FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■MAID GRAFFITI (ねんど。)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・メイド
・おまけ: A postscript、カバー裏にSD絵、
      合間に下描き公開・ネタ絵。
・その他: カラー(4P)、短編×10(うち「MAID GRAFFITI」×6)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ねんど。」センセの「MAID GRAFFITI」です。

せっかくなので。
ゆるゆり」のTVを見ました。
…ああした感じになるのか。
まぁ、無難な感じなんでしょうけど、その昔アニメとなった「ぼのぼの」と同じく、あの魅力は漫画ならではのものだと思いました。
なんというか、頑張っちゃってるみたいな。(←そりゃ頑張っているのだろうけど)
ほぼ台詞一言だけでしたが、「池田千歳」さんは自然に聞こえました。


さて、本日は「未成熟しょうじょ図鑑」などを紹介している「ねんど。」センセ。
最新刊は「MAID GRAFFITI」です。
表題の連続話をメインとした単行本構成。
軽いノリのコメディーな漫画群で、中編も短編も楽しい仕上がりになっていました。
各ヒロインが個性的で面白いですね。

メイド「ナナミ」・「響香」
※メイド「ナナミ」・「響香」
 何度か書いてますが、こうした配置での好みは「響香さん」です。

そんな訳で、カバーを飾っているメイドさん3名が登場する「MAID GRAFFITI」から。
こちらは6話の中編です。
家賃の滞納で、アパートを追い出された「鴨下洋」
”かわいいメイドさんと一緒に働きませんか”
そうした、住み込みの募集張り紙を発見し、さっそくそちらに向かったのでした。
到着したのは、広い庭付きのデカい屋敷。
出迎えたメイド「ナナミ」は、”急死した主人に代わって娘「月見」とメイドらを養ってくれる人を探している”と伝えたのです。
無職の「洋」はそれを断わろうとしたものの、みつ編みメイドとドール系少女につられて、結局それを承諾したのでした。

はっちゃけ・お家再興物語という漫画。
細かい突っ込みをしてしまうとキリないくらいのお話ですが、楽しくえっちな、らしい仕上がりです。
3名ほどのメイドさんが登場。
↓表紙を飾っている「ナナミさん」が初登場で、てっきり彼女がメインヒロインかと思いましたが…あまりそうした感じはないのかな。
こちらの最終話は、結構意外(←個人的に)な展開になっていました。
ひでるさんはちょっと驚き。

1話目はメイド「ナナミさん」
↑先の申し出に、無職で自信もない「洋くん」はいちおう”お試し”で承諾しています。
そんな彼にエロいことを仕掛けたのは彼女からでした。
弱気な普通っぽいメイドに見える「ナナミさん」ですが、実はえろえろな女性
なんだか、登場するたびに頭悪くなっているような気がしました。
自ら促して服を脱がさせたりしてます。
よくよく考えると、このえっちさがため「洋くん」を引き止めるのに成功しており、出迎えの人選としては最適だったかもしれません。
特に、オチから登場するメイド「響香」さんが厳しい方だったので。

そんな訳で「響香さん」がメインの2話目。
眼鏡が特徴のメイド長で、おそらく屋敷の家事・雑事をこなしているのは彼女でしょう。
「ナナミさん」と違ってえっち系には照れる、可愛らしい方でした。
控え目な胸もいい感じです。
そんな「響香さん」に指示され、向かった先は商店街のラーメン店。
仕事って…ラーメン屋のバイトじゃない。
無銭で食べに来る「月見ちゃん」・「ナナミさん」が可笑しいですよ。
「ナナミさん」はまた深夜に寝込みを襲ってきてました。
エロいなぁ。
その最中に「響香さん」が部屋に来たため、「ナナミさん」は中途半端なまま隠れたんですが…
ご主人様とあろう方が一人Hなんて言語道断です!
そう勘違いし、後を引き継ぐという展開。
うん、「響香さん」の性格から、何かしら切っ掛けないとえっちに流せないですよね。

ラーメン屋のバイトで何とかなるんだろうか?
そうした台詞のある3話目。
仕事から1週間目と書いてありましたけど、今更何を!?
ともかく、ちょっと悩む「洋くん」に対し、裸エプロンで登場した「ナナミさん」
服着るの忘れてエプロンしちゃったみたいです…
だって。
うそつけ。
しかも、朝食として持ってきているのが、カップ焼そばにコーンスープという、どっちもお湯で数分みたいな食事でした。
あのー、メイドですよね?
そうした彼女がため、朝からえっち展開となるんですが…こちらの後半にて衝撃(笑撃)の事実が明かされますので、お楽しみに。
前回「響香さん」が彼女を警戒していた理由も判明しますよ。

