FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■愛という名の支配の原理 (くりつよしひろ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]コメディー・集団
・おまけ: 四獣学院説明、描き下ろしあり。
・その他: カラー(6P)、短編×7(うち「放課後はサファリ!」×3、
       「愛という名の支配の原理」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「くりつよしひろ」センセの「愛という名の支配の原理」です。

書店で「くりつよしひろ」センセの新刊を発見。
普通に手に取ったんですが。
ふと家で見たところ、とても気になる文言が裏表紙に。

歴代ヒロイン総出演!!

うおお、まぢすか?!
収録中編の最終話には”第4回女子学生リーダー会議”というイベントがあり、そちらにて過去単行本のキャラたちがずらーっと登場しているのでした。
お祭り的な感じですねー。
前にも書いたような気がしますが、こうした歴代主人公が一斉登場するような系統は大好きなのです。
ひとつ残念だったのが、描かれた「くりつよしひろ」センセのコメントがなかったこと。
ぜひどんな感じで描いたのか、聞きたかったです。

そんな訳で、総出演なエピソードを楽しんだひでるさん。
センセの漫画が初見で、今でもお気に入りな「栗尾絵留」さんほか「少女品評会」のキャラは完璧に覚えているものの、他キャラはちらほら怪しかったりしたので、頑張って調べてみることとしました。
今回はいつもと順序を変更してお送りいたします。

河宮此葉・零宮日和・黒皇愛・黒淞まりの
※おまけ:河宮此葉・零宮日和・黒皇愛・黒淞まりの
 歴代ヒロインです。だいたいこんな感じ。

【第4回女子学生リーダー会議 調査結果】
(記号の説明:◆は単行本名とタイトル、※は所属する学園名、数字は今回の大まかな登場ページです)

聖ミュリス学院へようこそ→「聖ミュリス学院へようこそ」
※聖ミュリス学院
 「荒御門雅」生徒会長 193、199、200、221、222、223
 「黒皇愛」副会長 191、193、199、201、209、210、211、212、213

アルティメットレイプ→「黒匣華恩の冒険」・「ただいま暴走中!?」
※聖騎士団(セント・ナイツ)」学園
 「河宮此葉」生徒会長 192、199、220、221
 「零宮日和」副会長 192、205
 「エーリカ・ローザライン」書記 195、228
 「黒匣華恩」天才少女探偵 194、198、201、202、203、204、206、207、208

少女品評会→「My Fairplay Lady」
※麗皇学園
 「栗尾絵留」 194、201、214、215、216、217、218、219
 「龍造寺一城」理事長 195、196、200、201、216、229
 「右京麗矢」生徒会会長 195、200、201、、223、226、227、228
 「左京瞳」副会長 195、200、209、222、223、229
 
◆緋蜜→「求む!女の子の味方!!」
※鳳冠学園
 「魁堂桜香」生徒自治会長 193、196、201、221、229
 「黒淞まりの」 192、228

◆愛という名の支配の原理→「放課後はサファリ!」
※四獣学院
 「不死原南」生徒会長 195、219
 「羽武瞳」2年B組学級委員長 196、201

◆愛という名の支配の原理→「愛という名の支配の原理」
※英俊館学苑
 「石垣優馬」伝説な先輩 195、197、200、223、224、225、226、229、230
 「皆本凉緒」学園のアイドル 199、229

予想外に…なかなか疲れました。
特にページ数えたりするのが(笑)
いちおう、各単行本のメイン男子も顔を見せてましたけど、それはめんどくさいので省略しました。
相変わらず「ニャオン」と呼ばれている「華恩さん」とか、理事長「かずきさん(龍造寺一城)」に対して「山猿」と呼んでる「麗矢さん」など、単行本を知ってる方には嬉しくなるよな描写もあります。
個人的には…「かずきさん」は「麗皇貴須香」の姿で登場してほしかったですが。

伊達色葉、虎島早苗、舞獅子冴
※左:伊達色葉、右:虎島早苗・舞獅子冴
 こっちはタイトルからまとまり良い作品だと思います。


めでたしめでたし。
…って、まだ本編についてまったく触れてなかったので、軽く。

えー、新刊「愛という名の支配の原理」です。
なにやら哲学的っぽい雰囲気なタイトルでしたが…中身はいつもの「くりつよしひろ」センセでした。
どっかんエロい展開をお楽しみ下さい。
今回は大勢にガン見されるようなシチュエーションが多かったと思います。

収録は全3話の「放課後はサファリ!」、 全4話の「愛という名の支配の原理」という2部構成。
ちなみに↑先の歴代ヒロイン総出演なエピソードは、「愛という名の支配の原理」の最終話がソレです。

まずは前者「放課後はサファリ!」から。
消極的な草食系ばかりの男子に対し、集まった女子は皆パワフルというクラス2年B組。
なかでも、「イタッチ」こと「伊達色葉(だて・いろは)」、「舞獅子冴(まいじし・さえ)」、「虎島早苗(とらじま・さなえ)」の3名は狩猟本能を全開にしておりました。
なんのかんの言いながらもまだ経験のなかった3名は、練習と言いつつ幼馴染みの「草鹿志郎」、「宇佐木孝介」、「八木沼深一」とえっち。
関係を深めていたんですが…学級委員「羽武瞳」はカップルとなっていた3名のえっちを見学させることで、他の男子らに刺激を与えようと図ったのでした。
だいたいそんな感じ。

