FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■えろまんがの妖精 (田倉まひろ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]コメディー・貧乳
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
     カバー裏に別絵・田倉まひろ心魂のポエム、
・その他: 折り返しに「マロエちゃんエロマンガしおり」、
     短編×11。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「田倉まひろ(たくら・まひろ)」センセの「えろまんがの妖精」です。

前半戦終了です。
折り返しで3位というのは、なかなかの好位置。
らしい、ですよねー。
ぜひ後半・土壇場での巻き返しを期待したいと思います。


さて、本日はやっと出ました、「田倉まひろ」センセの新刊です。
2年半ぶりかな。
こちらの「えろまんがの妖精」で3冊目となりました。
タイトル「たくらまかん~」でなかったのが、少し残念な気もしますねー。
智沢渚優」センセの蜜色シリーズみたいにしてほしかったなぁ。

半澤つむぎ
※半澤つむぎ
 このお話は良かったです。

いきなり感想を書きますが。
やっぱり、センセの漫画は段違いで面白い
こちらは短編集なんですが、途中でだらけることもなく、最後まで一気に読み進められました。
好き嫌い分かれるタイプと思いますが、ひでるさんとしては肌にぴったり合いますね。
そんな訳で、多少評価は甘くなっているかもしれません。

今回は全て短編での収録でした。
後半には初期頃の話もあります。
センセは、”恥ずかしい”とコメントを残されていましたが…もともとお上手な方なので、そう問題ではありません。
個人的には多少もっさりしてるかな、程度の印象でした。
相変わらずなテンションの高さと、テンポの良さ。
そして独特なヒロインなど、「田倉まひろ」センセらしい作品が並んでいます。

全体的にはコメディー色が強めですかね。
そうした作品群の中、↓表紙を飾っている「半澤つむぎ」さんの「赤い糸紬」に注目。
可笑しさ・切なさにラブと感動とえっちの詰まった、非常に高い完成度な短編です。

”愛し合う者同士が結ばれるという赤い糸”
主人公「つむぎさん」は、その赤い糸が見えてしまう、特殊な能力がありました。
入学から、何かと良く接してくれる男子「錘坂(おもりさか)」に好意を持っている「つむぎさん」
しかし、自らの小指は、彼と糸が結ばれていなかったのです。
見えるだけで何もできず、過去には両親の離婚を止められなかったこともあり、彼女は物事に対して斜に構えてしまうようになっていたのでした。
だいたいそんなお話。

好意を持つ彼から告白を受け、大笑いをしている「つむぎさん」
なかなか切ない話ですねー
多く書かれている彼女の一人称が重たいです。
うっすら泣いちゃってたりするんだ、コレが。
そうした中盤あたりの表現が非常に良く、「つむぎさん」の心情がしっかり伝わってくるため、後半の展開が刺さるのです。
このままエンディングでも良さそうなところですが、タダで終わらないのが「田倉まひろ」センセ。
いいオチでした。

人外ではないですが、両目が完全に髪の毛に隠れている独特なヒロイン「日暮雪」さんの短編「バニースタイルはヴェールの奥から抉り込むようにゴー」…って、タイトル長いなぁ。
これが最新原稿のようです。
文化祭の実行委員「市居圭」に恋する「日暮雪さん」
恥ずかしがり屋で告白もできない彼女のため、クラスメイトらは出し物”コスプレ喫茶”を”バニー喫茶”と変更して、その応援をするのでした。
やり方の良し悪しは置いといて、皆さん優しいですね。
ちょぴり感激。
ヒロイン「雪さん」は切り揃えられた前髪で目が完全に隠れてるデザイン
細身の貧乳さんで、バニー衣装が通常とは違う意味でイイ感じ(笑)
なお、前髪を上げると、”破壊力高い”という可愛らしさがありました。
完全に見えない、両目見える…という彼女もいいんですが、後半に描かれていた”髪の間に片目だけ見える”みたいな「雪さん」に刺さりました。
妖怪っぽくてキュートですよね(笑)
なお、こちらもオチにもうひとネタあるので、ご期待下さい。
えっちされたまま喋っていた、褐色肌なお友達もお気に入りです。

