FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■禁忌の砂糖菓子 (抹茶ちゃもも)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ファンタジー・複数
・おまけ: あとがき・作品解説、
      リバーシブルカバー(二次元ドリー夢すごろく)、
      カバー裏に4コマ「Drショクシュビッチ②③」・ゲストページ。
・その他: 折り返しに4コマ「Drショクシュビッチ①」、短編×8。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「抹茶ちゃもも(まっちゃ・ちゃもも)」センセの「禁忌の砂糖菓子」です。

例によって、ブログを書く前に「抹茶ちゃもも」センセのHPへお邪魔してきました。
そちらでは”袖塗り間違えてた”という袖部分を修正した↓表紙絵が公開されています。
なるほど、本編でもそんなんでしたね。
また、そちらによると、髪のピンク色は指定されたものだった様子。
なるほど、確かに目立つようになってるか。
個人的には”お蔵入りしました”というほうが好きです。
やっぱり紺色じゃーないかなぁ。

そんな訳で、ブログでは「その手に救いは届かない」を紹介しております「抹茶ちゃもも」センセ。
「禁忌の砂糖菓子」は3冊目でした。
同系統で良いタイトルですね。
触手とか魔法とか、ファンタジーな短編が多め。
そんなんとのえっちなため、やはりバッドエンドな漫画が目立っていました。
(※コメントにも大概バッドエンドとか書いてましたよ)
個人的にはコメディーな方のが良かったですね。
単行本には他にも4コマとかゲストとかおまけの要素も多く、色々と楽しめる仕上がりになっていました。

練習生「アカネ」、戦士「リン」
※左:練習生「アカネ」、右:戦士「リン」
 このビキニアーマーな子が良かったです。なかなか戦闘力ありそう。

練習生「アカネ」は憧れる先輩「イリス」とペアになったものの、レベルは低く半人前扱いされていました。
怪物に襲われていたところを「イリス」に助けられ、回復薬をもらった「アカネ」
しかし、彼女が立ち去った後に怪物は復活し、再び「アカネ」を襲ってきたのです。
なぜか身体の自由もきかない「アカネ」は…という、「憧れ」が冒頭話。

こちらの「アカネちゃん」が↓表紙のヒロインですね。
ファンタジー世界の学園という設定なのか、ブルマっぽいコスチューム。
定番な触手えっちになっていました。
触手とブルマの相性は良く、「アカネちゃん」のツインテールも派手でいい感じ。
ある理由からそれを受け入れてしまうため、バッドエンドっぽいもののそう読後感は悪くありません。
まあ、一種のラブですわね。
なお、「イリスさん」は残念ながら脱いでおりません。

「彼女の背中は死の香り」は完全にファンタジーもの。
斧を扱うビキニアーマーな戦士「リン」
かなりの強さでさっくり怪物を倒していたものの、前衛ながら攻撃をかわしてしまうため、後衛に被害がおよんでしまうのでした。
パーティーの1人「ノーズ」の治療に時間がかかるため、お詫びも兼ねて「リン」は食糧を探しに周囲を散策することとしたのです。

凶悪なレベルの化け物が相手では鎧ごとぐちゃっと潰される。避ける方が賢明だ
とか言っていた「リンさん」
他にも、「こんな鎧で~」なんて言葉もありました。
その通りですね(笑)
実際に、直撃されたらしい後衛「ノーズ」は、だいぶヤバそうな感じでしたよ。
こちらの相手も先のエピソードと同じく触手で、不意をつかれた「リンさん」が襲われてしまうパターン。
しれっとしていた彼女が可愛く乱れる姿をお楽しみください。
後半では卵を産みつけられるというハードな展開になんですが…これで、オチは前半と同じくコメディーちっくになってます。
なかなか面白く、このパーティーの続きが見たいです。

「Endless Nightmare」は退魔師「小濱あかり」と夢魔(かな?)の女の子。
追い詰められ、「あかり」の学園へ逃げ込んだ夢魔は彼女のクラスメイトを盾にされてしまうのです。
操られた彼らにも、当初は容赦のなかった「あかりさん」
こんなんいいですね。
ただし、彼らを自害させようと操ると、さすがの「あかりさん」も屈してしまうのでした。
その直後に、あっさりと彼女の術に堕ちていますね。
これは…実はヒントですか。
そんな訳で、複数えっちとなっていました。
所々で好き勝手に操られており、ああーって終わるパターン。
なかなかお話は面白いのですが、すっと伝わり辛いです。
もう少し前後をなんとかして頂ければ。
ページがちと足りないかなぁ。

「美羽」・「沙希」
※「美羽」・「沙希」
 こうしたロリちっくなのもあります。

「美羽」・「沙希」の「おひめさまごっこ」
よく廃墟で遊んでいた2人が、大人なお兄さんらにも遊ばれてしまう展開。
友人「沙希ちゃん」を守るため、自ら犠牲になる「美羽ちゃん」
前半でも勇敢な姿を見せていましたが、健気で泣けますね。
そんなんもあっさり反故にされてしまう、悲劇的な流れでした。
まさかオチの1ページがあんなになるとは想像もしませんでしたが。
やっぱり「抹茶ちゃもも」センセはコメディーのがいいなぁ

