FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■100人ヌイても大丈夫。 (りょう)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [成年]積極的・コメディー
・おまけ: 合間にネタ絵、
      カバー裏に「りょう」センセの大好物、
      巻末おまけ漫画「茂七の野望」。
・その他: 初単行本、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「りょう」センセの「100人ヌイても大丈夫。」です。

他の単行本とかなんとか、ネタ探しを含めてHPとかブログとかあるか検索するんですね。
ブログを書く際には。
よく冒頭部分ではネタにしますが、この平仮名3文字のお名前は、まーこれまた見事なまでに検索には引っ掛からなかったですね。
こうしたケースでは、よく「漫画家」というキーワードを足してみるんですが、それもダメ。
漢字・平仮名など含め、「りょう」という文字のくっつく漫画家さんは結構おられることを知りました。
直接それがセールスに結びつくかどうか判断はできませんが、3文字の平仮名は再考の余地あるのでは。
機会損失になると思います。
実際、今回は途中で断念しているので…。

楠若菜、水谷めい
※左:楠若菜、右:水谷めい
 基本的なヒロインはこうした感じ。それっぽくないでしょ。

さて、本日は「100人ヌイても大丈夫。」です。
…どっかの物置みたいなタイトルですね。
描かれている「りょう」センセは、これが初単行本である様子。
直接の言葉が少なかったので詳しくは分かりませんが、なかなか面白い方であるみたい。
イラスト+文言という、なんだか「相田みつを」さんみたいな折り返しが良かったです。
特に気になったのは、もくじ絵部分。
AV機器やらゲームやらがあったので、たぶん男性の部屋。
(※ぬいぐるみもありますね)
そのあちこちに、全裸な収録ヒロイン(たぶん←うつ伏せで顔見えない)が、無造作に横たわっているのです。
非常にシュールな光景
微妙に恐怖も感じますよ。
うわわ、なんなんだろ、コレは。

また、あとがきはなかったものの、カバー裏のにはギッシリと思いの込められたテキストがありました。
なるほどなぁ。
先にそっちを読んでいたひでるさんは、収録の各話を見ているうち、そう感じましたよ。

そんな訳で、「若菜ちゃんのほとばしる性欲」は収録の冒頭話。
眼鏡な「楠若菜」さんは、「光明」くんと付き合って春満開という毎日でした。
家に誘われた「若菜さん」その後の展開を期待して鼻血をたらかしておりましたが、そこには土下座をするクラスメイト、「光明くん」の友人「茂七」の姿が。
曰く、「若菜さん」に失恋した彼は、完全に諦めるため2人のえっちを見せてほしいとの事だったんですが…と、だいたいそんな導入部。

雰囲気とは裏腹に、えっち好きな「若菜さん」
髪の毛切ったことを気付かれて下着を濡らし、彼に誘われて鼻血をたらし、えっちのためギャラリーありのシチュエーションを承諾しておりました。
どっちかと言うと垢抜けない、野暮ったい雰囲気な「若菜さん」
それが、えっち開始から”加速度的にエロく”なっていくのです。
↑上のキーワードでは”積極的”としましたが、えっちスイッチ後はまさに新幹線のよう。
…細かいスピードとかは知りませんけどね。
「りょう」センセはこんなんがお好きなようで、表現の違いはあっても他の漫画でも共通した空気がありました
対する相手が「光明くん」、「茂七」でガラリと態度が豹変しており、Sちっくな面を開花させています。
同じく眼鏡で似た雰囲気であった「伊庭響子」さんの「こあつ~Duo」は友人「相原希」さんほかとの複数系。
こちらの「響子さん」は優等生で、”男子はちょっと苦手”とか言っておりました。
そんな割りに、オヤジとのねっとりえっちを妄想しているなど、素質は十分。
放課後、冗談だと思っていた複数えっちを「希さん」は実際に行っており、それに触発されて参加する展開。
あっさり馴染み、お尻とかでもされていましたよ。

