FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■幼なじみガール (usi)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]幼馴染み・恋愛
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「usi(うし)」センセの「幼なじみガール」です。

単行本発売につき、久しぶりにHPにお邪魔してきました。
そちらには単行本情報があったんですが…

キセキのチュウボウ (アクションコミックス)キセキのチュウボウ (アクションコミックス)
(2011/03/28)
作・usi:画・ほづみ りょう

商品詳細を見る


「キセキのチュウボウ」という、原作つき料理漫画に挑戦しておられました。
新たな展開ですね!
そちらでも巧く事が運ぶよう、密かに応援させていただきます。
ただ…えっち系もお願いしますね。

そんな訳で、本日は「usi」センセ。
現在セカンドを描かれているらしい初単行本「さ~ち」、別名義の成年系「ほっとすぽっと(※月極仁・名義)」、代表作というべき長編「おまかせナースフォース」、こちらと似た短編集「彼女にシよう!!」…などをブログにて紹介しております。
こちら「幼なじみガール」は、6冊目になるのかな。
タイトルそのまま、幼馴染みカップルがずらり揃った短編集になっています。

佐々木梨花、杏さん
※左:佐々木梨花、右:杏さん
 この「梨花さか」くらい、ラブコメっぽくても良かったかなぁ。

一般のえっち系単行本。
各話に繋がりはなく、幼馴染みな短編をずらりと収録した、オムニバス形式ですね。
簡単に書けばそんなん。
一般えっち系のよくあるタイプな仕上がり。
ただ、それぞれをじっくり見てみると、”よくある”なんて形容は相応しくないと感じました。

大まかにはラブコメでもいいかと思います。
が、実はコレお話を重視した単行本になっていました。
そう重々しい訳でないものの、ラブコメというよりは恋愛話。

一般えっち系のだいたいなセオリーでは、
①主人公キャラとか舞台設定が描かれる。
②何らかのトラブル、イベントが発生する。
③ヒロインとえっち。
④事が解決し、良い雰囲気でハッピーエンド。
…そうした感じでしょう。

こちらの各話も、とりあえずどんより暗いエンディングはなかったものの、お話の運びについてはそうした単純なものではありません
いろいろと試行錯誤をしており、極端に言えばヒロインとのえっちシーンがないエピソードなんてのもありました。
ちょっと驚き。
変化球を駆使してますね
正直なところ、ぐいっと強く物語に引き込まれるほどではなかったですが、それぞれえっち目的の単純なお話でなく、また”幼馴染み”というテーマを崩すこともありません。
各話楽しめました。
紹介帯の裏面に書かれていた”ライトH系コミックス”もその通り。
えっち重視でなく、その他のアレコレをぞんざいに扱っていないので、男性だけでなく、女性が見ても楽しめるだろう仕上がりです。

ただし。
読み応えがあっただけ、えっちシーンはあっさりとして弱め
ハートをガッチリ鷲掴み(笑)にしてくるような描写、フェチ度は低くなっています。
そっちを期待した場合は、やや物足りなさを感じるかもしれません。
ちょっぴり注意ね。
別名義「月極仁」の成年系単行本が発売されることを期待して待ちましょう。
最近は使用していないようだったので…出ないかな。

それでは、収録の短編について簡単に。

店員をやりつつ、副業で小説を書いている「ヒロ」と「陽菜」さんの「ひよこの想い」
こちらは年の差カップルですね。
副業ではあるものの、編集さんからファンレターが届いている彼。
前半にて「陽菜さん」に「リアリティーが無いのよね」などと酷評され、腹を立てていましたが…読者の意見に耳を傾けられないようでは、成長できませんよ。
やはり批評できるくらい読み込んでいる彼女に感謝しなければ。
それに気付いた中盤では考え方改め、素直に頭下げていましたが…
俺に女を教えてくれ!!!
だって。
年下相手に、ちょとエロいですよ(笑)
思わず「陽菜さん」も引いてました。

「免許注意報」は教習所講師の「翔太」くんと「佐々木梨花」ちゃん。
こちらカップルも、そこそこ年齢差ありそうですね。
顔見知り相手に、ぞんざいな対応の「翔太くん」
うーん、あんなんはいかにも教習所講師っぽいですわ。
夜の練習シーンにて「翔太くん」の主張していた事は分かりますが、なにゆえあーもつっけんどんかなー。
ひでるさんはやはり言葉キツイものの、気は合う講師を見つけ、その方に師事していましたが。
また、途中のモテモテな描写。
わざとミニスカートを穿く、と知り合いの女性が言ってた事を思い出します。
ハンコを押してくれる確率が増えるんだとか。
ズルいよー。
…って、脱線したのでお話戻しますが、こちらは車内えっちです。
ギシギシさせてました。

亜美さん
※亜美さん
 昔の良さそのままの、可愛らしい娘でした。

「変わらないor変われない」は、久しぶりの再会をした、「野村俊介」と「稲瀬恵梨香」
過去に「俊介くん」の告白を”今更だし派手さもない”とか断わっていた「恵梨香さん」
2人の関係はそれっきりでしたが、営業先にて久しぶりにはち合わせたのでした。
隣で見ていた「恵梨香さん」の後輩「美優」は、まじめそうだとの評価で、紹介してくれるよう頼むんですが…という展開。
近過ぎてダメ。
そもそも、「恵梨香さん」としても彼については満更でなく、素直に受けれなかっただけの様子。
彼が、あっさり引いちゃったんですよ。
どっちの気持ちも分かるなぁ。
幼馴染みで近しい関係だったため、些細な事ですれ違っておりました。
そんな訳で、第三者が加わることによる再認識な漫画です。
確かにえっちを差し込むには流れ的にページ足りないと思いますが…ヒロイン「恵梨香さん」は上着ですら脱がないという、珍しいお話でした
ちなみに、えっち担当は後輩「美優さん」です。

