FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■人妻さんといっしょ (東西)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]人妻・黒
・おまけ: あとがき、ゲストページ、作品解説・ラフ画、
      カバー裏にカラーリンク絵、加筆修正あり、
      描き下ろし「奥さん、花屋です! 番外編」・「人妻さん、4コマです!」
・その他: カラー(10P)、短編×7(うち「奥さん、花屋です!」×3、
      「追想の未亡人」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東西(とうざい)」センセの「人妻さんといっしょ」です。

花屋さんですか。
こうした男性はモテそうですねー。
いいなぁ。
ひでるさんは生物を選択していましたが、植物系は本気でチューリップとひまわりくらいしか知りません。
プレゼントなどの目的で花屋へ行っても、まるでちんぷんかんぷんです。
ほぼ店の方にお任せしちゃってますよ。

奥さま「あさくらさん」・よそいき
※奥さま「あさくらさん」・よそいき
 彼女の魅力にメロメロにされると思います。

そんなこんなで、花屋の男性が登場する、「人妻さんといっしょ」です。
初単行本「Incest Taboo インセストタブー」が良かった「東西」センセです。
そちらは絶妙な近親テイストにぐさー刺されましたが、今回は”清く正しい人妻えっち”という風情。
花屋に喪服姿の未亡人ですからねー。
もう、そうした趣味の方を狙い撃ちにしてきたような感じでしたよ。
あの↓表紙とかタイトルにきゅんとした(笑)人は、手を出すべき単行本です。
無論、ひでるさんもしっかり撃墜されています。

収録はメインというべき花屋さんシリーズがほぼ半分くらい。
そちらとまた違った刺さり方をするだろう未亡人シリーズが2話、そして短編という構成。
まずは2話ほど収録された短編から書いてみますね。

前巻もスポーツ系短編がありましたが、「サマーメモリーズ」はそうした風情。
合気道部の先輩「松田梅之介」くん。
転校してきた美人さんが入部したということで行ってみると、彼女は昔馴染みの「ミサキ」だったのでした。
7年ぶりという彼女とはある約束があり~と、だいたいそんな感じ。

クセっ毛なショートカットで、九州弁な「ミサキさん」
方言好きな方は小躍り下さい。
個人的には…やや台詞が読み辛く感じてしまいましたが。
強く・可愛く、魅力的ではあるんですが…1つだけすみません。
格闘技経験があるためか、スカートの下になんらか穿いているんですが…ここは多少露骨でもブルマとかスパッツで良かったのでは?
せっかくのハイキックが嬉しくないんですよー。
あるいは、ちょっと照れつつも下着のままとかのが良かったかな。
小さい頃はスパッツだったんですけどね。
そう、この短編のもう1つポイントが、幼少期の「ミサキさん」
成長前の姿が見れるので、ご期待下さい。
ただ…「東西」センセはやっぱり人妻かな、って思いました。

あ、お姉さん系もいいですよね!…という訳で、もう1つの短編「隣人はOLさん」
お隣に住む、キャリアウーマンな「桜庭」さん。
美人でスタイルも良く、「大塚アキラ」くんはその美脚によく見とれていました。
そんな頃、夜中の物音に気付いた彼がこっそり伺ってみると…トイレには何故か「桜庭さん」がいたのです。

自宅の鍵落としちゃったみたいで
と、そんな理由はいいとして。
「アキラくん」はぐっすり寝ていましたが、不用心ね。
玄関の鍵はかけとくべきだと思いますよ。
また、多少顔見知りであるとはいえ、勝手に上がる「桜庭さん」も大したものですが。
なお、この「桜庭さん」は、「Incest Taboo インセストタブー」の裏表紙に出ていた、お姉さんなのでした。



裏表紙の黒下着・眼鏡な女性は…残念ながら登場しません。
そんなんお好きな方は残念賞。
次巻の登場に期待しましょう。


確かにそんなことを書いてましたが、実際に登場するとは驚き。
「東西」センセ、ありがとうございます!
まぁ、眼鏡ではなくなっているんですけどね。
あちらのイラストのイメージより、やや若いかなーという雰囲気です。
ただ、黒下着・ガーターベルト、黒パンストの組み合わせは健在で、魅力的な脚をたっぷりと堪能できる1話になっていました。
オチにも注目。
そちらを見る限り、「アキラくん」を巡ってのなんらか裏エピソードが想像できそう。
鍵をかけてない理由がソコにあるのかも。

桜庭さん、叔母「小枝子さん」
※左:桜庭さん、右:叔母「小枝子さん」
 このトイレの「桜庭さん」の落ち着きっぷりもなにげに凄い。

お待たせしました喪服えっちなお話「追想の未亡人-五月雨-」です。
生まれつき体が弱かった叔父。
半ば邪魔者という感じで分家へ婿養子に出され、そこで1人娘「小枝子」と結婚。
しかし、なかなか体調は回復せず、献身的に介護する彼女ら夫婦を、甥の「誠一」だけが面倒を見ていました。
その頃から交流のあった叔母「小枝子」に、いつしか恋心を抱いていた彼。
就職が決まり村を出てから5年ほど経ったころ、叔父の訃報が届いたのでした。

どうにも長くなっちゃいましたが、だいたいそんなん。
冒頭からの設定部分はテキスト多く、ややめんどくさい感じ。
要するに叔母「小枝子さん」と「誠一くん」が親しかったんだよー、という部分が掴めればだいたいOKかと思います。
いちおう関係については↓コレで良い筈。

