FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■セレ・カノ (五十嵐電マ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・お嬢様
・おまけ: あとがき、合間におまけページ、
      加筆修正あり。
・その他: 初単行本、カラー(8P)、短編×11
      (うち「セレ・カノ」×6、「泳ごオナ」×2、
       「コキつかってください」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「五十嵐電マ(いがらし・でんま)」センセの「セレ・カノ」です。

でキュッとしまった、素敵な↓表紙ですね。
なんだかだいぶ苦しそうなポーズでしたが、艶やかな髪、透き通った瞳、縁取りのタイトル文字、スカート、そして下着まで、暖色の中にある各青色がポイントになっていました。
店頭でも目立ってましたよー
そちらヒロインに刺さった方は、満足できる1冊でしょう。

そんなこんなで、「五十嵐電マ」センセの初単行本「セレ・カノ」ですね。
収録はメインの中編から、2話ほどのエピソードと短編になっていました。
それぞれ気になる点はちらほらあったものの、魅力的な仕上がり。
良いと思います。

社長「マリサ」・秘書「コマツ」
※社長「マリサ」・秘書「コマツ」
 この「コマツさん」は優秀そうでしたねー。ほとんどを取り仕切ってるのでは。

なお、某専門書店では8ページの小冊子がつくそうです。
内容は表題の漫画で、描き下ろしの別エピソードな様子です。
数に限りあるそうなので、気になる方は書店へダッシュ
うっわー、そっちだったかー。

まずは収録で唯一の短編「いれて巫女」
奉納の儀の相手に指名された「道朗」くんは、巫女をつとめる「桂香」さんの相手をすることとなったのでした。
こちらのお社の御神体はいわゆる男性器。
もしかすると、こうした神事ってのは実際にあったかもしれませんねー。
”村一番の美人”という「桂香さん」
初めてを巫女服な彼女に奪われるというのは、取っといた甲斐あったかも。

女の子向けのグッズを扱い、急成長していた会社「ファンシーファクトリー」
成年女性のグッズを新たに扱うこととなり、社員を募集していたのです。
不況から就職に難攻していた主人公「森川」は、そちらの面接に気合いを入れたんですが…。
社員は社長「マリサ」、秘書「コマツ(コマっちゃん)」という若い女性が2人だけ。
しかも、面接会場はベットの上で、”実践して試したい”ということからいきなり脱がされてしまったのでした。
そんなビジネス話「コキつかってください」は、2話の連続モノです。

眼鏡でいかにも事務能力高そうな秘書「コマツさん」と、女学生みたいな社長「マリサさん」という複数ヒロインですね。
まぁ、”女学生みたいな”、って着ているのは制服で、次のエピソードを見る限り本物のようでしたが。
(※さらに、「同クラの子でねー」という台詞から察するに、秘書「コマツさん」も学生か)

だいたいは外注任せなのかな。
なんらか商品がヒットすれば、なるほど2人だけの会社ではウハウハかもしれません。
結局のところ開発した大人のオモチャも好評なようでした。
その礎になった(笑)と思われるのが、1話目の「森川くん」ですね。
えっちしているものの開発には真剣。
軽そうな雰囲気の社長「マリサさん」は、快楽に流されることなく(そこそこ流されてた)、使用感を確認していました。
「コマツさん」も万能っぷりを見せており、オチの1コマがいい感じです。
続く2話目は、「マリサさん」に悩み相談をしていたクラスメイト「桃花」さんが参加しています。
相変わらず「森川くん」が名前を覚えられていないのはお約束。
驚いていた前回に比べ、完全に社員となっている様が可笑しいです。
やあっ、くまちゃんだよっ☆
とか言ってました。
うわー、恥ずかしー。
そう言えば、商品の”くまちゃん”はちゃんと強度調整されていましたね。
えっちメインは「桃花さん」で、残る2人はそのサポート。
「コマツさん」が秘書になる切っ掛けも描かれており、あんな感じに優秀な社員(?)をじわじわ増やしていくんだろうなぁ。

同じく2話の連続漫画「泳ごオナ。」は裏表紙の2人です。
憧れな「マキノ」くんがいるため、スイミングスクールへ入った「アキ」さん。
そんな「アキさん」を追いかける「美羽」さんは、悶々としていた彼女をこっそり覗いていたのです。
うっかり飛び出したことで「アキさん」をパニックに追い込んでしまった「美羽さん」は、そのお詫びとして2人の仲を取り持つことを約束したのでした。
だいたいそんな感じ。

美羽さん
※美羽さん
 こんなんです。そりゃー写真に撮りたくなって当然でしょ。

「アキさん」が大好きという、百合傾向のある「美羽さん」が主人公。
その想い人「マキノくん」に対した際の、異なる態度が可笑しいですね。
まぁ、腹立つだろうしなぁ。
引っ込み思案なくせしてドエロなんだから
そんな指摘をされていた「アキさん」は、告白直前にも独りで始めてしまう、エロい女性。
恥ずかしがっていたものの、欲望そのままえっちを進めていました。
告白はだーいぶ後でしたねー。
また、そんな様を真横で眺めて鼻血たらす「美羽さん」など、コメディー色の強いお話です。
最中にちらほら2人の邪魔をしてましたね。

