話からボケに解説まで、万能キャラですね。
オチが優しいですよ
相部屋とかなんとかのくだりが微笑ましいです。
どうにかなるには…だいぶ時間かかりそうだなー。

079:第3話「女騎士」
元パーティーのメンバーだった「女騎士」が登場する回。
修道士となっていましたが、剣術ほか回復魔法も使えるみたい。
知識あるものの、おとぼけな「まおー様」と違って、真面目なカタイキャラ。
バストサイズも正反対に描かれておりました。
お話は協力者を求めるため、修道院へと出向く流れ。
かなりまっとうな交渉をしてますね。
ほか、村長説得のくだりが好き。
有効な戦術です(笑)
最初に”駄肉”と言ったのは本人ですが、こちらでは「メイド長」に言われております。

119:第4話「魔界へ」
そこそこ町に溶け込んで、計画が軌道にのってきている4話目。
前回ちょろっとだった「女騎士」がしっかり描かれております。
特に彼女の語る「戦闘講座」は必見。
なるほど、その通りだ
実は本人も知らぬうち、色々と異名があったのが可笑しい。
「女騎士」・「まおー様」とラブラブなキャラが増えたことで、後半にはちょっと色っぽい描写が差し込まれております。
オチ前の「まおー様」が可愛いく、「女魔法使い」が加わるだろう次巻が楽しみ。

豊満な駄肉の「まおー様」
※豊満な駄肉の「まおー様」
 このコマ好きです。右が「メイド長」さん。

★絵柄

安定感ある丁寧な作画。
乱れなく、すっきりとまとまっていました。
ムダないくらいの描き込みで、濃淡も適度なくらい。
全体的に色はしっかりついているほう。
コマ枠へのおさまりもよく、バランスにも優れた、かなり見易い作画でした
「まおー様」が言われていたそのまま、キャラは幅広でふっくら。
素晴らしい谷間を見せてくれてます。
背景や小物もお話の邪魔をしないくらい。
漫画も巧く、細かに違和感もなく、この点では問題ないでしょう。
↓表紙・裏表紙のイメージにて判断下さい。

★その他

そんなこんなで、描かれているのは「峠比呂」センセです。
これが10冊目くらいになるのかな。
ブログでは、成年漫画「リボラバ!」、原作つきの連載「Candy boy」などを紹介しています。
もう…成年系には戻らないのかなー。
既に発売されている「Candy boy 2巻」も良い出来栄えで、見逃してますがゲーム原作の「ヴァルキリーコンプレックス ZERO」なども描かれており、すっかり一般漫画の方になっていますが。
あ、今回の両面ポスターは、ヒロインらの入浴シーンでした。
さすがに肝心な部分は描かれていなかったものの、表紙を開くといきなり「まおー様」の下半身が。
ちょっと、ドキドキ。
期待とは裏腹に、本編はエロス成分かなり控えめでしたけどねー。

まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ 1 (チャンピオンREDコミックス)まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ 1 (チャンピオンREDコミックス)
(2011/09/20)
橙乃 ままれ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。