FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ハメ頃しろくろり (山崎かな)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ロリ・毒
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
      描き下ろし「籠鳥の心音~それから~」、
      カバー裏にキャラコメント・ゲストページ。
・その他: 初単行本、カラー(8P)、PC壁紙プレゼント、
       短編×10(うち「籠鳥の心音」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「山崎かな(やまざき・かな)」センセの「ハメ頃しろくろり」です。

最初見た際には度肝を抜かれました。
全国で流れてるのかな、「ビリーズブートキャンプ Wiiでエンジョイダイエット!」って長いタイトルのゲームCM。

ビリーズブートキャンプ Wiiでエンジョイダイエット!ビリーズブートキャンプ Wiiでエンジョイダイエット!
(2011/04/21)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


まんまランドセル(セイバン)と同じ曲(歌詞がやや異なるだけ)、同じ動きなの。
よくよくサイトを見たら”このCM大丈夫?”なんてコーナーがちゃっかり設けられており、ちゃんと許可を取っている旨が書かれていました。
…はっ!
サイトを検索したりしたひでるさんは、まんまとメーカーの戦略にのってしまった、ってことですわ。
たはー、イイ戦略だなぁ。
買いませんけどね。
Wii持ってないし。


さて、本日は「山崎かな」センセ。
久々の純粋(?)なロリ系単行本「ハメ頃しろくろり」です。
こちらが初単行本のようですね。
いつもとは逆で、↓表紙を見た段階ではスルーしようと思っていました。
正直、刺さらなかったのよ。
それなのに、なぜレビューとなっているのかと言うと、「クロエ出版」さんのHPで見たサンプルが良かったから。
別にカラーもそう問題ないと思いますが、やっぱり白黒原稿のが断然巧いです。
白黒…と言えば、タイトルの「ハメ頃しろくろり」
パッと見ではなんのこっちゃ、という雰囲気でしたが、紹介文にあった「甘~い(白)少女」・「辛系(黒)女の子」というのがソレです。
こうした漫画では定番という可愛らしい娘もいましたが、読み終わった印象としては結構したたかな印象。
たっぷりな毒をお持ちな娘が多かったです
現代ではコッチのがリアルかもしれませんねー。

九石まりか、益子ほのか
※左:九石まりか、右:益子ほのか
 ここから豹変する「ほのかさん」にご期待下さい。

夏休み中、お留守番をする娘「九石(さざらし)まりか」ちゃんの面倒を見ている主人公。
その魅力にメロメロでしたが、
どうやったら魔法少女になれるかな?
そうした問いかけを、チャンスだととらえたのでした。
そんな訳で、魔法少女っぽい服装な「まりかちゃん」の短編「ぷりーず☆てぃーち」
ゲストのセンセ方がコメントと共に多く描いていたのがこちらの娘
まぁ、大きなリボンと服装、持ち物で目立ってましたから。
裏表紙も「まりかちゃん」でした。
はっちゃけた可愛らしい娘で、”魔法少女”をネタに特訓と称してのえっちです。
魔法のステッキ、の部分が可笑しいですね。
なれないってば
調子にのった彼はオチにて相応の罰を受けていたので、お楽しみに。
わはは。

喧嘩がため、義兄のアパートを訪ねた「益子ほのか」ちゃん。
ジュースと間違ってお酒を飲んだ彼女は、すっかり酔っ払ってしまったのでした。
そうした短編「Drunk Morph F」
大人しい娘、という印象だった彼女が途端に饒舌になり、あげく寝てしまうんですが…それは寝たフリだったのです。
まぁー、引っかけられましたね。
実は起きていたという「ほのかちゃん」は本領発揮し、Sちっくに義兄をいじめていました。
言いたい放題ですよ
1ページ目の彼女とは完全に別人なんですが、オチの1コマがまたさらに凶悪で素敵。

いきなり生徒「実取あかね」さんを押し倒している場面から始まる「シュガリー・ポイズン」は教師・生徒モノ。
成績優秀で普段から授業中の態度も理想的という、優等生な彼女。
えっちに興味があると担任教師をしおらしく誘った彼女でしたが…、という展開。
「ほのかちゃん」よりも凄いのが、こちらの「あかねさん」
たぶん、裏でクラスを牛耳っているような存在よ、彼女。
明らかに年下な「あかねさん」に、女の子を教わっていました。
この状況がバレたらどうなるか…
とかなんとか、強迫までしています。
途中で泣いていた教師のが可愛らしいですよ。
実際にこんなんありそうね。
最後は彼捕まるんじゃないかなぁ。

