FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■出戻り姫とニート王子 (陸乃家鴨)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]ラブコメ・母乳
・おまけ: カバー裏にあとがき、合間におまけ4コマ①②③。
・その他: 携帯待ち受けFLASHプレゼント、
       カラー(4P)、短編×8
      (うち「出戻り姫とニート王子」×5、「ガラクタOL」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陸乃家鴨(おかの・あひる)」センセの「出戻り姫とニート王子」です。

たぶん、「陸乃家鴨」センセの単行本は全部揃っていると思うんですが。
別名義「厦門潤」での本は1冊もありません。
今回、「トランスジェニック・ラボラトリ」という単行本が同時発売で、ショートカットの振り向き女の子が気になったんですが…やっぱり見送りました。

トランスジェニック・ラボラトリ (TSコミックス)トランスジェニック・ラボラトリ (TSコミックス)
(2011/06/24)
厦門 潤

商品詳細を見る

なんとなく。
いっぱい・いっぱいなんだもの。
面白かったらコッソリ教えて下さい。
(※なお、2冊購入で図書カードのプレゼント企画があります)

さて、本日は「陸乃家鴨」センセです。
ついこないだ「半熟でぃべろっぱー」を読んだばかりですが、もう新刊です。
前述の通り別名義でも単行本があったりして、まぁたくさん仕事されてますねー。
今回の「出戻り姫とニート王子」は一般のえっち系。
表題を中心に、合計3本の中・短編がまとめられた1冊になっています。

ぱっと見で、「陸乃家鴨」センセの単行本では地味な雰囲気。
(※もしかしたらそう感じてるのは私だけかもしれませんが)
ただ、表題ヒロインの設定がため、えっち度は高め
お好きな方には、オススメな1冊となってます。

藤木真琴、深田沙也可
※左:藤木真琴、右:深田沙也可
 こうしたビジネス漫画もあります。

まずは短編「君は僕の輝けるホシ」から。
彼とのえっちでは後背位が好きな「藤木真琴」さん。
その際には、いつも首筋よりちょっと上あたりにキスされていたんですが…何となく触って確かめてみると、髪の毛が生えていないポイントがあったのでした。
オフィス内を舞台としたお話。
まぁ、なんのかんの言ってましたが、カップルのラブラブえっちですわね。
昼休みの社食デート場面とか、まさにそんな感じ。
ネタがため、後半はほぼえっちシーンになっていました。
ちなみに、いかに食堂とはいえ…大声で「セックス」とか言わないように(笑)

同じくオフィスを舞台とした、前後編「ガラクタOL」
書類作れないだけでなく、コピーやお茶くみでさえ怪しい「深田沙也可」
同期「三澤」は”ガラクタOL”と命名した彼女でしたが、童顔巨乳で抜群の愛敬があり、そんな仕事っぷりでも上司のウケは非常に良かったのでした。
「三澤」と共に彼女のしわ寄せを受けていた「大久保」は、そんな彼女に嫉妬。
遅くに貴社した彼女に、枕営業の噂が本当であるのか、試してみるのでした。

裏表紙の3名なお話です。
あとがきによると、社会人経験ないという「陸乃家鴨」センセですが。
前巻「半熟でぃべろっぱー」とか、こちらのお話とか、描写の振れ幅は少なく、フィクション具合に違和感ありません。
仕事はできないものの、なんだか上司ウケがいい「沙也可さん」
ああ、こうした人いますわね。
むろん漫画なので誇張はされているんですが、なんかんのと目立つところを押さえ、巧く社会を生き抜いてるみたいな人。
クライアントのウケもいいらしいところが、より腹立たしいですよ。
あーも愛想良く振舞えないし。

