FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヌードになったら (ふうたまろ)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : [一般]カメラマン・ お姉さん
・おまけ: あとがき、
・その他: カラー(4P)、9話収録(全て表題作・1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふうたまろ」センセの「ヌードになったら」です。

えー、今回も個人的には完璧な1冊でした

いきなり良かったのがあの↓表紙。
今回のヒロインはカメラマンということで、そちらではメッシュのカメラベストを直接着ているんですよ。
こーれーは、エロい
紹介帯があると分かり辛いですが、下半身はミニスカートでパンチラしていました。
タイトルがやや邪魔かな、って思っていたら、折り返しにもそんなんが。
そっちは全裸にベストでしたねー。
確かカメラは心理学的に男性器の象徴(←だと思ったけど、うる覚え)なので、半裸みたいな格好でソレ持っているのもなんとなく意味深。
実写で見たいですよ。

カメラマン「醍醐菜々美」
※カメラマン「醍醐菜々美」
 自ら脱ぐこともしちゃう「菜々美さん」なのでした。

さて、そんな訳で最新刊は「ヌードになったら」です。
しっかりとして読み応えのあるお話と、爽やかながらもエロちっくな絵柄という「ふうたまろ」センセ。
↓下に並べてみましたが、いままでの単行本もハズれはありませんでした
性について明け透けという、オープンえっちな漫画群で、それは今回も同様。
まさに期待通りの仕上がりになっています。

両親を亡くしていた主人公「宿禰夏(すくね・なつ)」は、カメラマンの兄「宿禰敬介」に面倒を見てもらっていました。
しかし、そんな親代わりだった兄も病気で亡くしてしまうのです。
こうして、「敬介」の恋人・婚約者かつ、”宿禰スタジオ”の看板カメラマンという「醍醐菜々美」に支えられ、実の姉弟のように同居生活を送っていました。
ヌードカメラマンである「菜々美」でしたが雑誌社の評価は芳しくなく、ある切っ掛けから「夏」に男性の視点について教わることとしたのです。
…大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

一般系のえっちストーリー。
ラブコメという単語が当てはまるような軽さはなく、かと言って重たい恋愛話でもありません。
”えっちによって問題解決”、という一般ではセオリーな展開がありつつも、メインの2人の繋がりや、特に「夏くん」の成長話みたいな風情です。

なお、センセの短編集「愛・家族―ふうたまろセクシー短編集」には同タイトルの中編漫画があります。
女性のヌードカメラマンという設定は同じでしたが、短編をふくらませた「となりのアサミさん」とは違い、まったくの別モノになってました。
そちらの場合は各話に被写体となるヒロインが次々登場するお話で、1冊まるまるの長編としてはやや弱め。
(※ただ、普通の漫画家さんが描くと、おそらくそうした感じになると思う)
この大幅な変更は、間違いでないと思いました。
猫目とツーサイドアップな髪型のヒロイン「香我美薫子(かがみ・かおるこ)」さんは可愛らしい娘だったんですけどねー。
どっちかのコマに出てたりしないかなー、って探してみましたけど、いないみたい。

カラーページから始まる1話「守ってあげたい」
仕事現場でもセミヌードでしたが、家ではタオル1枚という格好の「菜々美さん」
彼女的には弟という感覚なのかもしれませんが、刺激的でした。
彼はあまり幸せと言い難い環境で育っておりましたが、ココは非常に羨ましいですね。
実姉とはやや異なる、お姉さんちっくな人、というのもいい感じ(笑)

もしかしたら、そのまま義理の姉弟として終えたかもしれません。
ただ、「菜々美さん」は雑誌社にて失格とされており、また「夏くん」も彼女のプライベート写真を偶然見つけていたことで、歯車がややズレてしまうのでした。
ここの流れはさすがにお上手
きゅ、っと漫画世界に引き込まれます。
なお、こちらでは撮影中にそれっぽい行為もしてますが、まだ直接えっちには至っておりません。

如月史香さん
※如月史香さん
 コレ、この絵です。「史香さん」に直撃されました。

2話「オトコノコノキモチ」では、「菜々美さん」・「夏くん」のもう1つの関係が明らかにされていました。
タイトル扉(1話)で見た際に、
”ずいぶん女の子っぽい顔の男性だなー”
…って思って見ていましたが、なるほど間違いではなかったのか。
彼なんと女装姿を写真に撮られていたのでした。
昔から夏くんの写真お店に飾ると、お客さんの反応がいいのよね~
そうした台詞もあり、なかなかこ慣れた感じ。
ただ、1話での経緯もあってか、「菜々美さん」の穿いていた女性下着を身につけるというイベントもあります。
顔を跨がれるコマが好き。
もう時間の問題っぽかったですが、2人の初えっちはこちら。
公園にて、ブランコなんて使っていました。
エロいですよ、「菜々美さん」

