FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■椿色バラッド (皇ハマオ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]大正時代・女学院
・おまけ: あとがき・4コマ
・その他: 折り返しにコメント、6話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「皇ハマオ(すめらぎ・はまお)」センセの「椿色バラッド」です。

朝から何故かネットに接続できません。
ざーっと色々調べてみたところ、不具合起こり得るものらしく、とりあえずは問い合わせしないとダメみたい。
現在は時間外なので、明日まで身動きできません。
もう、勘弁してよー。
(※結局のところ外の断線が原因でした。何かひっかけられたのか…よく分かんないですが)


そんな訳で、あまりブログを書くテンションではないんですが…やります。
本日は「椿色バラッド」ですね。
描かれているのは「つよきす」などのコミックスで有名な「皇ハマオ」センセです。
個人的に、ゲームソフトの漫画家さんという印象。
購入時は、こちらもそうなのかと思いましたが、オリジナルみたい。
センセは袴娘がお好きなようで、↓表紙の雰囲気そのまま大正時代のお話になっていました。

愛染椿
※愛染椿
 なんとなく「桜の一番!/影崎由那」を思い出しましたが…。


あなたはいま悩んでいることや、苦しんでいること…なにかない!?

女学院「東京仁愛師範学校附属高等女学校」へ転入してきた「愛染椿(あいぜん・つばき)」
そんなことを言っている、正義感の強い彼女。
転入早々、クラスでは”変わり者”とされてしまったのでした。
同じく転入生だった「前田かの子」は、大人しい性格からクラスでやや孤立気味。
そうしたアクティブな「椿」に押され、ちょっと気になっていた事柄について調査をお願いしたのです。
大雑把にはそうした導入部。

簡単に言えば、裏表紙そのままに”浪漫活劇”ですかね。
今のところラブと言う要素なく、女性同士の友情を描いているような感じ。
いちおう主人公は「椿さん」ですが、「かの子さん」単独の描写も多め。
感覚的には、半々くらいかな。

「ほとんど勢いだけで描いている」
あとがきにそう書かれていました。
まぁ、それは謙遜なのでしょうけど。

警察官を目指すという「椿さん」
目標はいちおう明確でしたが、時代ほか様々な要因から実際には遠いもの。
ああした↑性格から様々なことに首を突っ込むため、お話にはこと欠かないでしょう。
1話、あるいは数話による、問題解決っぽい展開ですね。
別に悪くはないものの、コレがいまいちパンチ弱め。
前述しているように目標がぼんやりしたもののため、あまり物語に引き込まれません。
もっと事件っぽくするとか、コメディーに「かの子さん」を振り回すくらいでも良かったかなぁ。
悩む暇もないくらい(笑)

4話にて加わる、独逸(どいつ)からの異国人「北野=カメーリエ=シュマンプティ」こと「プティさん」
彼女の加入で”変わり者が3名揃った”事により、だんだん面白くなってきていました。
2巻以降はまた期待できそうですが、やや仕掛けは遅かったのではないかなぁ。

前田かの子
※前田かの子
 りぼんは「椿さん」にもらったもの。

うじうじと暗いオーラなヒロイン「かの子さん」
基本的にうつむき加減ですね。
可愛いのに勿体ない。
対人が相当苦手なようで、「椿さん」の言葉にもビクついていました。

基本的に「椿さん」は好き勝手に動くため、相棒「かの子さん」はワトソン役でも、冷静に見極める役回りでもなく、単なる話し合い相手程度の立ち位置です。
これから、なのかもしれませんが、ややぼんやり
一人称が多く、性格からモノローグは多めで、「椿さん」と共にお話を引っ張っていました。
内向きですけどね。
先ほど書いた”目標”ですが、「かの子さん」の成長というのはあると思います。

ガツガツと勢いたっぷりに問題解決を目指す「椿さん」
雰囲気的に口数多く、声自体も大きそう。
大正野球娘などのネタから察するに、あの言動は相当なお転婆だと周囲に見られるのではないかなぁ。
(※逆に「椿さん」みたいな反応のが多かったのでは?)
警官と真っ向から口論してましたからね。
そうした言動がためか、3話では”変わり者”から”不良少女”に評価が変わっています。

1話後半にて、格好良い系な男性キャラという「高見清一郎」から帽子(※↓表紙参照)を貰っています。
あの矢絣な袴姿に警察帽という組み合わせは、なかなか可愛くてヒット。
これを前面にしていきたいですね
なお、やたら物事に首を突っ込むものの、能力的にそう優れた描写はありません。
2話では走る警官に追いつけず(袴だしね)、頭も判断も際立ったものは特にない様子。
行動力あってしつこいくらいか。
ついでに、見た目そのまま料理・裁縫なども残念なようでした(笑)

北野=カメーリエ=シュマンプティ
※北野=カメーリエ=シュマンプティ
 だいたいこんな感じ。2巻以降のがいいかな。

後半でなかなか良い味を出していた「プティさん」
言葉数少ない、不思議系でした。
彼女は基本黒セーラー服で、半開きな目が素敵。
しれっとしているため、「椿さん」とのやり取りも可笑しいです。
言い負かしてましたよ。
やっぱり女性は3名集団のが漫画的に映えますね
5話での、
あなたしか見てないから、へーき
そんな、スカートまくっているシーンが刺さりました。
この漫画の最大の見どころだと思います(笑)

しっかりとした線で描き込みも適度。
濃淡はやや濃いめくらいです。
時代設定がためか、背景とか服装・小物はしっかりとしていました。
やっぱり気を使ってるのかな。
そう時代に詳しくはないものの、それっぽく違和感はありません。
比較的コマ内にしっかりおさまっており、全体では静かな印象です。
キャラ絵はどっちかと言うと、可愛らしいもの。
表情・動きは良く、バランスにも優れていました。
カラーでも変化はないので、だいたい↓表紙・裏表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: コメディー崩しがやや大きめですが、よく描けていると思います。
・話3: 悪くはないものの、際立って良くも感じませんでした
・独3: やはりパンチ不足な印象ですね。
合計:[11/15]

漫画ではお風呂シーンほか、ちょっぴりサービスシーンもありました。
えっち系ではないので過度な期待はしないように。


椿色バラッド(1) (ブレイドコミックス)椿色バラッド(1) (ブレイドコミックス)
(2011/03/10)
皇ハマオ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 大正時代 コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。