「勘違いお姉ちゃん」は姉「向郁美」と弟「晃平」の近親系。
小さい頃より「晃平くん」が大好きなまま成長した彼女は、彼の部屋へと潜入。
帰宅前に机とティシュのつまったゴミ箱にて激しい独りえっちをしていたところ…「晃平くん」にばっちり現場を押さえられてしまったのでした。
…好き過ぎて変態ちっくになってるのが素敵
(※後のネタ絵がまた良いので必見)
相当に依存度も高いようで、万が一「晃平くん」に彼女とかできたら、たまんないでしょうね。
ちょっと怖いよ。
家でえっちするため、2人してお風呂に入っておりました。
これは良いシチュエーションですねー。
「郁美さん」の性格から、極端な愛情が漏れ出ていると思われ…仲直りしたと無邪気に喜ぶ母親がオメデたいですよ。

「姉カノサンド」も同じく姉弟の近親描写がありましたが、ラブラブではありません。
弟「神坂秋人」には同じ図書委員という彼女「水谷めい」がいたんですが…エロくお馬鹿な姉「神坂天夏(かんざか・てんか)」は、日々彼をえっちなオモチャとして性欲解消に扱っていたのでした。
家へ招いた「めいちゃん」となかなか良いムードであったところ、姉「天夏さん」が乱入してきたことで、えっち講座となってしまうのです。
よくありがちな、年上近親者が彼女とのえっちをサポートする漫画。
お姉さんとは毎朝して(されて)おり、楽しむ「天夏さん」と違って「秋人くん」はドライ。
先の「郁美さん」と違って愛がないですねー。(※どっちも)
おそらく近親とかなんとかの疑問は置いといて、「めいちゃん」は普通にお姉さんにヘルプを求めていました。
収録では珍しく、エロ過ぎない純粋な娘さんですよ(笑)
今後どうなってしまうのか知りませんが。
なにしろ先生役があんなだからなぁ。

姪「皆川つかさ」、上杉珠子
※左:姪「皆川つかさ」、右:上杉珠子
 基本的にはお姉さんちっくなヒロインのが多めです。

兄夫婦の旅行から、姪「皆川つかさ」ちゃんを居候させる小説家「秋山ノボル」
家事全般をしてくれる彼女に、”嫁に欲しい”とか冗談半分に言ったところ、なかなか満更でもない様子なのでした。
そんな訳で、収録では唯一の貧乳キャラ、「つかさちゃん」の「兄の娘と俺の場合」
意外なでっかい胸も捨てがたいですが、素朴な雰囲気そのままというこのサイズも絵的におさまり良く素敵。
今年は貧乳ですからね。
えっちに至るまでの直前数ページが緊張感ありました。
あの年齢な娘さんに、嫁とかなんとかの発言というのは心揺さぶるでしょうねー。(←今どきな娘さんは違うのか)
年相応という、あちこちの大きいリアクションが可愛らしかったです。

タイトルそのまま実の姉弟ではないですが、「おさ×こん ~幼なじみコンプレックス~」はヒロイン「上杉珠子」さんのが「直江景太」くんよりも年上という、広義ではお姉ちゃん系。
日頃の他愛ない売り言葉に買い言葉の流れから、実はフラれていた彼女の傷を直撃してしまった「景太くん」
籠城する「珠子さん」に対し、なかなか言い出せなかった一言を伝えたのでした。
こちらもラブラブです。
女の子っぽくなくて~
そんな台詞があった彼女は、普段の言動とショートカットがボーイッシュな感じ。
うーん、あえて大本命は避けたか、むりやり考えようとしてなかったか…。
そんな彼女とは裏腹に、ヘッドロックの場面とか「景太くん」はドキドキしていたんでしょうね。
雰囲気とは別に、なかなかいい胸でしたよ。
(※「りょう」センセの描かれるヒロインらは、それっぽくないもののドスンというほどの巨乳が多め
ベタベタになってしまうラストページも良かったです。