3話「デビューは裸で…」、4話「ヒーロー気質」はゲストヒロインの登場する悩み解決系なお話。
仕事でも欠かせないパートナーになっていく2人が描かれ、足場固めという感じのお話でした。
まず前者では人気下降気味な元アイドル「若宮きらら」さんと、その付き人「みちる」さん。
現場ではいまだに頼りなさげな「夏くん」でしたが、「きららさん」の意思を汲み取って行動しているなど、なかなかのアシスタントっぷりです。
また、結果的には彼の存在がため、わがまま女優を相手にしながらも全てがスムーズに運んでいました。
あれは「菜々美さん」だけで撮影していた場合、良い結果にはならなかったでしょう。
男性目線は重要ですね。
「みちるさん」の服の下に注目
後者では特撮ヒロインであった「御衣神姫香(みそがみ・ひめか)」が登場。
こちらはちょっと極端ですね。
いくら役柄にそんなん多くても、水着撮影でアレはないでしょ。
でも、そうした慣れない彼女をその気にさせた”あなたの意思ではない”、という「菜々美さん」の一言はポイント。
さすが看板カメラマンです。
オチで1コマだけ描かれていた「姫香さん」の特撮番組がちょっと気になりましたよ。

ぱっと使いやすいだろうアナウンサー「相嘗瞳さん」が顔を見せている5話「愛人」
こちらでは”宿禰スタジオ”の雑務を取り仕切っている(たぶん)、「如月史香さん」がメイン。
落ち着いた物腰で、「ふうたまろ」センセの描かれる賢者タイプの大人な女性。
真面目そうな彼女がいきなり脱いで登場したのには驚き。
ほぼ母親というべき存在な彼女とのえっちになっていました。
そんなんと同時にしっかり釘も刺されており、単行本ではターニングポイント的な1話になっています。
6話「一人でできるモン!」はそうした前回流れを引き継ぎ、「菜々美さん」の不在時に「夏くん」が撮影を担当するお話。
経験値か、なかなか巧く立ち回れていました。
本音を引き出したのはさすが。
あれは「菜々美さん」・「史香さん」らとのアレコレによるものかなぁ。
鏡プレイも凄かったですが、彼女の過去はまた凄い
実際にあんなんされるの??

妹「醍醐美凪」
※妹「醍醐美凪」
 お姉さんに負けない、魅力的な方でした。

妹「醍醐美凪」の登場から、姉妹撮影となる7話「最初で最後」
冒頭のタオル1枚な「美凪さん」がデジャヴで素敵。
彼女はまた胸が適度に控え目で可愛いですよ。
ある切っ掛けから姉妹撮影に発展する流れで、えっち面ではクライマックスというもの。
かー、こりゃいいなぁ。
わざわざ「菜々美さん」に「美凪さん」を脱がせるあたりは才能が垣間見えます。たぶん。
お話としては、8話「僕だけの写真」、9話「アイシテル」が最終エピソード。
アチコチの決着話ですね。
詳細については省きますが、8話は「菜々美さん」とのえっち。
コンビニでの露出撮影から、電車でのシーンも素敵。
そちらでのオチ一言が生きる9話は…えーっと「菜々美さん」の撮影話~くらいで濁しておきます。
ちょっとドキドキ。
レンタル会社の若社長という「敬介」の友人「石巻」も悪くない役回りでしたよ。
面白かったです。

すっきり系の安定した作画。
人物から濃淡まであちこちのバランスも良く、表現などにも引っ掛かるコマはありません。
テンポにも優れた、漫画の巧い方でした
爽やかな人物絵は、漫画っぽい可愛らしさと共に色気もあります。
しっかりとしたエロスがありながら、クドクドしくないのは凄い。
嫌味な癖のない、間口広めな作画は万人向けで、一般えっちとしては最適かと。
カラーもお上手で、雰囲気は大きく変わりません。
だいたい↓表紙・裏表紙にて判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: エロスながら爽やかという素敵な絵柄です。
・話5: ネタ的にもストーリーとしてもうまーく1冊にまとめられていました。
・独5: 文句無い仕上がり。どっちも被写体になってるのがいいのかな。
合計:[15/15]

やっぱり年上の女性、「史香さん」が素敵でした。
あの脱いで登場した1コマがお気に入りです。

ヌードになったら (マンサンコミックス)ヌードになったら (マンサンコミックス)
(2011/02/26)
ふうたまろ

商品詳細を見る


★「ふうたまろ」センセの漫画紹介記事  すべて一般系
となりのアサミさん
 隣のはっちゃけ母親「吉原朝美」
アナよび] 【特にオススメ】
 人気現役アナウンサー「相嘗瞳」とのアレコレ。
煽情的家族
 前後編「愛・家族~僕のプライベートエンジェル」の続編です。「あかりさん」も登場。
ボクのアダルトヴィーナス
 現役AV女優にして義母「神無月あかり」とのアレコレ。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ ツーサイドアップ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。