続く2話目はスイミング部での3名。
いちおう諦めていたようなんですが…何度も2人のえっちを見せつけられた「美羽さん」は、合宿にて「マキノくん」をおとしめるべく、暗躍したのです。
”罠を仕掛けた洞窟に誘い、彼の恥ずかしい写真を撮る”という、漫画ちっくな計画です。
撮影要員として、写真部の「コミ山」くんが登場。
よわーいネタにて「マキノくん」を怖がらせていましたが…写真部「コミ山くん」の撮影対象はビキニ姿の「美羽さん」
確かにそっちですよねー。
描かれていた、跨るようなアングルが秀逸
とってもフォトジェニック」とか言ってましたが、その通り。
ユルい計画で結果的に2人の絆は深まり、「美羽さん」は流れで「コミ山くん」とのえっちになっていました。
優れたえっちコメディーでしたよ。
今後も失敗し続ける「美羽さん」が見たいです。

メインの「セレ・カノ」は、「0.5話」を含めて全6話という中編です。
大好きだった祖父の仕事を継ぎ、円寺(つぶらじ)家の執事となった「桂木竜ノ介」
そちらのお嬢様「円寺琴葉」は凛とした美人で、素人同然の彼を相手にしなかったのでした。
しかし、祖父の死に際の一言、
とても素直で可愛らしくてなぁ、昔からお前に友達になってほしかったんだよ
そんな期待から、諦めずに「琴葉」の部屋を訪ねてみると…なんと、独りえっち真っ最中な彼女とはち合わせてしまったのです。

そんな訳で、お嬢様と執事のえっちストーリーです。
収録のカラー原稿は、全てこちらのお話。
家庭環境などの要因から、独りえっちにハマっていたお嬢様「琴葉さん」
家族の前ほか学校エピソードでの振舞いなど、かなり自分を抑えていたので…ストレス発散には必要なことでしょう。
”見られてもいい”という感覚もちょろっとあり、ギリギリな様を楽しんでいるようでした。
そんな「琴葉さん」でしたから、「桂木くん」はぶっちゃけられる唯一の相手。
彼のおじいちゃんはそうした面を見抜いていたのかな。
見事な張りのある巨乳で、ややツンデレちっくで、べったり甘えてくるようなんがキュートです。
どっかがアニメにしそう

お互いに初えっちな1話目。
琴葉専用(わたしだけの)の執事(かつらぎ)になってくれる…?
…とかなんとか、中盤ではだいぶ可愛らしい発言をしていました。
両親を前にしていた、初登場時とは雲泥の差ですね。
実はかなり表情豊かな娘さんです。
独りでは熟練者だったためか、いきなりメロメロになっていました。
冒頭のカラー原稿部分はオチに続く描写でしたね。
2話目は学校エピソード。
創立者は彼女の祖父で、成績優秀・容姿端麗で生徒会長でもあった「琴葉さん」
”円寺学園の奇跡”
そんな呼ばれ方をしていたため…相当に猫をかぶってます。
ストレス溜まるだろうなぁ。
ただ、そのすぐ横には「桂木くん」
学園・資料室でのえっちになっていました。
お嬢様学校らしく、大きめな窓が効果的です。
「琴葉さん」のバストは89cmだって。
男子らの噂話に照れる様がいいですねー。
番外編という2.5話は修学旅行前の「琴葉さん」とのエピソード。
あれも普段のストレスに対する退行現象ですかね。
幼児言葉で違った一面が垣間見えます。
オチの1ページが好き。

お嬢様「円寺琴葉」
※お嬢様「円寺琴葉」
 この単行本は「琴葉さん」でしょう。いい胸でした。

3話は別荘へ行くお話。
メイドさんらを遊びに行かせ、「桂木くん」との2人きりを満喫しています。
かなり彼を信頼してますね。
”死ぬほど恥ずかしい”というエロ水着でアピールしていました。
どーでもいいですが、海の隣にえらい広そうなプールを持っているんですね。
さすが円寺家。
後半にカラー原稿があり、「泳ぎ教えてからの展開が羨ましいくらいラにブラブです
再び学園エピソードの4話。
こちらでは新キャラ・眼鏡爆乳の「栗皆まいん」さんが登場しています。
「琴葉さん」が大好きなんですが、”近づくのは畏れ多い”と、最も近しい「桂木くん」とのえっちになっていました。
そんな感じに第三者が介入してきたことで、2人の関係をハッキリさせることとなってます。
5話がラストエピソード。
詳細は伏せますが、「琴葉さん」はお嬢様のわりに行動力ありますねー。
ここはラブラブハッピーだけでなく、ストーリー完成度の底上げがされていたように感じます。
そりゃそうだろうなぁ。
良い漫画でした。
↓表紙に釣り上げられた人も納得だと思います。

そんなカラー絵は、まとまった非常に良いモノ。
ただ、白黒絵はそれに比べて、やや弱い印象でした。
コメディー傾向もあるため、漫画のあちこちはばっさりとした軽い絵柄です。
えっちシーンなど、描き込みとか濃淡とかキッチリ処理のされたコマとの落差がそれなりにありました。
線・バランスもやや不安定気味。
乱れ、崩れを感じますね。
しかし、ある程度の水準は保たれており、各ヒロインの可愛さがためか、そう細かい部分は気になりません。
比較的幅広な輪郭と、小さい鼻。
↓表紙でも目立っていた、横長のきゅっとした目・ガラスのような瞳が特徴でした。
この目が素敵なんですよ。
ヒロインの魅力を倍増していたように思います。
前述したように、まとまったカラー絵とはやや差を感じたので、よくよく吟味して下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: そう悪く感じませんでしたが、もう少し安定感が欲しいところ。
・話5: 良質のラブコメ話でした。ボリュームもあり、面白かったです。
・独4: お嬢様と巨乳ですね。「琴葉さん」万歳。
合計:[12/15]

裏表紙のカット絵は小さく、参考にはやや難しいですかね。
また「若生出版」さんHPの立ち読みページも…原稿が小さ過ぎて見辛いです。

セレ・カノ

セレ・カノ (ワコーコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。