FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恋と心とHの関係 (西野映一)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメ・カップル
・おまけ: おまけ4コマ劇場。
・その他: カラー(4P)、9話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「西野映一(にしの・えいいち)」センセの「恋(LOVE)と心(はぁと)とHの関係」です。

どーでもいい前置きを少々。
風呂場の電気が切れました。
しかも、買ってきたばかりの含めて、2コ連続で。
なにかの呪いでしょうか?
しかし、薄暗い中での風呂というのは…やや不気味なものですねー。
もしローソクとかあれば、ちょっぴり淫靡な雰囲気を楽しめそうなんですが。
1日1エロス、ひでるです。


さて、くだらん話はそれくらいに、本日は「恋と心とHの関係」です。
一般えっち系でお馴染み、「マンサンコミックス」からの単行本なのでした。
しっかりとしたストーリー(ある程度でも)と、多めなえっち描写で、このシリーズは信頼度高め
むろん、こちらもそんなん。
あの↓表紙に何らかを感じた方は、手を出しても大丈夫でしょう(たぶん)
なにしろ、描かれているのは「よめはいむ」、「ぴんくぐろぅあっぷれい」などを紹介している「西野映一」センセですからね。
そう際立つような目新しさはないものの、お話・絵柄ともに安定した仕上がりでした

佐野智恵理
※佐野智恵理
 全ての切っ掛けはこの方でした。

なお、お話構成がため、今回はある程度ネタばれる書き方になっちゃっています。
先に色々と知りたくない方は↓この下に進まないように
お約束な感じ強く、そうストーリーの妙を楽し漫画ではないですけどね。
本編でも、
大崎さんの相手は僕なんだけど…
とか、作品世界を上から見下ろしているような発言もあったりします。
ちょっとしたスパイスですかね。


私決めた!!処女捨てる!!
昨夜のTVに影響された「佐野智恵理」は、いきなりそんなことを言いだしました。
しかし、友人「長原鏡子」、「大崎ゆゆみ」らが意中の相手「秋坂大介」にバラし、また煽ってしまったことで、なんだか妙な空気になってしまうのです。
そんな2人を冷静な目で見ていた「鏡子」も、想い寄せる「三矢」に挑み、また「ゆゆみ」はあぶれた「高井」にお試しえっちを誘うのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

6名男女のラブコメ漫画です。
一応は連続したストーリー。
ただ、見事に3話づつでメインカップルが変更されており、それぞれ精神・肉体のどちらも通じ合うまで、が描かれていました。
個性的ではあったものの、そう突出したキャラはおらず、ごくごく無難な設定。
前述したように新鮮・派手なポイントはありませんが、しっかりとした心理描写で安定感のある1冊となってます。

えっち宣言をした「智恵理さん」が紆余曲折の末にまとまり。
触発された「鏡子さん」が色々ありつつもそれに続き。
それぞれがカップルとなったことで、あまった「ゆゆみさん」がくっつくという展開。
流れはそんなんで、カップルがバトンタッチしていくような風情でした。
いちおう繋がっているものの、同一世界、同キャラ出演のオムニバスみたいな感覚ですね。

また、6名の男女をメインとした漫画ですが、すでに相手はキッチリ決まっています。
恋愛関係での複雑なアレコレとか、揉めたりなんだりはありません。
どちらもカップル完成前なので、えっちも初めてなど、自分らのことでいっぱい・いっぱい。
それがためか、お話に入るとメイン以外のキャラはほぼ出番はなく。
まったくない訳ではないですが、絡みはごく控え目になってます。
個人的には、そのあたりが残念でした。
巻末4コマみたいに、集合した楽しさがないんだもの。

