FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ふ~ふ (源久也)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [百合]ラブコメ・いちゃいちゃ
・おまけ: あとがき漫画、合間にネタ絵、
      カバー裏に「きょうのふ~ふ」・4コマ。
・その他: 折り返しに著者近影、初単行本、
      9話+短編2話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「源久也(みなもと・ひさなり)」センセの「ふ~ふ 1巻」です。

今気付きました。
昨日前置きで「飴色紅茶館歓談」の2巻が発売されるよーという話題を書いてますが。
こっちにした方が流れスムーズでしたねー。
単行本には書店へ出す予約券も封入されていましたよ。
キャストから、漫画家「早乙女愛華」、編集者「南城詩子」ほか「小熊珠李」・「鷲塚咲雪」なんて新キャラも登場するみたいですよ。

さて、そんなこんなで本日は毎度お馴染み「百合姫コミックス」です。
発売日に見当たらなく焦りましたが、別書店で残り1冊をめでたくゲットできました。
人気なんですねー。
「ふ~ふ 1巻」です。
紹介帯の青が弱く、ぱっと見で分かり辛いんですが、”夫婦”でなく”婦婦”のこと。
そりゃー、百合漫画ですからー。

主要キャラは無論のこと、背景程度でも男子が顔を見せない、女性だけの世界でした。
(※うそだ、3話で男性らしき人物が1コマ描かれてます。7話では園児に男の子が描かれてます)
お話は9話ほどが収録され、とりあえず巻数表記そのまま2巻まで続く様子で安心。
ほか、「ツタワルコトバ」・「アナタノナマエ」というお話が収録されていました。

姫藤喜菜々・都寿美
※姫藤喜菜々・都寿美
 メインカップルです。「喜菜々さん」の髪に注目。

まずはその同時収録された2話から。
先輩「日奈久ひより(ひなぐ・ひより)」から告白され、付き合う「みや」
明け透けで「好き」を連発する小さくコロコロした「ひより」に対し、大柄で無表情、さらに口下手な「みや」
感情表現もうまくない彼女は、もっと気持ちを出したいと、ぐるぐる悩むのでした。

本編と同じく、既に完成されたカップルの百合漫画です。
セオリーでは、なかなか理解され難い関係について、お互い考え、悩み…そうした色々なものを乗り越え、晴れてカップルになるというものでした。
こちらは皆が恥ずかしくて転げ回りたくなるような、カップル後のラブラブ生活を描いたものです。
なんだっけ。
ほら、昔PCゲームで「Ribbon(リボン)」というのがあったんですが。
それが画期的だったのは、意中の娘と付き合うようになった、ラブラブなその後まで描かれているという点でした。(うろ覚え)
つかず離れず難儀しつつの末にべったりとなるカタルシスもあるんでしょうけど、こちらはベタベタです。
天敵のいない、徹底的に甘い世界をお楽しみ下さい

小さい先輩「ひよりさん」
よくSDっぽくなるコメディーちっくな娘さんで、実際に声に出して喋り倒して、くっついているのは彼女のほう。
何かと「好き」を連呼してましたが、言葉だけでなく、実は「みやちゃん」のことをよく見ておりました。
ちゃんと細かいことに気付いてる所がラブいのです。
通訳みたいな描写もありました。
あんなんで、結構照れたりするのがキュート。
わざと誤魔化したりもしてますね。
大きい後輩「みやちゃん」
漫画では彼女の視点になっています。
実際に音として声には出ていないようでしたが、心のソレはなかなか饒舌。
ぐるぐると葛藤しておりました。
まぁ、生まれ育ててきた自分のキャラをぱっと変えるのは、難しいですからねー。
ほぼ顔に感情が出ないため、矢印で、”悩んでる。”とか描かれるのが面白いのです。
相手が「ひよりさん」だからこそ続くんだろうなぁ。
本編「ふ~ふ」では合計3組のカップルが登場するんですが、そのどちらとも異なるキャラクターであり、カップルになってました。
被らないので、もしかしたらおまけ的に登場することもあるかな。
いちおう収録の合間ではメインの2人とすれ違うショート漫画が収録されていましたが。

続いて、メインの「ふ~ふ」
こちらも既に完成されたカップルの百合漫画になっていました。
先のカップルはまだ関係浅く、また「みやちゃん」のキャラがため、そう甘くはなかったですが、こちらは紆余曲折の果て(←想像)に同棲にまで行き着いた、ラブラブな百合カップル。
お互い程度を熟知しており、ボケとツッコミが機能する、安定した関係となっています。

…あ、ずらずら書いてきましたが、漫画描いている人のことをスルーしちゃってましたね。
AliceQuartet OBBLIGATO」など、ちらほら見ている「源久也」センセです。
やっぱり「源」という名前には、ドキーってしますねー。
歴史好き。
センセのHPには、”不思議なことに初コミックスです”とか書いてありました。
そうなんだ、本当に不思議。

ついに同棲することとなった「姫藤喜菜々(ひめふじ・きなな)」、「都寿美(みやこ・すみ)」のカップル。
夫婦、ではないので婦婦(ふ~ふ)となった2人は、ラブラブな日々を過ごしておりました。
さらに女性にモテモテな姉「姫藤嘉菜々(ひめふじ・かなな)」、お隣の婦婦「大守(おおもり)はやせ」、「小笠原小麦」などを交え、より賑やかになっていくのです。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

