FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■テンタクルプレイ (ほりとも)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ファンタジー・触手
・おまけ: あとがき、おまけ漫画「はみ射精し劇場」、
      カラー描き下ろし「愛、届きますように Introduction」、
      カバー裏に別絵・キャララフ絵、加筆修正。
・その他: カラー(8P)、短編×10(うち「愛、届きますように」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほりとも」センセの「テンタクルプレイ」です。

毎度お馴染み、「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本です。
初単行本「フェアリーテールズ」、2冊目「テンタクルバージン」と順調に3冊目の単行本となった「ほりとも」センセ。
今回はシスターですねー。
公開されてた↓表紙から、発売を心待ちにしていました。

そんな訳で3冊目「テンタクルプレイ」です。
収録は短編群で、描き下ろしにて連続となっています。
ほぼファンタジーな漫画集で、お約束というべき触手ネタも多め
お馴染みなトカゲっ娘戦士「シッポ」ちゃんが登場するほか、前巻単行本キャラもちらほらと顔を見せています
持っている方はテンション上がると思いますよー。

妹「ちゆりちゃん」、神官「ナプティーヌさん」
※左:妹「ちゆりちゃん」、右:神官「ナプティーヌさん」
 新キャラのこの2人も非常に個性的で良かったです。

開始だけは普通っぽい、「淫獣ウイルス注意報」
こちらは妹「ちゆり」ちゃんとその兄のお話なんですが…お兄ちゃんは”淫獣ウィルス症候群”という奇病にかかっていたのでした。
絵的には裏表紙のSD絵を参照のこと。
やっぱりこちらもファンタジーな漫画です。
雰囲気としては「Tentacle Lovers/無望菜志」みたいでしたが、あくまでも容姿が変化するだけみたい。
意識はしっかり残っており、多少の自制はできていました。
健気で一生懸命という「ちゆりちゃん」
ドリルなツインテールのロリロリっとした可愛らしい方で、淫獣と妹なんて組み合わせながら…先に手をだしたのは「ちゆりさん」からでした。
お兄ちゃん、ぶっ飛んでますよ。
自ら乗っかってくるコマはえっちです。
さすがに姿が淫獣なため派手な展開なんですが、後半はなかりラブラブな感じでした。
「ちゆりちゃん」すげえなぁ。

争いを好まない愛の神「アパ様」を純粋に信仰している神官「ナプティーヌ」さん
トップクラスの魔力を持つ彼女に魔物たちはまったく歯が立たず、反撃の機会を伺っていたところ…うっかり神像を壊してしまったのです。
「ナプティーヌさん」に発見されそうになった魔物らが咄嗟に「アパ様」の振りをしてみると、なんと彼女はあっっさりソレを信じたのでした。
「愛、届きますように」は、だいたいそうした流れ。

↓表紙を飾っているシスター「ナプティーヌさん」そのままという冒頭カラーの「愛、届きますように Introduction」
こちらは、本編えっちシーンを抜き出したみたいな描き下ろしでした。
普通に読むと、最初に見る漫画は描き下ろしの方。
”絶対にこの神様あやしい”
そう思っていましたが、なるほど魔物が「アパ様」のフリしてえっちしてたんですねー。
そんな訳で、魔物らにガンガン触手えっちをされている天然な「ナプティーヌさん」
普通ならばエロに流されてしまうバッドエンディングになりそうなんですが…コレが良いオチ。
魔力がためか、純粋な信仰心がためか、どっちにしろ只者ではないですね。
もしかしたら、収録ヒロインの中で最強かもしれません

「見習い教師ミシュル」は生徒らが悪戯で召喚してしまった中級クラスの淫獣に立ち向かう、魔法学園教師「ミシュル」さんのお話。
詠唱のため、自らの身体をもって時間稼ぎをするという、泣かせる(泣きませんが)お話になっていました。
当初の目論見は破れ、触手でメロメロにされています。
先のエピソードと同じく、流れとしてはすこぶる悪いんですが…ここで暗くならないのが、「ほりとも」センセのいいところ。
(※逆に言えば、ハード展開好きな人には合わない可能性も)
ただ、この話ではややインパクト弱くなっちゃったかなー。
オチから続く「はみ射精し劇場」が良いフォローになっていましたよ。

前巻収録の王国騎士師団長「レイチェル」さんの妹「セシル」・「アニー」という2人パーティーな漫画「風の行者セシル」
こちらの単行本は前回登場キャラがちらほら再登場しているのも特徴です。
(※特に見なくても大丈夫ですが、知ってた方が楽しいかも)
無茶な突撃ばかりという、レベル低い新米冒険者「セシルさん」
レベルの高い相棒「アニーさん」の注意も聞かず、勝手にクエストを受けてしまうのでした。
前作と関わっているのは、”王国騎士師団長”の妹という肩書き部分。
タイトルそのまま、姉から自立しようと頑張る「セシルさん」なんですが、彼女を狙う者もいたのです。
性格と状況が災いとなるパターンね。
触手とトロールにえっちされてしまうのでした。
「アニーさん」が凄いですねー。
本編で2人の絡みは少なかったですが、「はみ射精し劇場」にて補完されています。
こちらは「アニーさん」メインで、その意外な素顔が見れました。
いいコンビだと思います

