FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■マキア (佐野タカシ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]サスペンスショートカット
・おまけ: あとがき、ある日のつぶやき。
・その他: 登場人物紹介、カラー(4P)、
      4話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐野タカシ(さの・たかし)」センセの「マキア 1巻」です。

今日は時間がないので、いきなり書きます。

「佐野タカシ」センセの新刊が発売されていました。
こないだの「ラブ・スタ Love&Staffing」が良く、こちらはサスペンス・ホラー”だとあったので、またまた手を伸ばしてみました。

青いイメージが目を引く↓表紙の、「マキア 1巻」です。
さらりとした肌触りの良い紙質でした。(←たぶん)
ちょっぴり透けた制服もいい感じ。
雰囲気が近いためか、宣伝がためか、裏表紙とか紹介帯には写真が使われておりました。
まぁ、別にいいんですが…ひでるさんはコレ反対
厳密に本編とはまったく無関係なので。
写真は写真、漫画は漫画。
やっぱりカット絵とかにしてくれた方がありがたいです。
こうしたのが、変に広まらないよう願います。

ヒロイン特集1:ミステリアスな「真希亜さん」
※ヒロイン特集1:ミステリアスな「真希亜さん」
 ほかヒロインも掲載してみました。「季衣さん」・「桂さん」です。

主人公「瀬名康児」はごく普通の高校生。
幼馴染みの「壱橋桂」が血だらけで倒れ、自らが拘束される中、転校したてのクラスメイト「渡澄真希亜(わたずみ・まきあ)」がふらりと立っている、異様な夢を見たのです。
それから、「桂」は一度も話したことのない「真希亜」のことが、どうにも気になってしまうのです。
誰とも口を聞かず、いつも一人でいるという彼女。
女子の間ではクラス担任「河内」との関係が噂されていたんですが、朝に貼られていた大量の隠し撮り写真によって真実であることが証明されたのです。
そんな頃、「桂」の親友「江口友美」が学校で死体となって発見されたんですが…と、だいたいそうした導入部。

夢か現実か、という”サスペンス・ホラー”な漫画です。
それが真実かどうかは置いといて、描かれてた凶器ではカッターを使用していました。
首筋をすっかーって斬っているので。
派手な血しぶきとか、そうした死体がちらほらと描かれてたりします
ホラー・ホラーした、目を背けたくなるようなほどではないと思いますが、読んだ後に背中が気になりそうな方はちょっぴり注意
(※ちなみに、ひでるさんはそうした人)
お話が果たしてファンタジーなのか、何らかのトリックで説明できる、現実に起こりえることなのか。
こうしたお話は、どういうオチになっているのかだと思います。
本当のところ、現時点では良いか悪いか判断できませんね。

ほか、この漫画の注目は何と言ってもミステリアスな美女「真希亜さん」
あー、さすがにこーしたキャラはお上手ですねー。
ショートカットでツリ目な美少女”
代表作「イケてる2人」の「小泉明」さんもそんなんですが、絶品なキャラに仕上がっています。
ジャンルもあって、敵か味方か、どっちつかずな描かれ方が、より彼女の魅力を増していました。
個人的には片目隠れる髪型も好き。
あ、眼帯な場面もありましたよー。

ヒロイン特集2:ばっさりいく「真希亜さん」
※ヒロイン特集2:ばっさりいく「真希亜さん」
 果たしてこれは現実か、それとも夢か!?