前編では、「大久保くん」が夜遅くまで残業していたところ、課長と営業に出ていた「沙也可さん」が戻って来るというもの。
これまでの経緯と遅くに帰社した彼女がため、彼は変な勢いがありました。
もしかしてえっちな事しようとしてる?」
そんなリアクションだった「沙也可さん」は、どうやら満更でもないみたい。
結構彼女の後始末をしてるみたいだったので、頼りにはされていたのでしょう。
ちなみに、こちら一般漫画なのでどっちにしろ明確な描写はないんですが…彼女はパイパンだそうです。
仕事っぷりは置いといて、あちこち破壊力ある娘ですわね。
そんなんも一種の才能でしょう。

そうした経緯で、付き合うようになった2人の後編。
中盤からの集まり(食事会)にて、「大久保くん」は現実を知ることとなるのです。
うん、その気持ちはよーく分かります。
地道に頑張っていきましょう(笑)
故あって、「沙也可さん」に膝枕されるシーンがあるんですけど、その際の見上げた景色が秀逸です。
なお、こちらでは”空気の読める女”という「三澤さん」も活躍。
オチ前のアレは、さすがですね。

志東沙姫
※志東沙姫
 ビジネス仕様(左)と大学仕様(右)です。右下の矢印に注目。

もともとは読み切りだったという、「出戻り姫とニート王子」は全5話のメイン中編。
「志東沙姫」と「西田央士(にしだ・おうし)」は、家が隣同士という幼馴染み。
1年違いで、いつも「沙姫」の背中を追っていた「央士」でしたが…優秀な彼女はいわゆる”日本最高学府”へ進学したため、大学受験の失敗とともにそれすら叶わなくなってしまったのでした。
なんとか入った地元大学を卒業したものの、現在の「央士」は就職浪人中。
一方、消息すら聞かなくなっていた「沙姫」は、突然子供と共に戻ってきたのです。

チャンスじゃない、がんばりなさいよ
とか言ってた「央士くん」の母親がいいいですね。
いつの間にか、入籍・出産・離婚とひと通りを経験していた彼女。
片想いしていた彼は軽いパニックになっていましたが、それも納得です。
小さい頃の1年というのは、物凄い差ですよ。
お互いにね。
ため、再会からスムーズに運ぶ展開は納得なものでした。

1話目は半ばドサクサ紛れみたいな流れ。
乳離れは済んでいたもののまだ日は浅いらしく、胸が目立つ「沙姫さん」
そんな訳で、母乳プレイなえっちとなっていました。
何?おっぱいが気になる?
そうした台詞から、過去にもある程度ぶっちゃけられる、近しい存在だったことが分かりますよ。
ちょろっと差し込まれていた、「沙姫さん」の心理も興味深いです。

それから、さして接触ない「央士くん」
編入試験に合格し、大学へ通う彼女を尾行するという2話目。
これは独りえっちを目撃されるより恥ずかしい。
構内の犬にまで
とか言ってる「央士くん」が面白いです。
ちょっと病的ですが、ずっと片想いしてきた相手ですからねー。
それを察してか、「沙姫さん」もやんわり許してました。
後半の言葉責めみたいなのが良いです。

彼女の子供「拓海」くんと留守番の3話目。
「陸乃家鴨」センセはお子さまもお上手です。
”あえて触れないようにしていた”
そんな「央士くん」とのやり取りがリアルっぽく描かれていました。
食事の場面とか、手がつけられないですわね。
そりゃ、疲れるでしょう。
彼はいまだ就職浪人でしたが、少しとはいえ実は「沙姫さん」が働いていることが判明。
その帰りで、いままでとは雰囲気異なる眼鏡・スーツ姿が見れます。
ため、当然ながらそのままえっちに突入。
立ったままです
そんなんもまたいいもんですね。
なお、黒のガーターなんてつけてた「沙姫さん」ですが、「央士くん」との認識の違いに注目。
いや、えろいでしょ。

前回の約束で、ホテルへ行く4話目。
なかなか就職が遠い「央士くん」
いっその事、沙姫のヒモにしてもらっちゃおうかな
そうした、自虐的発言に端を発しておりました。
怒らせたかと顔色をうかがう「央士くん」でしたが…ああ、なるほどね。
オチで語られる「沙姫さん」の心理に注目下さい。
えっちではオモチャ使ったりしていましたよ。
また、前半の”おとうさんのぼり(※ぼのぼの)”をしている「拓海くん」のコマがいいですね。
1日がんばっただけあって、かなり慣れたじゃない。