真明ヒカリ、妖精「マロエちゃん」
※左:真明ヒカリ、右:妖精「マロエちゃん」
 強いコメディーな2話。もの凄くはっちゃけていましたよ。

冒頭の「メチャポジ魔女ステラーポポナ」、タイトルにかかる短編「ようせいさんX-RATE」の2話はコメディー系統。
前者「メチャポジ魔女ステラーポポナ」は、いわゆる魔法少女モノ。
選ばれたヒロイン「真明ヒカリ」さんが、そんなんを恥ずかしいと拒否するところがポイントになってます。
変身はオチ前でようやくという、らしい展開になってます。
(しかも、タダでは終わらない)
適格者を求めるマスコットキャラとの掛け合いが可笑しく、えっち抜きでも楽しめますよ。
特に見開き部分は良かったです。
どんなんかは秘密にしておきますが。
漫画はブルマーを求める男子生徒が悪いモノと融合し、暴走するというもの。
後半のえっちシーンは前半のそんなんとは裏腹に、なかなかドギツイ流れでした。
後者「ようせいさんX-RATE」は、成年漫画1万冊集めた男の元に、”エロマンガの妖精”こと「マロエ」ちゃんが出現する展開。
裏表紙(中表紙)が彼女ですね。
妖精さんは、”童貞を守りつつ、18~30歳の間に約4バレルの精液をエロマンガに費やすと生まれる”とのことでした。大変ですね。
コロコロと表情を変えるはっちゃけキャラで、主人公男性と絶妙な掛け合いをしておりました。
この妖精「マロエちゃん」は漫画本程度のサイズなんですが…そのままえっちしちゃうのか、これまた凄い点。
こっちもややドギツイですね。
また、あとがきに書かれていた”もやし”には驚き。
も、もやしかー!!

「サンチェとレディ」、「いとーゆふ」、「ふれあいわんわんSCHOOL」の3話は、「田倉まひろ」センセのHPによると04年頃の作品。
うち「サンチェとレディ」は初の商業作品とのこと。
お嬢様とお付きの使用人「サンチェスト」の身分違いラブコメ
そばかす・ロリ体型なお嬢様がキュートです。
収録では冒険のない、ごくスタンダードなお話だと思います。
うち、「いとーゆふ」は時代劇な漫画です。
タイトルは”糸遊”と書くそうです。
せっかくなので調べてみました。

いとゆう〔ゆふ〕 【糸遊】
1 陽炎(かげろう)。
2 「糸遊結び」の略。
(1)語源未詳で、歴史的仮名遣いを「いとゆふ」とするのは、平安時代以来の慣用。
(2)「糸遊」は和語「いとゆふ」が同義の漢語「遊糸(いうし)」(陽炎のこと)の影響を受けてできた表記。(3)晩秋の晴天の日にクモが糸を吐きながら空中を飛び、その糸が光に屈折してゆらゆらと光って見える現象が原義で、漢詩にいう遊糸もそれであるという。
(※kotobank.jpより抜粋)


カラクリ人形師「安兵衛」と、失敗作というべき「真木綿(まゆう)」の短編。
これまたイイお話。
この手のキャラは、またお上手ですね。
後半・オチ付近での「真木綿さん」がキュートでした。
うち「ふれあいわんわんSCHOOL」は眼鏡な副会長さんと小動物のような男の子のラブコメ
前半の前フリがちゃんと後半でオチとなっているのが見事です。
なお、06年頃の作品「となりの腐姉さん」はそちらと同じくショタっぽい漫画。
なかなか面白いこととなっていた中盤から、衝撃なオチに発展するのでご期待下さい。

日暮雪、お嬢様
※左:日暮雪、右:お嬢様
 キャラ的に「雪さん」も好き。バニーが可愛いですよ。

05年の「Water Splash!」はツインテールな妹「瑞奈」ちゃんの寝込み(気絶)を襲う兄という設定。
あの言い合い・ドツキ合いはレクリエーションですね。
成年漫画であるラブラブとは違うものの、仲良い兄妹だと思いますよ。
縞パンなお尻がキュートです。
収録のうち、「世紀末養老伝ババァ」は「たくらまかん展覧会」の、「ゾンビちゃんと楽しい動物園」は「たくらまかん動物園」のそれぞれ宣伝漫画です。
ババァは…遊んでますね。
当時の衝撃が蘇ってきますよ。
「アシュリンさん」は相変わらず魅力的でした。
先のババァと違ってちゃんとえっちシーンがあり、「カディンさん」も顔を見せてるのでお楽しみに。

初出はなかったものの、「田倉まひろ」センセのHPにあった年代も上に書いておきました。
最新の漫画とだいたい半分づつ。
前述したように昔から巧い方で、バランス感覚も独特なためか、そう違和感なく読めました。
細かくは、線とか描き込み具合、表現などが洗練されたかなーというくらい。
キャラは独特な雰囲気で癖あるもの。
ただ、漫画が巧いため、非常に魅力的になってます。
コメディーはわざわざ書くほどでもないくらいですが、シリアスもお上手です。
判断については、↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: いちおう収録で差があったので。
・話4: はっちゃけてます。今回はバラエティー豊かですね。
・独5: 非常に優れたテンポと勢いでした。
合計:[13/15]

ヒット出版社」さんのHPでは、なんと収録のうち「ようせいさんX-RATE」が立ち読みできました。
表題からすればメインに位置する作品だと思うんですが、いいんでしょうか?
はっちゃけていて、ヒロインは人外なので、確かにセンセの漫画が肌に合うかどうか判断の基準になるとは思いますが。

えろまんがの妖精 (セラフィンコミックス)えろまんがの妖精 (セラフィンコミックス)
(2011/07/22)
田倉 まひろ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。