カタイ言動のヒロイン「日下いろは」さんは、風紀に厳しい女性。
日々クラスメイトの「高梨祐二」くんを注意と共にボコボコにしていたんですが…実は、触っただけでメロメロになってしまうほど、彼にラブラブだったのです。
体育授業で髪留めを忘れた彼女は、「祐二くん」の着替えを発見。
つい欲望そのままにしてしまったところ、その当人に目撃されてしまったのでした。
そんな短編「武士スイッチ」は、先の「郁美さん」に負けないほどの暴走娘。
腕っぷしも強いだけタチ悪く、テレ隠しと状況打破のため、「祐二くん」をノックアウトしていました
気絶した彼に対する直後のコメディー4コマが楽しい。
添い寝して記念撮影、とか(笑)
当然そんな程度では満足できず、この絶好の場面にて彼を襲っています。
オチまでまとまりの良いお話でした。

日下いろは
※日下いろは
 こうした強い態度で接する「いろはさん」ですが、実は…。

先行して見れるネタ絵が注目の「リバーシ」
昔馴染みな「北河柊子」さんは、「山神」くんにとって口煩い存在。
教師からの信頼も厚く、現在は委員長という彼女でしたが…実は日々オモチャを忍ばせている、えっちな女性だったのです。
ただ、それが強過ぎたため、駆け込もうとした女子トイレが掃除中であったため、男子トイレへ入ったんですが…そこにはタバコを吸う「山神くん」がいたのでした。
先のお話と似た空気な漫画ですが、こちらはラブラブでないですね。
お互い気になる存在だったと思いますけど。
しっかりタバコを注意しつつも、いきなりぱっくりいっていました。
まー、この娘もエロいなぁ。
色々と眼鏡女性が登場しますが、彼女は凛々しいタイプですね。

人妻「はるか」さんの「壁に耳アリ!」
収録では最も年齢高いだろうヒロインです。
旦那とのえっちが合わず、欲求不満だった「はるかさん」
日中にて自らを慰める日々が続いていたところ、回覧板片手に訪ねてきた隣の学生「藤本卓也」は…。
レイプなら不倫じゃないし
そんなつぶやき程度から、隣に聞かれておりました。
発言も凄いですが、こちらの超安アパートっぷりも見事ですね。
「卓也くん」は中盤での駆け引きも見事で、「残念だなー」という台詞からの3コマも見事。

強めな細線の絵柄。
さらりとしたタッチで、濃淡は薄めなため、わさわさと線が賑やか。
コマ割りも細かめでした。
縦長な輪郭で、ごく小さい鼻が特徴。
独特な雰囲気の、ゆったりとした素朴なヒロイン絵です。
最大の特徴である、加速度的なえっち描写からコメディー部分まで漫画の巧い方。
修正もされてるのかな、初単行本という割には乱れなく、全体は安定しておりました。
どっちかと言うと、判断は↓表紙よりも裏表紙ですかね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 独特な雰囲気で、安定するに従って未知の領域に手が届くかも。
・話4: えっち女性の暴走っぷりが見事でした。
・独5: そうした加速度的な感じと、絵のタッチが独特です。
合計:[13/15]

ちらほら気付いた方がいるかもしれませんが、眼鏡率も高め
ハマる方にはガッチリ合うでしょう。
次巻も期待しております。

100人ヌイても大丈夫。 (TENMAコミックス)100人ヌイても大丈夫。 (TENMAコミックス)
(2011/01/28)
りょう

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ショートカット

comment

Secret

ありました

発見しました、情報ありがとうございます。
ありましたねー。
キーワードはそっちのが確実ですね。

No title

こんにちは。いつも参考にさせていただいてます。

りょうさんのサイトはhttp://www.yakinegi.net/ですね。
自分はうまく検索できないときは同人とかを入れて検索しています。
いきなりプロになるより同人をやっていることが多いので。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。