FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■えっちスケッチ (環々唯)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]ラブコメコメディー
・おまけ: ゲストページ、カバー裏にあとがき・
      4コマ「その後のお姉さんズ」・作品解説とヒロイン絵。
・その他: 短編×7(うち「捕食の倫理」×2、「乙女純情~」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「環々唯(かんたまき・ゆい)」センセの「えっちスケッチ」です。

女子校生とか好きだから!!

そんな文言が紹介帯にありました。
某大王の教師を思い出す台詞ですねー。

ただ、慌てるなかれ。
↓表紙・裏表紙とか制服なヒロインで、確かにそんなんも顔を見せてはいるんですが…。
連続話は女教師モノ、裏表紙の彼女は家庭でのエピソードで私服であり、もう1話はくのいち漫画でした。
そちらの期待が大きいと、あるいはがっかりするかもしれないので注意。
でもね。

そうした期待が裏切られようとも、こちらは非常に優れた、見事な出来栄えの単行本です。

センセの絵柄と、取り扱っているネタが好みであったため、ぐさー刺さりましたよ。

友野茅歌、くのいち「望月雛子」
※左:友野茅歌、右:くのいち「望月雛子」
 「雛子さん」の下着は支給品です。

描かれている「環々唯」センセは、過去に「制服ハニー」を紹介しています。
なんと2年振りらしい単行本は、「えっちスケッチ」でした。
こちらで2冊目。
タイトルは”えっち・すけっち・わんたっち”からのものでしょう。
コレってなんだっけか。
そう思って検索してみたところ…特に芸人さんのネタとか、何らかの意味がある訳でなく、
「えっちだー」
とか、からかう時のリズム、語呂遊びみたいなもののようです。
地域差あり、最後が”乾電池”になったりもするそうな。
へー。

だいたい、30ページほどのエピソードが7話ほど収録。
うち、2話が連続話となっています。
ラブコメちっくな楽しいお話群でした。

冒頭話「CHOO-CHOO-Syndrome」は、昔馴染み「友野茅歌(ともの・ちか)」さん。
彼女と「テルキ」くんはごく親しい間柄。
夜に部屋へ行ったりもしており、当然周囲はカップルとして認識していました。
しかし、実際のところ関係は以前のまま変化はしておらず、なんとない「茅歌さん」のアプローチにも、はぐらかしていたのです。
実にじれったい感じではありますが。
まぁ、”勘違いかも”、”今の関係を崩したくない”、みたいな「テルキくん」の気持ちも分かります。
「茅歌さん」のが積極的でしたね。
夜食後のあの台詞は、成年漫画なら(←コレも成年漫画ですが)えっち突入コースだと思いますが。
そうした、奥手な「テルキくん」でしたが、故あって屋上でのえっちとなります。
お互い初めてで、
下手だったらごめんねー
とか言っていたものの、独学で知識を深め、また彼の部屋のAVまでこっそり見ていたらしい「茅歌さん」
恥ずかしがりつつも積極的で、「チョー上手い」とか言われていました。
雰囲気とは裏腹にえっちキャパシティーがあり、この後も「テルキくん」は圧倒されてそう。
それこそエロ可愛いですよ。

「乙女純情シールド」、「乙女純情コール」はツインテールな同級生「小野坂双葉」さん。
共同研究の授業で、前から気になっていた彼女とペアになった「川村徹」くん。
ただ、常にしれっとしていて反応は薄く、話しかけてもほぼ一言、終わればさっさと帰ってしまうなど、まさに難攻不落なのでした。
先の「テルキくん」と違い、かなり頑張っている「川村くん」
あのばっさりとした反応で、めげない彼は偉い。
心折れる、というより砕かれますわね
そんな彼女の6ページ目に描かれる真実の姿に驚き。
うわ、そうなのかー。
”緊張し過ぎて倒れそう”
とか考えているわりに、ばっさり両断してくるんですね。
ただ、それでも粘りを見せた「川村くん」がため、まさかの展開となります。
向かい合って沈黙していた2人が、なぜか揃ってパンツのことを考えているのが可笑しい。
ここまで至るに遠回りだったためか、告白後は即えっちとなっていました。
後に紹介するくのいちさんを筆頭に巨乳ヒロインばかりなんですが、彼女は控え目。
チェック柄の下着がよくお似合いでしたよ。
描き下ろし予定だったという、2話目「乙女純情コール」
こっちは「双葉さん」がメイン。
しれっとした表情の裏で、かなり可愛らしい発想をしているのが分かります。
一方の「川村くん」ですが、付き合ってまだ日は浅いものの、ある程度余裕が出たみたい。
えっちの際にはうまーく彼女をコントロールして、自らの望みを果たしておりました。
オチはまたキュートでしたね。

