FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■SEKI-LALA美少女 (野原ひろみ)

★まんがデーター [6/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■□□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : [一般]ラブコメコメディー
・おまけ: 
・その他: 短編×11(うち「上京むすめ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「野原ひろみ(のはら・ひろみ)」センセの「SEKI-LALA美少女」です。

すっかり忘れてました。
初見だと思っていたら、前に漫画を読んでいました。
2冊が同時発売されていた、「素肌的美少女」ですね。
その際にも書いてましたが…やっぱりこちらもダメ。
なんなんでしょう。

そんなこんなで、ひでるさんはまるで合致しませんでした。
完全に個人的な印象・感想で、絵柄にしろ、お話にしろ、そう悪くはないでしょう。
ただ、この↓先に良い文言は並ばないと思われますので、そんなん得意でない方はここでご遠慮下さい。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
正直に感想を書かせて頂きます。





 ・
 ・
 ・
では、いきます。 
こちら「SEKI-LALA美少女」がたぶん3冊目という「野原ひろみ」センセ。
今回は「双葉社」さんのアクションコミックスから。
一般系えっち単行本となっていました。
こうした場合は全て短編というのがセオリーですが、1話のみ連続話がありました。
「双葉社」さんHPの紹介文面では、
”美少女エロスを描かせたら天下一品”
と書かれています。
やや誇大広告ちっくね。
立ち読みでは「上京むすめ」の途中までが見れました。
なんとなく感覚掴めるかなー、くらいのページ数だったので、最も参考に良いでしょう。

沙奈絵さん、アナウンサー「隋橋美優」
※左:沙奈絵さん、右:アナウンサー「隋橋美優」
 どっちもトロそうなお2人です。

そんな訳で、唯一のも連続モノ「上京むすめ」から。
大学進学で、地方から都内に出てきた「沙奈絵」さん。
引っ越しの挨拶に隣の部屋を訪ねたところ…という流れ。
こんな世間知らずで早とちりで、ぽわぽわーっとした娘が一人暮らししちゃダメ。
彼をすっかり勘違いした「沙奈絵さん」は、絵のモデルで勝手に服を脱いでいました。
ううむ、やっぱり胸はOKなんですねー。
まったく重みのない男の台詞がいちいち気になりました。
喋んなくて良かったかな。
「再開 ~上京むすめ~」はその後日談。
ちょっと「沙奈絵さん」は大人っぽくなりましたね。
どちらも2ページ目が同じ構図になっていたので、見比べると楽しいかも。
詳細についてはいちおう伏せておきます。

「花嫁まえに」は幼馴染み「菊池杏奈」ちゃん。
結婚を控えた彼女が、勉強のため「ケイスケ」くんの部屋でえっちDVDを見るというもの。
「杏奈ちゃん」はなんなんでしょう。
言動を見るかぎり完全に彼を誘っていたっぽいんですが…特に結婚はやめるでなく。
告白するでもなく。
こっそり2人とえっちし続ける、って宣言か?
彼の印象”妙に堅物”は間違っていそうでしたが。
オチまで見て、なんだかよく分かりません。

漫画家さんと編集員のお話「うらはらな女」
基本的にはコメディー
ただ、妙な演技っぽいリアクションと前後繋がっていないようなコマがため、軽さを通り越してしまったような印象です。
特にコレは何が描きたいのかよく分かりません。

「高嶺の花」は定食屋のママ「すすみ」さんと常連客「高杉」
ズボンにコーヒーをこぼすという、超お約束からの発展。
お話は普通でしたが、オチはあーですかね。

明日の朝ドアの鍵…開けておきますわ…
そんな台詞から始まる「時には獣のように」は、奥さまと新聞配達員。
あれは引っかけかと思いましたが、そのまんまな展開でした。
逆に意外です。
なにゆえ彼が新聞配達員なのかはオチ部分がためだと思います。
それならば、縛るプレイをしておいて、後で「なんだそっかー」となるべきでは?

なにげなく風俗店に入った主人公「省吾」くん。
学生時代に風紀委員だった彼は、当時関東を束ねていた集団”ルシファー”の総番長「明星亜紗美」に良く使いっ走りにされていたんですんが…付いた女の子はその「亜紗美さん」だったのです。
そんな短編が「宵の明星」
収録ではコレが最も良かったかな。
「亜紗美さん」は彼から勉強を教わっていたりもしており、当時から2人はなにげにカップルっぽいですね。
ラブラブしていました。
どうせなら、彼を無理矢理店へ引っ張り込むような、ラブい切っ掛けがあればもっと甘くなったかも。

「もち肌 RADIO REPORT」はラジオ放送局のアナウンサー「隋橋美優」さん。
どこに取材に来ているのか、場所当てクイズのためうどん屋を訪ねた「美優さん」は~という流れ。
肉まんの部分がえっちですね。
かなりの天然で、店の手伝いで作業着を渡されると、なぜか全裸・作業着となっていました。
しかも店先で着替えた様子。
えろいね。
ただ、”場所当てクイズ”な筈なのに…「この玉がおうどんになるんですね」とか、正解言っちゃってるじゃない。

明星亜紗美、奥さま
※左:明星亜紗美、右:奥さま
 お話では「亜紗美さん」ですね。こちらも定番化もしれませんが。

ライターさんが取材のため出会い系をためす「これって運命?」
続く幸運を堪能する~みたいな感じ。
とある事情で幸運が重なり、ついでに相性も良かった、ってことなのかな。
いまいち何が訴えたいのかよく分かりませんが。

奇妙な流れで、女の子とロッカーに閉じ込められる「はまった25時」
ミイラ取りがミイラ、という話でいいのかな。
なにゆえ追ってきた彼が弁当屋に張り込んだのか、というのは些細なこと。
かなり無理矢理でした。
彼女を宙に浮かすくらいのパワーがあったので、どんなんか試してみたい~って思うんでも良かったかなー。

「春の日の下」は「麻穂」と「真琴」のカップル。
桜の木の下にて百合ちっくな展開になっており、どっちが変?というネタみたい。
オチがため、直接えっちのない作品でした。

細線でごっちゃりと描かれている感じ。
濃淡は薄めで、描き込みは適度なくらい。
ジャンルがためにコメディー崩しは多く、それがためか乱れて見えるコマがあります。
キャラ絵がお姉さんっぽくもロリっぽくもあり、なんだか中途半端な印象。
うまく説明できないんですが、どことなく崩れ気味に見えるのは、ジャンルとキャラがためだと思いました。
また、どうにも気になるのが吹き出し。
台詞が表情と合っていないというか…いや、文面自体が個人的に合わないのかも。
あるいは漫画表現かなー。
そうしたところが原因のようでした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 成年単行本のが良かったように思います。
・話1: 合わないです。たまに、何が言いたいのか分からない短編があります。
・独2: ある意味では目新しいかもしれませんが…。
合計:[6/15]

ちなみに、単行本にはあとがきほかオマケもまったくなく、実に寂しい構成。
次は気をつけようと思います。

SEKI-LALA美少女 (アクションコミックス)SEKI-LALA美少女 (アクションコミックス)
(2011/04/28)
野原 ひろみ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。