なるほど、生のえっち行為を見るというところまで、サファリなんですねー。
前述しました、”大勢にガン見されるようなシチュエーション”はこちらがため。
ぶっちゃけ、もうちょっと恥ずかしがってほしい気もしますが…単にえっちを見られるだけでなく、局部をガン見されたり、解説されたりしているのはエロいです。
いかにも「くりつよしひろ」センセが得意そうなジャンルになってました。

1話は先の6名がカップルとなるまで。
最初は幼馴染みの2人「色葉さん」と「志郎くん」から。
それを目撃した「冴さん」・「孝介くん」、「早苗さん」・「深一くん」らが後に続くというもの。
あれは「色葉さん」恥ずかしいだろうなぁ。
メンバーのうち「深一くん」はお尻に興味をもち、「早苗さん」は初体験でいきなりお尻をされていました。
学級委員「羽武瞳さん」登場の2話目。
教室えっちがクセになっていた「色葉さん」と「志郎くん」でしたが、いつの間にかクラスの男子がずらーと並んでいたのです。
なんのかんの言いつつも、見せてくれる「色葉さん」が素敵。
より大人数にガン見され、実況までされてます。
後から来た「冴さん」・「早苗さん」も加わり、カラー原稿のある3話目へ。
えっちを目の当たりにし、体験してみたくなったという男子3名をさらに巻き込む展開です。
どーでもいいですが、その他のクラス男子は間近で見たえっちに、やや引き気味。
うわ、本気で草食系なんですねー。
「瞳さん」の仕切りで、”3名男子とえっちしてもいい”と言ってきた「栗主」、「柴美意名(しば・みいな)」、「海星神世(みぼし・かみよ)」がさらに参加。
暗幕越しにお尻を突き出すという、これまたエロいシチュエーションでした。
何度か書いてますが、「いけないよゆう子さん/唯登詩樹」で刺さったネタと似ていて、こんなん好き
故あって、正体がバレてしまう展開もいいですねー。
後半では「瞳さん」もしっかり加わってくれました。
キャラ的に気になっていたのは彼女だったひでるさんはひと安心。
複数相手に冷静でしたよ。

学級委員「羽武瞳」
※学級委員「羽武瞳」
 お気に入りはこの娘です。

後者「愛という名の支配の原理」はWヒロイン。
”すべての男子の高嶺の花”という、先輩「石垣優馬(いしがき・ゆうま)」さん。
ただ、人に心を見せず・許さずで、いつもクールな雰囲気を漂わせているところから、いつしか「氷姫」と呼ばれていたのでした。
主人公「宮本新一」はごく普通の男子でしたが、ちょっとした切っ掛けで彼女と接触した3日後、なんと「優馬さん」からの告白を受けたのです。
さらに、学園のアイドル「皆本凉緒(みなもと・すずお)」も加わり…と、だいたいそんなお話。

支配されるのは嫌いだけど、支配するのは大好きなの!
そんな事を言っていた「優馬さん」
どういう育ち方をしたのか、基本的には普通の人っぽくありません。
ため、告白されたものの「新一くん」の扱いはペットの犬「リンド」以下。
オモチャにしてました。
基本的に強い彼女ですが、えっち最中とかたまーに可愛らしくなるのがキュートです。
また、彼女は珍しく貧乳キャラ
年始に”今年は貧乳”とかしてましたが、やっぱり流行なのかな。(←でも、漫画の発表は去年か)
ちょとキツい目の、黒髪ロングなお嬢様っぽい彼女がぺったりとした貧乳というのは、なんとも良い風情でした。
「凉緒さん」が登場するのは2話目から。
”学園のアイドル”という彼女も、ちょっと変。
マトモな女子はいないの?
3名にて、SMちっくなプレイをしております。
なんちゃら耳を装着した「優馬さん」に注目下さい。
遊園地デートな3話目。
いちおう普通のカップルっぽいこともしてるんですねー。
そりゃー、「新一くん」が待遇改善を訴えるのも当然。
遊園地の定番そのまま、観覧車えっちがあり、先の中編と同じく”大勢にガン見されるようなシチュエーション”に発展しておりました。

石垣優馬、皆本凉緒
※左:石垣優馬、右:皆本凉緒
 どちらもSちっくな方でした。

絵柄は、だいたいいつも通り。
黒の強いこってり絵柄で、よく描き込まれた局部描写が独特です。
ごっちゃりしてますね。
えっちシーンなど迫力があり、勢いで押している感じ。
歴代ヒロイン総出演のエピソードは個人的に好きな系統で楽しめましたが、細かい部分がやや雑であったのが残念です。
漫画もそうですが、絵柄についても強烈な個性があり、きっちり人を選ぶと思います。
裏表紙のカット絵とか、「ティーアイネット」さんHPを参考にして下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: いつも通りえっちな肉具合でした。
・話3: お話としては「放課後はサファリ!のがまとまってるかと。
・独5: 集団で”見てるだけで参加しない”というのが独特で良かったです。
合計:[12/15]

やっぱり”歴代ヒロイン総出演”でしょう。
まさか「少女品評会」のキャラたちの漫画が再度読めるとは思わなかったです。

愛という名の支配の原理 (MUJIN COMICS)愛という名の支配の原理 (MUJIN COMICS)
(2011/07/01)
くりつ よしひろ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。