はぐれメイド「沙絵」、月見ちゃん
※左:はぐれメイド「沙絵」、右:月見ちゃん
 この「沙絵さん」もイイ味をだしていました。

髪を整える、「月見ちゃん」と共にラーメン屋をまわる…など、だんだん仕事に真剣になっていく「洋くん」の姿が描かれる4話目。
あ、こうした漫画(←いい意味で)の割に、ちゃんとしてるのね。
こちらにて新キャラのツインテールな「沙絵」さんが登場。
曰く「はぐれメイド」とのこと。
なんだそれ。
口も手も早い方で、よく殴られたりしてました。
お話は、深夜にスープ作りをしていた彼をコックだと勘違いし、えっちを試してみる展開です。
「響香さん」の指摘通り、口ばっかでサボってばかりのメイドなようでしたが、ストーリー的には結構重要なキャラでした。

ポイントになる5話目。
無口・無表情な「月見ちゃん」と普通に意思疎通できている描写や、中華料理屋の娘という「沙絵さん」に特訓を受けるシーンがあります。
頻繁に使われる、「麺なめんな!」という台詞が印象的でした。
なお、えっちは久しぶりに「響香さん」
またまた朝に寝起きを襲われるパターンとなってます。
そちらから続く6話目が最終話。
こうなるのか。
どんな結末になるのか、ご期待下さい。
個人的にはけっこう意外でした。
ちなみに、こちらでメイド3名が集合している描写ありましたが、「響香さん」以外が”まったく役に立ってない”ところが面白いです。
前述してますけど、「ナナミさん」は完全にはっちゃけキャラと化していました。
割るなよ。

「SWAT」はタイトルそのまま”SWATから派遣された”という女の子が、突然「佳彦」の家に入って来るというもの。
まぁ、SWATと言っても、
すっ(SU)ごいヲタ(WO)なひきこもりをあ(A)っという間にたち(TA)直らせ隊という非営利団体
なんですけどね。
余計なお世話ですよ。
エージェントの女の子は可愛らしい雰囲気ながらカギを分断して侵入しているなど、なかなか強引で犯罪ちっくでした。
ゲーム趣味な彼のため、選択肢をチョイスさせてのえっち展開。
最初の”悩みを聞いてもらう”の落とし方はいかにも「ねんど。」センセですねー。
なお、オチ部分にて先の「MAID GRAFFITI」と繋がっているんですが、そのあたりはぜひ単行本でご確認下さい。

SWATのエージェントさん、黒瀬れな
※左:SWATのエージェントさん、右:黒瀬れな
 やっぱり「れなさん」は魅力的ですね。

「迷える子羊の為の狂想組曲Part.3」は前巻「めがねでHで小生意気!」からの続き。
そっちでは表紙を飾っていたので、しっかり記憶がありました。
「ねんど。」センセの眼鏡キャラはいいですよね。
こちらは「天野」くんの住むマンションに突然「黒瀬れな」さんが訪問するというもの。
相変わらず縦横無尽っぷり。
えっち最中でもめろめろにならず、主導権を握っているのがポイントでしょう。
お話的にそうキッチリ繋がってはいないものの、やはり知っていた方が楽しいと思います。

ほか、「まなみってばちょっとgdgdしすぎなんでない?」は幼い容姿の後輩「夏木愛美」さん。
一人称が「僕」のショートカットな娘さん。
妹ちっくな彼女が、誘惑してくるような流れでした。
モトハルの物は僕の物、僕自身はモトハルの物だもん♪
いちおう冗談っぽく誤魔化していましたが、そんなラブい発言あります。
後半は可愛らしい様を見せていましたよ。
「経験」は単行本の収録ではラストになっているんですが、こちらがカラー原稿ある作品。
語尾がのびたりする、ユルりとした雰囲気でお人好しな「奈々」さん。
こちらは「正樹」くんのが好き勝手にしているんですが、「奈々さん」は特に疑ったりもせず、従順に従っていました。
えっちの流れもそんなんで、お尻とかでもされてました。
オチが面白いですね。
ツインテールのトイレ・女子マークとか。

適度な描き込みと濃淡の、すっきり絵柄。
キャラ絵は特徴的な丸っこい、可愛らしいもの。
癖はあり、ロリっぽくはあるものの、そう極端な感じでもありません。
前回も書きましたが、個人的に違和感はほぼなくなりました。
ただ、コメディー崩し部分ほか、ちらほらSD絵になるのも相変わらず
全体的にカラっと揚げたような、軽いノリな雰囲気が漂っています。
バランスや表現など漫画の描き方では引っ掛かる部分なく、良い感じ。
↓表紙など、艶々っとしたカラーはやや雰囲気が違います。
紹介帯か、あるいは裏表紙のが判断には近いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 個人的には良いですが、癖はどっちかというと強めなので。
・話4: 細かい事はおいといて、表題作が面白かったです。
・独4: センセの眼鏡なヒロインが好きです。
合計:[12/15]

可愛いだけでなく、どこか毒なり問題点なりある方が合っていると思います。
登場のメイド3名はここで終わらせるに惜しいキャラでした。

MAID GRAFFITI  (ホットミルクコミックス)MAID GRAFFITI (ホットミルクコミックス)
(2011/07/08)
ねんど。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。