FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■桃娘 ももむすめ (桃之助)

★まんがデーター [6/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : [一般]ラブコメ・お姉さん
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      イラスト、カラー描き下ろし「桃娘」
・その他: 初単行本、携帯待ち受けFLASHプレゼント、
      カラー(4P)、短編×9(うち「ももこなでしこ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「桃之助(もものすけ)」センセの「桃娘 ももむすめ」です。

知ってますか?
サントリーはBOSSの缶コーヒーにウルトラマンのグッズがついていることを!
★参照:「サントリーコーヒー ボス キャンペーン ウルトラマンシリーズコレクション
もう、コレが最高!!
1缶用が10タイプ、2缶用で5タイプだって。
コンプリートはなかなか厳しいですね。
それぞれシリーズの車については、なんとか集めたいと思います。
やっぱり「ポインター」かなー。


■桃娘 ももむすめ (桃之助)

★構成・概要 一般えっち系

こちらが初単行本。
収録は、ほぼ短編による構成です。
1話のみ連続モノありましたが、そちらは原稿時期最も古く、内容もはっちゃけた感じ。
↓表紙・裏表のイメージとは違うかなー。
ヒロインはお姉さん系が多めでしたけど、そちらから感じられるような、しっとり・官能的な雰囲気があるかというと、そうでもなく
ちょっと↓表紙が巧くハマり過ぎた感覚です。
カラー描き下ろしの「桃娘」で彼女は堪能できるものの、和服からして1人だけでした。
あまり引っ張られ過ぎないよう、ご用心。

桜木さん、橘さん
※左:桜木さん、右:橘さん
 できれば、こんな感じでまとめてほしかったですが。

★収録話 9話収録

005:「勿忘草(わすれなぐさ)」
引越しの際のアクシデントから、「壱宮」は同じアパートに住む人妻「桜木」に強い想いを抱いておりました。
仕事も手につかなくなるほどで、困惑していたところ…夜に顔を見せた彼女を押し倒してしまうのです。
これはオチにてびっくりする漫画
ううん、なるほどねぇ。
お話としては面白いものの、彼にまったく何も残っていないのは、漫画的に面白味がないような。
個人的に好きなタイプなんですが、微妙に好みとズレてしまったかと。
なお、タイトル左の数値はページ数となっています。

025:「従×属」
もともとサラリーマンだった主人公「修平」くん。
父の入院から、彼女を東京に残したまま、急遽実家の酒屋を継ぐこととなってしまったのでした。
そちらにはお手伝いの「佐藤」さんがおり、彼女とうまく稼業をこなしていたんですが…と、そんな感じ。
ちょっと無理矢理ですかね。
「修平くん」の心理描写ももう1歩、2歩という風情でした。
ツッコミ入れたい所はあちこちありますが、そんなんはやめにして。
ぴっちりと張り付いた服とかおへそはいい感じなんですが、あの下着の野暮ったいデザインが勿体なかったと思います。
タイトルは大袈裟で勘違いしそう。

045:「愛人遊戯」
雨の日に出会った、和服美人な「橘」さんとのお話。
屋敷に1人で住むミステリアスな女性で、毎日のように訪ねていた「高橋」くん。
しかし、態度を変えた彼女は別の男性を迎え入れていたのでした。
色っぽい年上女性で、↓表紙に釣り上げられた方に最も刺さりそうな短編
えっちに至る流れもいいですね。
ただ、ラストのページは、じんわり示す程度にとどめた方がまとまったかも。
しつこいかな。

067:「桃色てんぷてーしょん」
私の命令なんでも聞いてくださいね
そんな事を言う、可愛いけどミステリアスな「桃江」さんに一目惚れした「柿崎」くんのお話。
これは冒頭の流れがイマイチ。
分かり辛いまではないですが、テンポ悪いです。
また、先の「修平くん」と同様で、男性「柿崎くん」の言動も共感できるものではなく。
ヒロイン「桃江さん」も、魅力的なキャラには感じませんでした。
容姿はいいんですけどね。

085:「私ノ帰ル家」
東京でモデルとしてデピューした、幼馴染みの妹的存在「吉絵」さん。
父と共に定食屋を営む「健吾」は、突然帰省した彼女のある噂を耳にしてしまうのでした。
これも男性の心理がぶっと飛んでますね。
まるで子供以下なことをしており、ストーリーを陳腐なものにしています。
あー描くのであれば、前フリが足りないかと。
さらに、その直後である浜辺の2人がまた酷い
眼鏡な「吉絵さん」のビジュアルはいいんですが。

103:「残念なんて言わないで」
会社では眼鏡で地味な印象だった、契約社員の「山田」さん。
しかし、その素顔は可愛らしく、偶然に彼女の派手な下着を目撃していた「朝霧」くんは、忘れ物の眼鏡を届けに自ら向かったのでした。
これまた、だいぶ端折った描かれ方ですね。
眼鏡・派手な下着というポイントついて説明なく。
ドジという設定の割に多く仕事が割り振られているなど、あちこちの描写もよく分かりません。

125:「ももこなでしこ」
収録では唯一の連続モノ。
下っ端サラリーマン「真田修一」は、実は社長令嬢という噂のある「桃子」と社の皆には内緒のままこっそり結婚していました。
そんな彼に想いを寄せていた先輩「相沢あかり」
近くに住んでいた彼女は、偶然「修一」の部屋にもう1人の人影を目撃してしまったのでした。
酒の席で迫る「あかり」に対し、「修一」は…と、そんな前後編。
一般えっち漫画でありそうね。
お話の長さがため、実は社長令嬢という設定は生かし切れておらず、かといってそう長々続けるほどの雰囲気もなく。
優等生な「桃子さん」より、「あかりさん」のがこれから面白い存在になりそうでした。

桃江さん、山田さん
※左:桃江さん、右:山田さん
 後半ヒロインは可愛らしい感じですね。

★絵柄

強めな濃淡。
コマ割りは中小でやや細かく、ページは賑やかでした。
全体的に濃い目でした。
ゆったりとした曲線で、特に目立つような乱れはありません。
ただし、バランスについては微妙で崩れ気味
なんとなく…身体の割に頭が大きく見えるんですよ。
それでいて顔のパーツ配置など、窮屈そうな時があります。
個人的に、台詞と表情がしっくり感じません。
動きのある絵も弱め。
また、そう時期に差はなかったものの、古めな原稿はもっさりとしていて微妙。
新しいのは洗練されて奇麗だったので、次回に期待ですかね。

★その他

描かれている「桃之助」センセは、こちら「桃娘 ももむすめ」が初単行本。
絵柄はまとまっている方だと思います。
ただ、お話についてはどれも描き切れていない印象で、↓表紙が雰囲気あっただけ落差がありました。
もっとシンプルでもいいかなぁ。
なお、お名前がためか、あちこちに「桃」が散らばってましたね。

桃娘 (ヤングコミックコミックス)桃娘 (ヤングコミックコミックス)
(2011/09/09)
桃之助

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ サラリーマン

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。