FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■えろぐん (あきやまけんた)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]軍隊・戦記
・おまけ: あとがき、えろぐん・人物紹介、
      えろぐん・用語解説、カバー裏に別絵。
・その他: カラー(10P)、短編×9
      (うち「えろぐん」×7)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あきやまけんた」センセの「えろぐん」です。

ちょっとだけ昔話を。
PCゲームで「FOXY2(エルフ)」というのがあったの。
戦車とかなんとかの、いわゆる現代戦シミュレーションゲームで、合間に軽いえっちシーンがあったりするのよ。
こちらが好きだったんです。
ゲームは普通に面白く、ヒロインもリアル寄りでした。
名前はすっきり忘れましたが、赤い髪のヒロインが良かったなぁ。
「リサ」さんだっけか。
似たSLGの「シャングリラ」はリニューアルされてたみたいですが、こっちは「エルフオールスターズ脱衣雀」みたいなお祭りソフトでも無視されていて…なんだかさみしい限り。
るるる。
ネット検索でも、あまりバチーとヒットしなかったですねー。

…と、なんでそんな事を延々と時間をかけて検索(笑)しながら書いたのか。
女の子+軍服という組み合わせを意識するようになった切っ掛けが、ソレだったかなーと思ったので。


軍服を剥ぎ取れ!!

今回紹介します単行本「えろぐん」の紹介帯にはそうした文言がありました。
描かれている「あきやまけんた」センセの名前もサーチに引っ掛かったんですが、気になったのはそっち。
手に取って、↓表紙・裏表紙で即座に購入決定です。

秘書官「敷島沙霧」、参謀長「倉杜高嶺」
※左:秘書官「敷島沙霧」、右:参謀長「倉杜高嶺」
 眼鏡を揃えてみました。「高嶺さん」は目立ってましたね。


女の子の軍服姿っていいですよね

個人的には、学ラン女子と似た角度の刺さり方ではないかなぁ、って考えています。
男性イメージの服装に、ほんのり女性っぽさ(顔は無論、胸とか尻とか足とか…)が加わるのがいいのでは。
わかんないですが。
(あとがきには、”需要ない”って書かれてました。ないのかー)
そうしたポイントほかお話も良く、以前に紹介した「楽園☆遊戯」より、ぐさー刺さりました。
良かったです
前置き長くなりましたが、じっくり描いていきます。

 
収録は表題作の「えろぐん」がほとんどで、2話ほどの短編がオマケっぽく収録されていました。
軍事部隊の中編ストーリーで、巻末にはキャラ紹介とか用語解説もあります。
要するに、単純なドッカン話ではなく、かなり細かく設定をされているんですね。
どっかメーカーさんにSLG化してほしいくらい。

そんな訳で、お話は良く、読み応えもあったんですが…肝心の軍服えっち。
2話に少々、3、5話はそこそこしっかり描かれていたものの、他のエピソードでは脱衣シーンもなく、他の服装だったり、いきなり全裸だったり…。
あああ「あきやまけんた」センセ、脱がすの早過ぎますぅー
警官とかナースとかのAVは規制あると昔聞いたことあるんですが、こっちにもなんらかの規制とか圧力があったりするのかな。
紹介帯で期待をパンパンに膨らませてしまうと、がっかりするかもしれません。

「大猫神帝国」櫓州軍の司令官(大将)という主人公「更科直人」
指揮した戦闘では負け知らずで、”魔王”と恐れられていました。
戦争を挑んだ隣国「ヴェルディア王国」の主要都市は既に陥落。
僅かな部隊のみが抵抗を続ける戦況で、「レーナ姫」から国を腐敗させていた各大臣までを捕えていたのです。
侵攻の理由は「レーナ姫」という「直人」でしたが…彼の許嫁で副官「御子神綾羽」は、そんな理由に疑問を感じていたのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな導入部。

櫓州軍のアレコレを描いたストーリー漫画。
えっちシーンとかコメディーっぽさも少しだけ。
基本的には、えっちをメインとした、ややシリアス寄りな軍記モノという風情です。
だいたい現代戦のようでしたが、戦闘シーンなどはほとんど描かれていません
それっぽいのは、軍議の場面くらい。
彼の周囲を固めているのが女性ばかりと、実に羨ましい限りなのでした。
まぁ、成年漫画ですからねー。
ただし端々には深い設定が匂っており、なかなか読み応えあります。

なるたけお話に触れないよう、各話について軽く書きますね。
先に情報を得たくない方は、↓以下をすっ飛ばして頂ければ。

金色の美竜姫「シャルロット姫」
※金色の美竜姫「シャルロット姫」
 こうした、信頼関係あるパトロンの存在がいいですね。盛り上がりますね。

1話は「ヴェルディア王国」の「レーナ姫」
ファンタジーっぽいお姫様で、拘束されていた彼女とのえっち展開。
「直人くん」は”左手で触れると感覚が敏感になる”という、大変に都合のよい得意能力の持ち主でした。
そのため、いきなり盛り上がっており…後半の公開えっちなどは「キルタイム」さんの姫様漫画ちっく。
彼も制裁を受けるため、読後感は悪くありません。
ただ、いきなり軍服ヒロインではないんですよねー。

