FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■花ひら蕩ろり (鶴田文学)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・フェチ
・おまけ: あとがき漫画「鶴田文学は旧スク水のどこが好きなのか?」、
      おまけ4コマ、カバー裏に「旅は道ズレ」漫画
・その他: 短編×9(うち「旅は道ズレ」×2、「だって~だもん」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鶴田文学(つるた・ぶんがく)」センセの「花ひら蕩ろり(ハナヒラ・トロリ)」です。

文字の力は凄いですね。
こちらの単行本。
↓表紙の右上にお名前が書かれているんです。
明朝体みたいなフォントで、”文学”なんてカタイ文字なんで…いかにその下で女の子が足を広げていようとも、なんだかそれすら真面目な事のように感じます
なんとなく。
銭湯の看板娘「沢村さん」が良かった前巻「好きにしていいよ?」は、位置左下でゴシック体みたいな感じ(しかも黒抜きで赤)だったのでそうしたイメージはなかったんですが。

「沙由さん」
※沙由さん
 バジャマ姿も可愛いですが、やっぱりコチラをば。

さて、そんな訳で初心者の方も比較的買い易い(かもしれない)、「鶴田文学」センセの2冊目が発売されました。
「花ひら蕩ろり」ですね。
前巻に比べてかなり作画の安定感が増し、非常に良い感じ
まぁ、ひでるさんがこうした系統の絵が好みというのもあるんでしょうけどね。

収録は2話程度の連続モノと、短編による構成。
あとがき漫画ではスクール水着について語っておられました(※収録のうち「だって恋なんだもん?」がそんな漫画です)が、そちらを筆頭にフェチ度も高い漫画群です。
個人的に…この一門の方々とはエロスの系統がぴたーと合致しているのかもしれませんね。
表紙めくった後のカラー中扉にも、ぴきーんときましたから(笑)

そんな訳で、中扉の彼女が登場する連続話「だって怖いんだもん」、「だって恋なんだもん?」
まず「だって怖いんだもん」は里帰りしていた主人公「としちゃん」が、従姉妹「沙由」さんと留守番えっちな展開です。
怖いTV番組を見た「沙由さん」にトイレまでついてくるようお願いされた「としちゃん」
外で待っていると言う彼に、
手…つないでて
そんな事を言ってきたのでした。

いや、中までお供しますよ。
とはならないものの、当然扉を閉めることもできず…背中越しに放尿という素敵なシチュエーションになってます。
まぁ、ちょっと振り返るのは当然の行為(笑)
和式便所で、そんな彼と目が合ってしまった「沙由さん」は体勢をくずしてしまい、「としちゃん」はそれを支えるのでした。
トイレえっちですね。
お互い(彼のがそうか)思春期だろうから、あれで止めることなんてできません。
最終ページの「沙由さん」が可愛いですよ。

続く「だって恋なんだもん?」は田舎の定番である、川遊び編です。
ノスタルジーですねー。
先のエピソードは漫画内では昨日のこと。
着替えの際に目線が合い、ドキドキしておりました。
「としちゃん」側からはいちおう隠れてると思いますが、漫画のアングルは逆視点なので…モロ見えです。
この一連のコマが非常に良いです。
また、それを経てのスクール水着がまた素敵で無敵。
えっち展開になってしまうのも、無理からぬことでしょう。
「沙由さん」はちょっとトロそうな雰囲気がいいですねー。

部屋:「瀬尾加奈子」
※部屋の状況:「瀬尾加奈子」
 「加奈子さん」は大胆でした。こんなんもいいんですが… 

収録でのメイン、前後編の「旅は道ズレ」は修学旅行話。
旅館に着いた仲良し3人組「瀬尾加奈子」、「笹井美保」、「鈴木麻衣子」
「加奈子さん」は彼氏「井上大樹」くんのいる男子部屋に行こうともちかけ、そちらにいる「尾田」くんの事が気になっていた「美保さん」もその提案に同意し、消灯後に皆で遊びに行ったのです。
教師の見回りで、一斉に隠れたところ…「加奈子」・「大樹」のカップルを切っ掛けとして、えっちな空気になってしまうのでした。
だいたいそんなん。

付き合っているということで、いきなり彼にベタベタしている「加奈子さん」が前編のヒロイン。
彼女の性癖をなんとなく見抜いていた「大樹くん」は、2人のえっちを男子皆に見せるのでした。
んーもう
とか言いつつも始めてしまう「加奈子さん」がいいですね。
さすがに下着も可愛らしいものをチョイスしていました。
彼氏がまた若い割になかなか良い素質の持ち主で、下着だけとか言っていた彼女を言葉巧みにエロスへと導いておりました。
どんな背景あるのか知りませんが、テクニシャンでしたわ。
だから「加奈子さん」がベタ惚れなのかな。
いちおう直接は「大樹くん」とだけでしたが、結局手なり口なりで集団えっちをこなしておりました。
後編。
こちらは、教師の見回りで押し入れに隠れた「尾田」・「美保」・「麻衣子」の3名。
外(部屋)で「加奈子さん」らが始めてしまったため、そこから出るに出ずらく。
告白するチャンスであると、「麻衣子さん」が身体を張って「美保さん」を挑発するのでした。
うわ、「尾田くん」いいなぁ。
先の「加奈子さん」を含めて3名のヒロインは実に個性的
特に「麻衣子さん」の”邪魔したら怖いよ?”の台詞が良く、またもっとも普通な「美保さん」の恥ずかしがる描写が良かったです。
この3名はカバー裏でも登場し、なにゆえ↓表紙・裏表紙があんなこととなっているのかの漫画になっていました。
ぜひこれは続きが見たいですねー。
なお、「麻衣子さん」は巨乳、「美保さん」は控え目というスタイルです。