小中高という一貫教育が終わり、寮生活から実家へ戻った「シンイチ」くん。
イメージに残っていた凶悪な姉「竜胆たつこ」は容姿から性格までまったく変わらず、ビール瓶の一撃を喰らった彼はそのまま気絶してしまったのでした。
こちらの短編「とらばりー」は近親ラブコメです。
先の2人「ほのか」・「あかね」と違って暴力的なだけ。
よくよく考えたら、小中高を卒業した「シンイチくん」の姉ということは…全然ロリキャラではないですね、彼女。
彼も驚いてましたが、12年前と容姿はまるで変化なく、下着も幼稚園で履いていたもの
物持ち良いですね(笑)
浮いた話ひとつもないし
そうした母親の台詞から察するに、やってる事は置いといて「シンイチくん」にべったり甘えているとも考えられます。
こちらのオチは面白いですね。
同じく近親な短編「ふぁみはに」は、妹「黒羽つばき」さん。
こうした漫画ではセオリーな、可愛らしいロリ妹というキャラです。
どっちかというと猛毒系なこちら単行本では稀有な存在(笑)
ある意味酔っ払ったみたいベタベタ甘えており、当然のようにお風呂も全裸で侵入。
頑張って抵抗していたお兄ちゃんを陥落させていました。
オチはお兄ちゃんと共に驚きです。
ちなみに、「つばきさん」の一人称は”ボク”だったので、そんなん好きな方はよりイイかも。

姉「竜胆たつこ」
※姉「竜胆たつこ」
 実はこう見えて結構な年齢なんですが…。

前後編の「籠鳥の心音」が収録でのメインです。
よくよく考えると、こちらも近親ですよ。
描きおろしの後日談「籠鳥の心音~それから~」も収録され、良質な連続モノになっていました。

押し入れで大人しくしていた「宇都みやこ」
帰宅した兄は無造作にえっち処理をさせていたんですが…と、トンデモな場面で始まるこちら。
軟禁・凌辱という、お兄ちゃんヒデェなぁ、ってパターンっぽいですよね。
実はより酷いのがいるんですが。
お兄ちゃんがあーなのも、きっとそちらが原因。
泣けてくるほどに弱々しい「みやこちゃん」になんだか寒気がします。
ただ、彼女そんなんで小さい事を純粋に喜んでいるためか、お兄ちゃんから「みやこちゃん」自身まで、良い方向へ成長するというお話に仕上がっていました

学校描写の後編。
えっちはともかく、「みやこちゃん」の心を蝕むモノが重たいです。
前半にあった出掛けるシーンは痛いくらいですよ。
あのまま、って訳にもいかないなぁ。
漫画中にもありましたが、ここで彼女は頑張ったと思います。
単行本の冒頭からずっしりとした漫画でしたが、オチの1コマと描き下ろしにて、だーいぶ楽になった感じ
お兄ちゃんもかなり良い雰囲気になってます。

カラー原稿もある短編「隣の日向」
全校生徒10名という、ド田舎な学校。
「かよこ」に告白した「タカノブ」くんでしたが、見事に玉砕。
小さい学校での事件として、皆にネタにされるという恥ずかしい状態になってしまったのでした。
そんな噂話を聞いていた「湯津上ひなこ」ちゃんは、「タカノブくん」に告白をしてきたのです。
良い話、と書くとなんだか微妙ですけど、彼にとっては非常に心癒される流れ。
立候補ですね。
恋愛対象外とされていた「ひなこちゃん」が、無理矢理に彼の視界へねじ込んだ、みたいな。
そんな訳でキスもえっちも彼女から。
本で得たらしい知識をフル活用し、野外えっちをしています。
カラー原稿部分の台詞が優しいですよ
ませてるのね。

宇都みやこ
※宇都みやこ
 左右で前後編です。ちょっと元気になった感じ。

「昔も今も、これからも。」は幼馴染み・生徒会長な「幸岡なつめ」
性格から”堅物”と言われる「なつめさん」
幼馴染み「ユウスケ」くんは逆にいつも皆の中心にいるような存在。
昔から彼のことが好きだった「なつめさん」は、嫉妬もあってつい強く当たっていたのでした。
成年漫画ではお約束の独りえっちを目撃される展開です。
どさくさ紛れにちゃっかり告白をしており、目出度くえっちに流れます。
いただきまぁす
とか言ってましたよー。

収録の各話によって若干ずつ変化ありましたが、収録の原稿時期はだいたい最近。
極端な落差なく、初単行本では安定していると言えるでしょう。
しっかりとした描き込みで、ページに目一杯描かれるタイプ。
強い線のこってりとした印象でした。
大きな乱れなく、漫画で特に引っ掛かるコトもありません。
はっちゃけたコメディーから毒性あるもの、シリアスなものまで幅広く、漫画の巧い方
丸い輪郭で華奢な身体というキャラ絵で、ロリ系統。
バランスには独特な感じもありましたが、こちらも特に気にはなりません。
人は選ぶでしょうけどねー。
かなり色薄いですが、裏表紙の背景には漫画カットがあったので、そちらが最も参考になるでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 表現力のある、巧い漫画家さんでした。個性は強めです。
・話5: 冒頭のシリアスな連続とか、オチが刺さる短編など、非常に良かったです。
・独4: 適度な毒があり、これからが楽しみです。どれをメインにするのかなぁ。
合計:[13/15]

某書店では小冊子と複製原画(※表紙)がつくようなので、そっち狙いのがいいかも。
ちなみに、「山崎かな」センセのHPでは、
「ぼくも初めて知りました」
…とか、書かれていました。
特典ってそんなものなの??
ちなみに小冊子は「制作の裏側」という、8ページの作品解説のようです。
気になる方はぜひ。

ハメ頃しろくろり (真激COMICS)ハメ頃しろくろり (真激COMICS)
(2011/04/28)
山崎 かな

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。