2話は秘書官(中尉相当官)「敷島沙霧」さんと、同盟国「神聖ブリガンディ帝国」の姫「シャルロット(シャーリー)」さん。
「沙霧さん」は秘書らしく机の下から登場です。
タイツと黒下着が素敵。
”金色の美竜姫”という「シャーリーさん」は、先の「レーナ姫」と違って武闘派。
3名でのえっち対決っぽさもありました。
ここの注目は、1話の真相が明かされる後半部分かな。
「シャーリーさん」は立場もあってか直接の出番はこのエピソードのみと少ないんですが、そちら「直人くん」との会話から非常に印象的なキャラとなっています。
出番コレだけというのはもったいないですねー。
「綾羽さん」との絡みをもっと見たいです。

3話はヒロイン「綾羽さん」を横目に↓表紙を飾っている参謀長(陸軍大佐)「倉杜高嶺(くらもり・たかね)」
眼鏡の巨乳さんですね。
「あきやまけんた」センセは彼女が好みなのかな。
軍服えっちが堪能できるお話で、軍服下からの巨乳、しかも陥没となっていました。
複数にされるパターンでしたが、ラスト前のあんなんはやっぱりという感じでしたよー。
「シャーリーさん」も指摘していたキーワードの追加情報もあった4話。
こちらは第12師団・師団長(陸軍少将)「榊魅代」、第42師団・師団長(陸軍少将)「久我坂優」の猫耳・複数えっちです。
ノリノリなツインテール・ロリちっくな「優さん」より、嫌がってる「魅代さん」のがいいですね。
急遽の資金調達も可能という、凄まじい部隊でした。
なお、3、4話どちらも「綾羽さん」がため、コメディーちっくなオチになってます。

兵站参謀(陸軍少佐)「越石真里菜」さんと参謀長「高嶺さん」の百合プレイがカラー原稿であった5話。
ある事情から、2人が”特別営倉”行きとなっていました。
これはまた、やたらめったら卑猥なシチュエーションでしたねー
名作「いけないよゆう子さん/唯登詩樹」と似た感じのプレイで、こんなん好き。
ここはえっち面のクライマックスでしょう。

6、7話が最終エピソード。
皆さま想像とおり、こちらは真面目な副官「綾羽さん」
黒髪・貧乳の可愛らしい方でした。
えーっと、どこまで書いていいかな…。
泣ける展開でしたよ
ひでるさんは涙腺やたらめったら弱いので、そんなんもあまり参考にならないですが…とにかく良い、熱いお話にて締めくくられていました。
前述しているように、えっち部分はやや不満な点がありましたが、もうちょっと彼女らを色々と見ていたいですね。
できれば、2冊から3冊くらいでじっくりと。

副官「御子神綾羽」、兵站参謀「越石真里菜」
※左:副官「御子神綾羽」、右:兵站参謀「越石真里菜」
 「綾羽さん」は可愛らしい方でした。彼あんなんだと落ち着かなそうですけどね。

4ページのショート「the After Day」は08年と原稿時期では最も古いモノ。
こちらに登場しているのは、「メイドdeラプソディー」のキャラたちです。
タイトルそのまま、後日談のようでした。
ブログでは紹介してませんが、登場するヒロインらはなんとない記憶があり…たぶん読んでいた筈。
短い上にヒロインが次々に顔を見せ、またその説明もまるでなく、ばっさり終了。
描き下ろし漫画的な内容なので、やはり「メイドdeラプソディー」の方に収録してほしかったところ。
この単行本には相応しくないですねー。

有名RPGを思い出す短編「あぶない水着」
ビキニを着るため必死にダイエットした「ミキ」さんでしたが、恋人「ゆーじ」は無反応。
そこで、より面積の少ない水着でアピールしたところ、あっさり乗っかってきたのでした。
彼は素早く反応してましたね。
個人的には、”あぶなくない水着”のが好きです。
隠されてるのを見るのが楽しいのよ。
そんな訳で、このエロ水着パターンはひでるさん刺さりません。
漫画の舞台は部屋内でしたが、もしこれが外で、さらに多くの視線があったりすれば、話はまた別なんですが。

乱れや崩れのない、洗練された綺麗な作画。
濃淡はさほど濃くなく、ややごっちゃり感はあったものの全体は丁寧でした。
派手でバランスも良いですね。
すらりと身長あるキャラは漫画っぽさが残りつつも、美人傾向。
これがコメディーからシリアスな展開まで、幅広く、違和感のないものにしています
特に引っ掛かるようなコマや表現もなく、重すぎず軽くもない雰囲気がお話と合っていました。
↓表紙などカラー部分とそう極端な差はないので、判断はそちらで良いでしょう。
なお、「ヒット出版社」さんのHPではたっぷりの原稿と「えろぐん」の1話が立ち読みできます。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 現状でも良いんですが、さらに高みが目指せそうな気がするので…。
・話4: ハチャメチャでなく、お話は好きな系統でした。もっと見たいです。
・独5: 軍服えっちは少なかったものの、こうした成年漫画はそう見掛けません。
合計:[13/15]

1話軍議のシーンには地図が描かれています。
それぞれキャラの喋る地名などはこちらから引っ張れること多く、見ながら読むと掴み易いと思います。
ぜひ再登場してほしいですねー。

えろぐん (セラフィンコミックス)えろぐん (セラフィンコミックス)
(2011/04/01)
あきやま けんた

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : シミュレーションゲーム コメディー ファンタジー ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。