長原鏡子
※長原鏡子
 彼があんなんなので、今後も大変そう。がんばれ。

1~3話までが、中扉を1人で飾っていた「智恵理さん」と「大介くん」のエピソード。
冒頭の「鏡子さん」らは…意地悪ですね。
特に「ゆゆみさん」の一言は強烈。
天然っぽいキャラなのかと思いましたが、彼女の主役回を見る限りわざとかな。
当初の計画を崩された「智恵理さん」は置いといて、「大介くん」を決意させる切っ掛けにはなっていました。
そんな訳で、いきなり野外です。
「智恵理さん」はノーブラですか?
名前だけ出ていた男子「三矢」・「高井」が登場するのは2話から。
こちらでは友人らのサポートを受け、うまいこといってます。
その素直さが必要だわね。
前回はともかく、こちらオチであんなんなるとは思いませんでした。
…癖になっちゃうぞ。
「三矢くん」の言ってたアレはその通り。
ちょっと嬉しさあったりして(笑)

4話~6話までが、冷静沈着に見えていた「鏡子さん」
その相手は、同じく眼鏡であまり素を見せない「三矢くん」なのでした。
眼鏡で揃えないだろうと思ったんですけどねー。
皆でいる際には”アホの娘”という「智恵理さん」の存在がためか、「鏡子さん」は突っ込み役になるんですが、似たタイプの彼と一緒だと色々な表情を見せてくれますね。
そうはっちゃけた人ではないんですが。
いっぱい・いっぱいなのか。
先のカップルとは逆で、機会を逃すまいと路上えっちになる2人。
慌ただしく、間違ったりしていました。
そんな感じでお互い言葉足らずなため、身体の関係が先行して精神が追いつかないというカップルになってます。
「智恵理さん」のエピソードでも目立っていましたが、「三矢くん」は極端でややこしいキャラですね。
これは「鏡子さん」今後もやきもきさせられそうだなぁ。
彼女はなかなか敏く、ちょっとした表情から彼の心理を読んだりしてましたから。
5話オチ付近から6話冒頭あたりまでの「鏡子さん」がキュートです。
ラストにもびっくりすると思います。
アレは凄い。

大崎ゆゆみ
※大崎ゆゆみ
 見ていて面白いのは彼女。単行本前半で控え目なのはわざとかな。

7話~9話までが「ゆゆみさん」のお話。
前回に積み残された疑問の解決話から始まっております。
すっかりカップルになった2人とは裏腹に、恋愛・えっちどちらも興味ないという「ゆゆみさん」
可愛らしい容姿の彼女でしたが、ちらほら見せていた変わった部分が前面になってます。
先の2人はある意味正統派でしたが、彼女は変化球
成年漫画っぽいキャラかな。
積極的に「高井くん」を玩具としていました。
待ち合わせた際にも、彼で遊んだ後にホテルへと引っ張っていました。
たぶん、細かにデート計画立ててたと思いますよ、彼。
そんなテンションで、この先はどうなってしまうのかと思いましたが…最終話に注目です。
つい先日に見たお話と異なり、巧くまとめていたと思います。

安定感あるすっきりな絵柄。
極細の丁寧な線で、描き込みはこざっぱりとしてます。
濃淡は適度か、やや薄いくらい。
だいたいコマにおさまっており、良いまとまり。
どこか落ち着いた雰囲気あるのは、それがためかと思います。
表現などに問題はなく、特に引っかかる箇所もありません。
漫画の巧い方です。
肩幅広めなキャラは独特なバランス感覚。
ちょっと癖は強めでしょう。
カラーはまた若干見え方が異なるため、↓表紙はあまり参考になりません。
脳内でうまく線画に変換して、判断して下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: すっきりとお上手ですが、癖は強めです。
・話3: 全然悪くないですが、個人的に足りないかなー、と。
・独3: プラスなんちゃらがほしかったです。 
合計:[10/15]

なぜかスカートめくりあってる↓表紙はいい感じなんですが。
もう少し露骨にそれをアップで見せてほしかったかなー、と。
文字などもあってやや見辛いんですよー。

恋と心とHの関係 (マンサンコミックス)恋と心とHの関係 (マンサンコミックス)
(2011/08/29)
西野 映一

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。