大守はやせ・小笠原小麦
※大守はやせ・小笠原小麦
 この2人はまただいぶ面白いカップルでした。

漫画はいちおう連続話。
なかなか自由に描かれており、1、2話は1ページ毎にサブタイトルのついた、ショート重ね形式。
3話から8話までは普通のストーリー調で、9話はストーリー4コマになっていました。
「源久也」センセの技術がためか、漫画のほんわかした雰囲気がためか、さして気にはならないと思います

同棲初日という1話。
ボケ担当の「喜菜々さん」と、ツッコミ担当の「寿美さん」という感じ。
「喜菜々さん」にはピンと髪がはねているんですが、たまにハートになっているので注目。
関西弁なのかな、方言な喋り方をするんですが、ふんわりとしたキャラと合って違和感ないです。
台詞が自然に頭に入ってくるようでした。
眼鏡の「寿美さん」は雰囲気そのまま抑え役ですが、えっちなのは彼女の方。
ちなみに、2人の入浴シーンはありましたが、基本的にそうした場面は描かれておりません。
よくべたべたとひっついてはいるものの、ちょっと期待しすぎないよう注意。
蒲団の上でぬいぐるみと共に泣いてる「喜菜々さん」のSD絵がキュートでした。
2話はベッドを買いに行くお話。
ちらほらオチがついており、ここはよりコメディー強め。
浴衣はいいですよね。
「寿美さん」も前回と比べ、かなりはっちゃけています。

姉「嘉菜々さん」が登場する3話。
ここでは「寿美さん」のお仕事について描かれています。
いいなぁ、在宅仕事。
作品中で最も目立つ個性があり、なんというか最強ちっくな「嘉菜々さん」
外伝「かななお姉ちゃんのバリバリ伝説。」がまた面白かったです。
仕事中の髪まとめた姿が良いですね。
お話はこれまでと違って邪魔者の存在がため、何かと荒れる「喜菜々さん」に注目。
オチの一言は納得でした。
そんなお姉ちゃんのプランで旅行に行く4話。
こちらでもバリバリ伝説でしたねー。
登場してなくても存在感を発揮していました。
意外な趣味をもつ「喜菜々さん」
たまに旅行などで、なんでだろう、みたいに考えてしまうものもありますよね。
なお、露天風呂シーンもありましたよー。

姫藤嘉菜々
※姫藤嘉菜々
 最強ですね。それがため、7話が面白い。

5話は前話オチで顔を見せていた、「はやせ」・「小麦」のメイン登場回。
背丈大小なカップルですが、「ひより」・「みや」とはまた全然異なる2人。
こちらはどっちも方言(京都と九州?)で、穏やかーな背丈大きい「はやせさん」と、激しい小柄な「小麦さん」という感じ。
メインの2人とはまた全然違う甘さが心地よいですね。
カミングアウト早ぁあっ!
の前後が好き。
続く6話も4名でのアレコレ。
「はやせさん」のお仕事は…それこそ「喜菜々さん」ではないですが、納得。
そんな流れで、後半は猫耳な展開になっていました。
お好きな人はおめでたう!

7話は姉「嘉菜々さん」の主役回。
こちらでは、後にメイン、になるだろう「白雪」さんが登場してます。
苗字は本編のキーになっているので、こちらでは伏せておきますね。
あの「嘉菜々さん」を手玉にするという、冷静沈着なキャラでした。
なるほど、アレに対抗できるのは、こうしたのかなー。
そう、こちらカップルは切っ掛けからですね。
8話はその続きで、珍しく悩む「嘉菜々さん」
「はやせ」・「小麦」のカップルも参加し、賑やかな回になっています。
お姉ちゃんが登場すると、全部持ってっちゃう感じ。
ぶっちゃけ、キャラが増えたことで主役カップルの2人がやや存在希薄になってしまったような。
きなな、お姉さん殴ってええかな?
というコマが好き。
4コマな9話。
それぞれカップルが2ページづつ、主役カップルはプラス前後2ページという割合でした。
久々で甘いですよ。
「白雪さん」がしっかり見れるのはこちら。
けっこうオモロイ方で、次が楽しみ
また、「小麦さん」の服はやっぱりという感じでした。

お姉さん殴ってええかな?
※お姉さん殴ってええかな?
 コレです。この2人はまた相性微妙そう。

やや太めのしっかりとした線の作画。
濃淡・描き込みはすっきりしていますが、軽すぎない感じ。
乱れ・崩れなく、丁寧で安定しておりました。
コメディー寄りの、可愛らしいキャラ絵。
よくSDちっくになるなど、個性は強めかと思います。
ただ、そう人を選ぶものでなく、また漫画も巧い方なので、大きな問題ではありません。
カラーでも変化ないので、↓表紙・裏表紙にてご確認ください。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: やや4コマっぽい絵ですが、特に問題ありません。
・話5: キャラの個性ですねー。普通の話も面白くなります。
・独5: ベタベタな百合漫画でしたが、こんなんもありかと。
合計:[14/15]

これは当初の予想以上に面白かったです。
次が待ち遠しいですねー。

ふ~ふ

ふ~ふ 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)


★過去に紹介した百合姫コミックス


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : 百合姫コミックス 百合漫画 コメディー ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。