【 追想の未亡人 関係図 】

本家 長男-妻 →[子]→誠一
     ↓       
   [婿養子]    
     ↓
分家 次男(叔父)---小枝子

喪失感とか、懐かしさ・もともとの親しさがためか、「小枝子さん」のリアクションが…色々とヤバい
たぶん迷いもあるのかな。
どっちつかずであったものの、最終的には彼女からのお誘いとなっていました。
喪服とアップにした髪が最高です
他にぐだぐだした説明は不要でしょう。

カラー原稿もある続編「追想の未亡人-蝉時雨-」
前回とは裏腹な冒頭の激しいシーンで、”いったい何があったのか?”という構成になっています。
4コマでも意外な活躍をしていましたが、ああいうオヤジはいますわね。
そんなんを目撃した「誠一くん」が、誤解からあーなってしまうのはなんだか納得。
勢いの前話と違い、同居はしているものの微妙な関係ですから。
カラーでも描かれていましたが、大人しそうな服装からの黒い下着が実にセクシー
白黒原稿でのブラが見えたシーンは、ドキってしますよ。
なお、こちらは髪を束ねる、解くという両パターンの「小枝子さん」が見れるので、お楽しみに。

今回収録のメイン「奥さん、花屋です!」
こちらは本編2話と描き下ろし「奥さん、花屋です! 番外編」などが収録されています。
恋愛経験もないまま、お見合い結婚した奥さま「あさくら」さん。
奥様方の浮気だの誘惑だのという噂話に、ついていけなかったのです。
しかし、仕事が忙しい旦那との交流は薄く、毎日を退屈に過ごしていた頃、ふと花屋「いしだ」に出会ってしまったのでした。
だいたいそんな感じ。

収録の4コマとか、↑ブログの冒頭でも書きましたが。
やっぱり花屋なんですかね。
そっちかー。
あんな奥さまに誘われるというのは、大変に羨ましいことです。

そう、↓表紙を飾っている奥さまの破壊力が抜群なのよ。
落ち着いた物腰でありながら初心でリアクションが可愛く、非常に魅力的。
だいぶ距離が近かったり、おそらく本人は無自覚なままの隙も多そうな感じです。
花屋さんもギリギリまで我慢してましたねー。
元来の性格に、商売ということもあるかな。
まさか彼女があーした誘い方をするとは、意外でした。
これは抗えません。
なお、こちらは下着の色が白でしたけど、それも正解
黒じゃーないな。
当初はベランダだったので、声を我慢するところが見どころです。

奥さま「あさくらさん」
※奥さま「あさくらさん」
 もし、離婚・再婚したとしても、なんだかうまくいかないような気が…。

”あれから一度も会えてない”
そんな2話目。
あのオチからすれば、頻繁に会っていても不思議ではない感じでしたけれど、逆に奥さまの株が上がった感じよね。
1度はあーでも、やはりそう簡単に攻略できない方が素敵だと思います。
こちらはフラワーフェスティバルのイベントにて、偶然に奥さまと再会する展開。
しかも、旦那が忙しくて来れなかった、という花屋さんには願ってもないチャンスです。
ため、こちらは花屋さんからのアプローチ。
そうだ!今がチャンスだ!!
思わず、読んでいて応援したくなる感じですよ。
前回もそうでしたが、こちらでの言動も、まー可愛いですねー。

ついでに、描き下ろしの番外編。
こちらでは旦那とのツーショットで登場(顔は見えてない)です。
男性側としてはどうにもできませんわね。
こんなんは常套手段で、よくあるパターンなんですが…こう目の当たりにすると歯がゆいです。
(※ひでるさんはまっったく関係ないんですが)
漫画は、翌日会いに来てくれたという奥さまとのえっちです。
これが、ちょうど↓表紙の風情。
ガーターベルトに黒下着となっています。
そう、このシチュエーションは黒で正解
すみません、ややこしい男で(笑)

すらりと洗練された絵柄。
濃淡はやや薄め、描き込みは適当なくらいの細かさ。
丁寧でバランスにも優れているため、見易くごっちゃり感がありません。
全体的に、前巻よりも安定感が増し、落ち着いた印象でした。
漫画っぽさを残しつつも、リアル寄りなキャラが素敵。
やっぱりお姉さん~人妻という系統がぴったりかと
前述したように、今回は幼少期の描写もあったんですが…「ミサキさん」が当時から大人っぽい顔立ちだったこともあってか、ここはアンバランスな印象でした。
カラーもお上手ですね。
だいたい白黒原稿とイコールで良いですが、せっかく「ティーアイネット」さんの単行本なので、店頭では裏表紙。
余裕ある方はそちらのHPが良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 綺麗に安定していました。が、まだ上が目指せるのでは…。
・話5: 人妻系の2本ですね。定番ですが、やっぱりこんなんは良いです。
・独4: どうせならそっち系で統一してほしかったなぁ、と。
合計:[13/15]

えー、”お気付きだろうが”とありましたが…。
すみません、4コマを見るまで、全く気付きませんでした。
次回は頑張ります。

人妻さんといっしょ (MUJIN COMICS)人妻さんといっしょ (MUJIN COMICS)
(2011/08/11)
東西

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ガーターベルト ショートカット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。