押し入れ内:「鈴木麻衣子」、「笹井美保」
※押し入れ内:「鈴木麻衣子」、「笹井美保」
 でもこっちのが羨ましいなぁ。

「恋かさね」、「あねきゅーと」の2話は、どちらもお姉さん系なお話。
うち「恋かさね」は姉の友人「冥佳」さん。
彼女に呼ばれた「祐介」くんはそこで下着からセーラー服まで女装させられてしまうのでした。
家でもお姉ちゃんの着せられた事あるし…
なるほど、彼はそうしたキャラなんですね。
えー、ネタのヒントをば。
「祐介くん」が女装すると、姉「ゆっこ」さんにソックリだそうです。
「冥佳さん」はなかなかややこしい方で、数年後のオチもなかなか微妙な空気
実に良いお話でした。
実姉に寝込みを襲われる「あねきゅーと」
お姉ちゃんとの行為を夢に見るようになり、なんとなく落ち着かない「ヒロくん」
いつもお風呂上がりに彼女から手渡されていたオレンジジュースにふと疑問を感じた彼は、飲んだふりをしていたところ…夜中にお姉ちゃんが忍びこんでいた事実を知ることとなるのです。
鼻歌まじりみたいな喋りのお姉さんが良いキャラ。
いちおう彼女なりのぎりぎりラインはあった…のかな。
そんな事をしていながら、後半ではちょっと意外なことを言っていました。
そもそもアンタが始めたんじゃない。

音楽教師「宮里」、人妻「高遠美咲」
※音楽教師「宮里」、人妻「高遠美咲」
 お姉さん系統(もう少し年上)はこんな感じ。むっちりしてます。

「大きな声はおナカから」、「宿り道」の2話はそれらよりもう少し年上なお姉さんです。
前者は眼鏡の音楽教師「宮里」さんと生徒「工藤」くん。
膝立てて腰下ろしたため、パンチラになっているコマが好き。
指導・練習とか言いつつのえっちパターン。
基本的には「宮里さん」が終始主導権を握っていましたが、暴走「工藤くん」の前後が可愛いです
「宿り道」は人妻「高遠美咲」さんとの夜間ジョギング話。
足をひねってしまった彼女を、「裕樹」くんはおんぶするのでした。
胸の感触を味わうと共に、ちゃっかりお尻に手を回しています
ああ、自分だったらどさくさ紛れにやりそう(笑)
大義名分もあるしねー。
しっかりバレていましたが。
さすが人妻。
短パンの隙間からのパンチラが良かったので、個人的には一気に脱がさないでほしかったです。
ほか、「じれったいの!」は眼鏡・みつ編みという生徒会「岩瀬栞」さん。
行事で忙しく、なかなか会えなかった後輩の彼氏「健二」くんにえっちをおねだりする展開でした。
これは体操着(ブルマ)ですね。
オチでの彼女が実にキュートなのでご期待下さい。

しっかりとした描き込みで、強めな黒。
全体の色使いはそうコテコテしておらず、適度なくらい。
優れたバランスと線に乱れがないためか、ページは見易いです。
ややふっくらとした、健康的な肉付きのヒロインら。
どっちかと言うと可愛い系統ですが、そうロリロリとばかりもしておらず、健康的なイメージ。
「鶴田文学」センセにこだわりがあるためか、随所にフェチっぽい色を感じます
そんなんがぐさーと刺されば、間違いなく楽しめるでしょう。
表現的に引っ掛かる部分もなく、服とか背景・小物に至るまで丁寧。
今回はまた安定感があり、非常に優れた1冊となっていました。
カラーだとやや白黒での良さが失われているものの、だいたいは↓表紙・裏表紙での判断で良いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 前述したように好きな系統です。安定感ありました。
・話5: どちらのエピソードも長すぎず・短くなく、良い出来栄えです。
・独4: 脱がさなくてもいいと思います。今回よりもっと。
合計:[14/15]

そう、何度も書きますが、ひでるさんの好きな系統なんですよねー。
そのため、今回の評価はやや甘めになっているかもしれません。

花ひら蕩ろり (メガストアコミックス)花ひら蕩ろり (メガストアコミックス)
(2011/08/19)
鶴田文学

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ パンチラ スクール水着 ノスタルジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。