描かれてるのが「佐野タカシ」センセなので、やっぱり気になる(たぶん)のはセクシーシーン。
パンチラ程度ならば「桂さん」とか他ヒロインでも頻繁にあります。
ただ、積極的にアピールしていたのは、メインの「真希亜さん」でした。
↓表紙がぐっさー刺さった方には嬉しい仕様でしょう。
普通にバストトップも描かれ、下着姿からやんわりでしたが直接えっち描写もあります。
収録後半では、眼帯・半裸な「真希亜さん」も描かれていたので、必見です。

最後にもう1つ。
各話の合間には「twidder」というページがあります。
名前変えてますが、すっかり世の中に馴染んだ(人もいる)アレのもじりですね。
ここには時間表記と共にキャラのつぶやきが書かれており、その際の本音が伺えるようになっていました。
なるほど、これはなかなか面白い方法。
もしかしたら、お話を読み解く何らかのヒントが隠されていたり…するのかな、どうかな。
こちらも次巻に期待しましょう。

漫画がサスペンスなので、きっちり話を書いてしまうとつまんないので。
ざらりと掻い摘まむ程度に触れるようにしてみますね。

幼馴染み「桂さん」から起こされるという、ラブコメちっくな1話目。
「康児くん」の問いかけは無視し、担任「河内」には笑顔を見せておりました。
もやもやしますわねー。
朝の写真イタズラの際にちと目立つコマのあった「友美さん」が殺害。
その死体の転がる、理科室の現場を目撃した「康児くん」は何者かに頭を殴られ、そのままフェードアウトしてしまうのでした。
この後の2話目あたりから、描写が夢なのか、真実なのか曖昧になります。

プールに沈んでいた遺体は「友美さん」のものでした。
机には花が飾られ、その死は確かであるようなんですが…プール、なんですよ。
目撃したのは理科室だったのに。
しかし、使用禁止の筈のプールで普通に授業は行われており、
現場の理科室~
とか友人「坂本」が言っておりました。
事件のあったのはどちら??
体育授業では、「真希亜さん」のスクール水着姿が見られます。
全体的に「桂さん」よりも控え目なんですが、後半の描写がため印象に残るのは「真希亜さん」でしょう。
どんなんかは内緒。

ヒロイン特集3:サービスシーンの「真希亜さん」
※ヒロイン特集3:サービスシーンの「真希亜さん」
 この程度はまだ序の口ですよー。

夢かと思った出来事が現実(?)にも影響している3話目。
見つけたメモとか、「真希亜さん」の眼帯とか。
不思議に思う彼と共に、異を唱える新キャラ「三条季衣(さんじょう・きえ)」
同じクラスで、「桂さん」とも親しく会話をする彼女のことを「康児くん」は知らないのでした。
音楽を聞いてる、という設定で、常にイヤホンを耳にしている彼女。
…本当に音楽聞いてるの?
あんたの味方…かもよ?
そうした台詞で、ひでるさん的には敵キャラとして決定。
だいたい、あーした親しい奴は疑ってかかるべき。
ザラブ星人」もそうでした(笑)

どうにも色々と気になって、放課後の学校へと出掛ける彼。
あんな状況でよく行きますねー。
なぜだか「季衣さん」も姿を見せ、2人で捜索開始となっています。
ここに「真希亜さん」が登場するんですが…もう1人
結構本気で驚き
ちょっとした謎もココで解決します。
えーここから収録のラスト4話目は怒涛の展開で、ブログでは書けません。
ちょっぴりヒントは、エロとグロ。
次巻はどうなってしまうんでしょうか。

「佐野タカシ」センセはどう感じているのか知りませんが…。
コメディーもえっちも、抑えて描いて頂いたほうが個人的には好み
あまりはっちゃけた描き方でなく。
こちらはまたジャンルがため、そうした点では非常に良い感じでした。
濃淡はお話の影響でやや暗めで、描き込みは適度なくらい。
表現は的確で、シリアスなお話を邪魔していません。
やや個性は強めなんですが、漫画として特に問題はありません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: やっぱり個性あるので、いちおうこのくらいに。
・話5: オチがどうなるかは置いといて、続きが気になって仕方ないです。
・独4: 最後に謎がすっかーと解決すればいいなぁ。
合計:[13/15]

とりあえず2巻に期待。
2012年の夏とか書いてありましたが…うう、遠いのね。

マキア

マキア(1) (シリウスコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : サスペンス ショートカット スクール水着 ファンタジー パンチラ バストトップ ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。