淫魔皇女「フェルナル」、シスター「カーリーン」、魔王「ミルディア」
※左から淫魔皇女「フェルナル」、シスター「カーリーン」、魔王「ミルディア」
 このシリーズもお気に入り。眼鏡な「カーリーンさん」が好き。

「淫魔皇女の城」は教会のシスター「カーリーン」と淫魔皇女こと「フェルナル」
こちらの2人も前巻に登場しており、時系列的には今回のが昔のお話。
エピソード1という感じよ。
こっちは前回と並べて読むのをオススメ
片田舎に住み着き、淫靡な宴を楽しむ淫魔皇女「フェルナル」
教会連が送った退去要請の使者は1人として戻らず、退魔シスター「カーリーン」が使者として向かったのでした。
「フェルナルさん」はほぼ同じなんですが、ここで注目は「カーリーンさん」
表情豊かだった前巻と違い、眼鏡で無表情と、まったく異なるキャラになっています。
その理由は中盤にて。
なるほどー。
ただ、ぶっちゃけ、ひでるさんはしれっとした無表情の「カーリーンさん」に直撃されました。
こうしたキャラいいなぁ。
あらためて前巻を読むと、また違った感じで見れると思います。
この2人も、たった数話の短編で終わらせるのは勿体ないキャラですねー。

淫魔皇女「フェルナルさん」と「はみ射精し劇場」で共演しているのが、「魔王ミルディア誕生」に登場する魔王「ミルディア」さま。
魔王の死後、まだ幼い「ミルディア」が次代の魔王となりました。
しかし、実権は筆頭・玄武将軍「バルザック」ほか四天王が握っていたのです。
この魔王勢の設定は後々にも使えそうですね。
特にメインの謀反描写は非常に良い感じ
正直なところ想像通りの展開でしたが、こちらも盛り上がりました。
えっちされる「ミルディアさま」は可愛かったです。
オチがやや尻つぼみな感じだったのが残念。
”生来のドM”という「ミルディアさま」の再登場を期待します

初単行本から皆勤賞なトカゲっ娘戦士「シッポちゃん」の漫画「シッポでメガネっ娘!?」
鉄板ネタですね。
ご主人のため、眼鏡を買いに出かけた「シッポちゃん」
その言葉をしっかり覚えていた彼女は、気を利かせて魔法のかかった眼鏡をチョイスしたのでした。
しかし、普通のが良かったご主人がため、いつものように「シッポちゃん」はツンデレてしまったのです。
眼鏡を掛けた「シッポちゃん」の性格が可愛らしくなるという展開ですね。
助手用という白衣を着た今回はスカートで、服もフリフリとした女の子っぽいもの。
ずっとデレな状態で、眼鏡とうるうるした目がキュートです。
勘違いしないでよねっ
とか、お約束な台詞もあり、後半は魔法解けていつものツンデレえっちです。
「はみ射精し劇場」での登場も多く、完全に「ほりとも」センセの代表キャラの地位を確立してました。

「セシルさん」、「シッポちゃん」
※左:「セシルさん」、右:「シッポちゃん」
 やっぱり「シッポちゃん」は良いですねー。眼鏡をお楽しみ下さい。

ほか、「魔法使いは災難だらけ!」はカラー原稿4ページというショート漫画。
師匠の開発した抗淫獣秘薬「感じないもん!」の実験台となった、魔法使いさんのお話です。
帽子にローブと、スタンダードな魔法使い衣装なんですが、ピンクの可愛らしい下着を着けていました。
まったく薬の効果ない流れが素敵です。
なぜ効き目なかったのかは、単行本でご確認下さい。
「ケノモ族の花嫁」はケノモ族・皇女「カテテラ」姫と帝国の王子。
同盟関係からの婚姻で、子を成すことが重要なんですが…精強部族の「カテテラ」は男勝りな姫だったのです。
もう描き方から変わってますが、冒頭とは裏腹に可愛らしく振舞う「カテテラさん」に注目。
褐色肌のがよりそれっぽかったかなー。
何故か尻尾があり、お尻えっちになってます。

細かく描き込まれた、ごっちゃり系な作画。
大小のコマは枠間なくなることも多く、ページに目一杯という感じでした。
ジャンルもあるのか、濃淡は濃い目。
線は柔らかで乱れなく、全体的に可愛らしくまとまっています。
もうお約束となっているネタ漫画「はみ射精し劇場」など、コメディーはお上手。
キルタイムコミュニケーション」さんの触手えっちはだいたいバッドエンド、超逆転劇というパターンですが、やんわり・楽しく落とすというのは、そう多くありません。
そんな漫画なので比較的間口は広く(←たぶん)、キャラも可愛く安定しております。
ハードさも手ごろなくらいなので、絵柄が刺されば良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 心なしか、前巻よりもシャープな印象を受けました。
・話4: キャラが揃ってきた感じです。短編なども印象的なものが多かったです。
・独4: 触手えっちながらダークでなく、楽しい漫画群です。
合計:[12/15]

今回は登場キャラが非常に良かった印象。
魔王「ミルディアさま」とか、シスターの2人、妹「ちゆりちゃん」もパワーありましたねー。

テンタクルプレイ (アンリアルコミックス 66)テンタクルプレイ (アンリアルコミックス 66)
(2011/04/27)
ほりとも

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ファンタジー ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。