小野坂双葉
※小野坂双葉
 こんなんです。心折られますねー。

それらが、いかにも女子高生なお話。
家庭教師とのアレコレである「片恋手管」は生徒「須藤あやか」さん。
彼女もそんなんだと思いますが、相手がためずっと私服なのです。
家庭教師の先生にべったりな「あやかさん」
しかし、彼に付き合っている彼女がいると知り、とりあえずは大人しくなるんですが…両親不在の日に”今日だけ”と言って抱きついてきたのでした。
そんなに好意を持たれて幸せだねー、なんてのんきな事を言ってる場合でない、こちらのエピソード。
ネトラレを描けと言われていた「環々唯」センセが、それならと描いたのがこちらなのです。
寝取られるのは彼なんですね。
勢いだけ、いっぱい・いっぱいっぽい「あやかさん」
…が、しかし。
オチで背筋がすーと寒くなると思います。
この後はさぞドロドロしてそうですね。

2話の連続モノ「捕食の倫理」、「捕食の倫理2」は女教師「駒田京子」さん。
彼女に憧れる主人公「土居」くん。
祖母の家で手に入れた読唇術は本物で、試した妹の心もばっちり見えたのです。
そこで、今度は本命である「京子さん」をターゲットにしたんですが…普段の清純派なイメージとかけ離れた、エロエロな思考が渦巻いていたのでした。

まぁ、あのくらいの女性の心なんて覗かない方が無難よね。きっと。
「京子さん」はそんなギャップが非常に大きく、いちいちショックを受ける彼と重なり、良いコメディーになっています。
彼を慰める裏で、大人のオモチャとか忍ばせていました。
どんな教師だ。
下着もエロいデザインでしたねー。
教師としての意識が残っていた当初から、ガラリと変わる後半が凄い。
ヤラれちゃったっぽい雰囲気です。
その続きという2話目。
「京子さん」とのえっち関係が続く「土居くん」
お誘いをデートだと解釈した彼ですが、目前には彼女の友人「森下美春」・「望月ゆり」の2人がいたのでした。
こちらでも、文字通り襲われてしまう彼。
複数えっちですねー。
うん、根本的に彼女は普通の人でないので、つり合うようになるにはかなりの努力が必要
今回はかなり頑張っていたものの、やや荷が勝ち過ぎるかな。
オチ部分がまた非常に可笑しいです
どうアプローチしても、エロい方に解釈されてしまいそう。
カバー裏の4コマにも注目。

駒田京子、森下美春・望月ゆり
※左から、駒田京子、森下美春・望月ゆり
 これは新鮮な可笑しさがありました。

「雛忍 爆乳伝」は現代のくのいち「望月雛子」さん。
前話に出演していた「望月ゆりさん」は彼女のお姉ちゃんであり、こちらでもちらほら顔を見せています。
2番目の姉だそうですが、「ゆりさん」も忍者だったんですねー。
これは解説を読むまで気付かなかったです。
落ちこぼれのへっぽこ忍者「雛子さん」
始めて参加した一族集会は、ライバル服部家との最終決戦についてでした。
しかし、「雛子さん」に与えられた武器は下着で、
”邪魔にならんよう色仕掛けでもやっておけ”
との任務だったのです。
その色仕掛け自体も、「別に期待しとらん」とか言われていました。
そんな訳で、いちおう忍者モノですが、徹底的にコメディー
おっぱいだけは立派、とか酷い扱いでしたが…「雛子さん」の言動を見る限り、そんなんも納得。
果てはターゲットの「服部保幸」くんに慰められる始末で、その優しさが刺さった彼女は実際に色仕掛けをすることになるのでした。
支給品である、黒下着がセクシーです。
なんのかんの言いつつ、ちゃんと着用してるのね。
ちらりと描かれていた、「保幸くん」の妹さんがまた面白いです。

適度な濃淡と描き込み具合。
ごっちゃりでも見易く、インパクトもしっかりありました。
極細線な作画で、あちこちは丁寧です。
目は丸く大きめでしたがバランスに優れ、すらりとした背丈のキャラと違和感ありません。
崩れ・乱れなく、背景や小物などの作画も良好です。
表現的にも引っ掛かる箇所なく、特にコメディーはいい感じ。
強弱も適切に処理されており、小さいコマもよく描かれていました。
癖はあるもののそう人を選ぶモノではないと思います。
↓表紙などカラーより、白黒のが小奇麗にまとまっているかな。
判断は「CHOO-CHOO-Syndrome」を20ページまで楽しめる「ヒット出版社」さんのHPが良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 1冊目よりも格段に良くなっていました。
・話5: よーく考えましたが…やはりマイナス点はないです。どちらも面白いです。
・独5: 「双葉さん」、、くのいち「雛子さん」もいいですが、やっぱり教師「京子さん」でしょう。
合計:[15/15]

なお、8ページの小冊子を描かれてるようで、「環々唯」センセのHPによると、どちらか書店には封入があるようです。
くのいち「雛子ちゃん」の後日談。
前半に”制服少ない”と書いていますが、こちらでは制服姿の彼女が見られ、必見な内容になっています。
欲しい方は早めに書店へ行き、オマケあるかどうか確認するのがいいかと。
ひでるさんは無事ゲットできました。

えっちスケッチ (セラフィンコミックス)えっちスケッチ (セラフィンコミックス)
(2011/06/10)
環々 唯

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。