気になるおっぱい
※気になるおっぱい
 うん、これは確かに気になる。

そちらに続く最終の5話目は「沙姫さん」視点。
いままで情けないところばかり見せていた「央士くん」の違った一面が見られます。
良いか悪いか判断できませんが、とかく「沙姫さん」の影響を受けてますね。
生活力はあまり感じられず、へんな話良いカップルかもしれません。
2話目を踏まえたようなえっち描写もありました。
オチから続く4コマが可笑しいですよ。

収録原稿は3年くらいの開きあったものの、抜群の安定感。
普通の絵柄は無論漫画の巧い方で、特にこちらの点ではマイナス点ありません。
表現良く、細かい部分まで丁寧です。
前述しておりますが、今回収録の各話は一般系でもえっち度は高め。
特に母乳の出る「沙姫さん」のおっぱい描写は見事でした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: メリハリのある丁寧な作画です。間口広め。
・話4: お話で言えば、メインより「ガラクタOL」でしょう。
・独4: 「沙姫さん」とか「沙也可さん」とか…どうせなら成年系で見たかったよね。
合計:[13/15]

「沙姫さん」の旦那は出さないので正解だと思います。
お話中にて「央士くん」は真っ先にそのことを聞いていましたが、知らんほうがいいのでは。


出戻り姫とニート王子 (ヤングコミックコミックス)出戻り姫とニート王子 (ヤングコミックコミックス)
(2011/06/24)
陸乃 家鴨

商品詳細を見る



★「陸乃家鴨」センセの漫画紹介記事 【全てオススメ】
 「半熟でぃべろっぱー
 オフィス機器メーカーの開発課・研究室を舞台としたラブコメ。中編がいくつか。
 「司法畑でつかまえて
 珍しい司法ラブコメ漫画です。司法試験・合格後の研修模様が描かれています。
 「ピンクペッパー・陸乃家鴨短編集
  「ツンデレ~シリーズ」を収録した短編集。
 「未確認幼なじみ 上・下巻
  ノスタルジー感たっぷりの、ちょっと不思議なラブコメ長編。
 「少年少女は××する
  エロ漫画家を目指す文学少女「加納瑞希」のお話。
 「少女の妄想はいつひらく?
 「少年少女は××する」の続編。コスプレイヤー「水森夢子」が主人公。
 「大正ヲトメ花壇
  「おとめ塾」の外伝を含む短編集。
 「花咲け!おとめ塾
  上下巻の大正コメディー。
 「彼女の残り香
  連続話・描き下ろしもあります。こちらは成年指定なので注意。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット

comment

Secret

情報ありがとうございます

そうでしたかー。
わざわざの訂正、ありがとうございます。

また、「トランスジェニック・ラボラトリ」についてもありがとうございます。
横に山積みされてる現状、やはりそっちは見送りかなあ。

申し訳ない

前回のコメに「大江山流~」再開と書きましたが、どうやら新連載される作品は全くの別物の様です。
早とちりしていました。
申し訳ないです
m(_ _)m

TS

トランスジェニック・ラボラトリはTSアンソロジーのチェンジHに連載していたものです。
掲載紙が誌面リニューアルの準備の為、一時休刊となったわけ何ですが、近未来SF&トランス・セクシャルという(チェンジHの中では一番のシリアス物)まぁ、扱いづらそうなジャンルを選んでしまった為、ハッキリ言って一巻完結物としてはかなりの駆け足で、ページが足りないのは明らかです。
一部の連載&作家陣がヤングキングの方へお引っ越しされる様ですが、(読者アンケートの結果何でしょうかね?)この作品も、もう少し尺があればなぁ…と。
まぁ、数少ない厦門潤名義の作品ですからね、ファンなら購入を視野にいれても良いのでは?

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。