大学進学をし、念願だった1人暮らしを始めた「拓」くん。
しかし、幼馴染みでいいトコのお嬢様学校へ進学していた「杏」さんは、”帰りが遅くなった際の宿泊先”として、頻繁に出入りするようになっていたのでした。
そんな短編が「侵入!お嬢様」
外面お嬢様という「杏さん」の素顔を知る「拓くん」
それだけ信頼されてる証拠ですわね。
普通に寝て、お風呂にも入っており…傍目にはまぁ、えっち待ちな感じ。
こちらも近しいだけ難しいか。
「杏さん」にもっと直接的なアピールがあればなぁ。
なお、ここで名作として「おまかせナースフォース」が紹介されていました。
あれは確かに極上品ですよ。

「愛の冷やし中華」は既に同姓しているカップル「菜穂」と、父と共にラーメン屋をやっている「克仁」
なかなか結婚に承諾しない彼女の真意は?というお話。
思わず「克仁くん」はコメディーに崩れていましたが、確かにその通り。
ただ、「菜穂さん」の気持ちも分からんではないか。
ちょっと極端ですけどねー。
夜に1人頑張っているところは健気でした。

記憶に残る場所へ様々な人と出会いながら電車旅行をする、という「思い出の場所へ…」
幼い頃の旅行で見た、海辺に建っていた立派なお城。
実はラブホテルだったんですが、それに魅せられていた「亜美」さんは、当時の「まーくん」の言葉そのまま「お城へ行きたい」とせがむのでした。
短編ながら、技術でまとめたような印象
ちょっと強引さもありましたけどね。
素直に愛情表現をしていたっぽい「亜美さん」に対し、彼のが肝心なことを避けていたみたい。
結ばれない、後悔する人生になったかもしれない「まーくん」が道々での会話によって、決意を固めるような感じ。
心なしか、だんだん良い顔になっていたかも。

「約束の暗号」は実はこっそり付き合っていた「友則」・「沙弥香」のカップル。
読者モデルをしていた「沙弥香さん」は本格的にモデルの仕事をしようと東京へのデビューを考えておりました。
一方の「友則くん」は実家の喫茶店を継ぐことを決めており、それを切っ掛けに喧嘩別れしてしまうのでした。
ううむ、親父格好良いなぁ(笑)
悩み・揉める若い2人を横目に、さらりとサポートをしていましたよ。
漫画ではあーした結末になっていましたが、これはどっちが良いのか分かんない。
”中途半端”というのも、確かにあるのかもしれませんが…。

沙弥香さん、藤崎結衣さん
※左:沙弥香さん、右:藤崎結衣さん
 このオデコがため、「結衣さん」がお気に入り。

ヒロインとのえっちが冒頭で早々に終わるという、これまた珍しい流れの短編「ラブレター」
「藤崎結衣」は幼馴染み「太一」と共に、父親の会社で働いておりました。
順調に交際を続けていた2人は、ふとしたタイミングで父親(社長)と同じく職員である「氷川」の関係を知ってしまったのです。
母親を裏切ったような父に納得が出来ない「結衣」は…というお話。
「太一くん」らカップルはオマケなの。
再婚するかもしれない父と娘の漫画で、同姓だけあって「太一くん」は助演男優賞な感じ
ちょっと泣ける展開をお楽しみ下さい
あの手紙は抗い難いですよ。

「早希」と「裕也」の「目ざましガール」は彼女を再認識するようなお話。
毎朝通勤(通学)が一緒で、ほぼ一方的に喋られ、弁当を渡されていた彼は”飼われているみたい”という認識になっていました。
そんな訳で、遠ざけるような発言をしたところ、次の朝から「早希」は現れなくなってしまったのでした。
常套手段ですね。
弁当作ってもらっている身で贅沢言うな、って(笑)
さして「早希さん」に意識なかったようなのはいい感じ。
再開シーンの彼女は可愛かったです。

しつこくない程度の描き込みで、やや濃淡は強め。
キッチリした線で乱れは少ないものの、ややリアルっぽさもある絵柄なため、崩れを感じるコマがあります。
また、軽いストーリーでないことも関係しているかと思いますが、やや力が入ったような印象。
個人的に、ぎしっとしたカタさを感じるコマがありました。
ただし全体は安定しており、指摘した部分もそう目立つほどではないです。
普通に読むには問題ないでしょう。
裏表紙が参考になるのでどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 幅広輪郭でクリっとした目のヒロインは好きですが。もう少しプラスが欲しいかと。
・話4: えっち面が弱いものの、お話は良かったと思います。
・独4: 一般えっちの短編モノとしては、珍しい仕上がりです。
合計:[11/15]

そんな感じで、しっかりとしたお話の単行本でした。
ライトHについては、いいかと思うんですが…個人的に、何らかの売りがもう1つくらい欲しかったところ
各話のどこかしら繋がっているとか、同じキャラが登場してるとか、後日談4コマがあるとか…なんでもいいんですが。

幼なじみガール (芳文社コミックス)幼なじみガール (芳文社コミックス)
(2011/04/16)
usi

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

comment

Secret

人の事言えませんが

私も人の事言えませんが…アマゾンは結構間違ってますよね。
それが商品検索のキーとなる部分だったりすることもあり…。

No title

「キセキのチュウボウ」の作・画が逆になってますよ。

・・・と思ったら、Amazonが逆にしてましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。