夜魔「アマリリス(マリー)」と神父「カトレア」の「夜伽のアマリリス」
”決して人を殺めない変わり者”という「マリーさん」
食事(←えっちね)のため、ちょくちょくイタズラはしていたものの、可愛らしい娘でした。
こちらがヒロインであるため、当然ながら神父が悪い人。
しれっと涼しげな顔でいながら、なかなか酷いことをしています。
えっち最中に聖水とか使ってましたよ。
まぁ、立場・思想的に相容れないことも分かるんですが、「マリーさん」視点でオチが可哀想なため、なんか神父がムカつきます
だいたい宗教家ってのは~。

ネットゲームな短編「仮想現実の彼女」
五感全てで仮想世界を体験できるというゲームにハマっている「加奈」さん。
ゲーム中に家では強盗が入っており、プレイ中は気付かれないことを知っていた彼らはえっちを仕掛けるのでした。
ハイレベルで、かつ我儘なプレイで知られていた彼女。
現実世界の異変はゲーム世界にも伝わり…という感じ。
よく分かんないですが、ネットゲーム内でもえっちなことされていました。
そこまでリアルだと嫌ね。
現実・仮想のどちらでも複数えっちになっており、五感が双方共通ということは…感覚は倍増されてるのかな。
収録中でも最悪だろうオチになっていました。

「神楽坂みあ」は、新聞でも活躍が書かれる魔法少女「エーデルワイス」その人でした。
学園にて、自らのえっち同人誌があることを発見。
文句を言うべく、イベント会場まで出掛けたのです。
そんな短編「魔法少女は知らないコト」
まぁ、あーした会場では単なるコスプレとしか思われないでわね。
出撃目的はかなり私的なものであったのに、なぜか同会場にいた悪の組織の幹部っぽい方。
どう収集をしているのか、なかなか優れた情報収集能力です
(※あるいは、「みあさん」がへっぽこなのか)
その力によって、会場の皆が暴徒と化していました。
雰囲気的には怪人でない人に手出しできない~ってパターンですよ。
えっちに流され、んな事考えてませんでしたが。
こちらの「エーデルワイス」は、なんちゃら耳にバニースーツのような服装と、見た目が魔法少女っぽくなくありません。
ひでるさん的に好みから大きく外れており、ちと残念な感じ。

退魔師「小濱あかり」、ツインテールな女の子
※左:退魔師「小濱あかり」、右:ツインテールな女の子
 こうした濃い目なのはまた違った風情ですね。

「汚泥かぶりのこびっちょ共」はツインテールなヒロイン。
魔法使いというか、こちらも魔法少女っぽい風情ですね。
トイレになりそうなところを探していた彼女が、ゴブリンの集団と出くわしてしまう展開。
ああ、ゲームなどには無視される、リアルな漫画ですね。
我慢しながらの戦闘であるため、呪文の詠唱に集中できないのでした。
ううむ、こんなん誰しも経験あるシチュエーションでしょうけど、ファンタジー世界も実際はこうした事あるんだろうなぁ。
やや漏らしたものの、ゴブリンから逃れた彼女は”人間の老廃物が好み”というローパーに捕まってしまうのです。
ついてないねぇ。
そもそも、さっきの話(※「彼女の背中は死の香り」ね)にもあったように、後衛だろう魔法使いが1人ではどうにもねぇ。
あ、トイレを探してたから1人なのか。
そしたら、ますますあり得そうですよ。
誰か護衛してあげないと(笑)
触手に続いてゴブリンらも合流し、こちらはバッドエンドなパターンでした。
なお、この漫画は処理が異なるようで、やたら濃いめ。
収録中でも独特な雰囲気になっていました。

そちら「汚泥かぶりのこびっちょ共」と「Endless Nightmare」がやや古めな原稿なのかな。
線が太く色も濃い目で、もっさりとしてます。
その他はデジタルな、細線と薄めな色使いの洗練されたもの。
確かに綺麗ではあるものの、コッテリ原稿には違った良さもあり、どっちが良いかは読み手しだい
ただし乱れや崩れについては最近だろう原稿のが明らかに優れておりました。
「憧れ」、「彼女の背中は死の香り」という冒頭2話は安定感もあります。
枠間なく、ごっちゃり描かれる方なので、あちこちのバランス良さは大きいですね。
丸っこい輪郭で、横に楕円な目という、可愛いヒロイン絵。
コメディー処理が良かったです。(←個人的に得意でないこともあるかな)
カラーでも良いですが、判断には裏表紙のカット絵が最適です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 全体にもう少し安定感がほしいですねー。
・話3: 傾向としてはにコメディーのが合ってるように思いました。
・独4: ミラクルな逆転オチが独特で良かったです。
合計:[10/15]

こちらのオススメがリバーシブルカバーの裏側にあった「二次元ドリー夢すごろく」
普通のすごろくかなー、って内容を見てみると…かなり自由に書かれており、読んでるだけで楽しかったです。
割れパンダさいころがまた凄い。

禁忌の砂糖菓子 (二次元ドリームコミックス 230)禁忌の砂糖菓子 (二次元ドリームコミックス 230)
(2011/02/28)
抹茶ちゃもも

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール ファンタジー バッドエンド コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。