FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■屋上姫 (TOBI)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]ラブコメ・三角関係
・おまけ: カバー裏にネタ絵「こんな姫は嫌だ!?」・あとがき漫画的なモノ。
・その他: 折り返しにコメント、5話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「TOBI(とび)」センセの「屋上姫 1巻」です。

こちらは↓表紙のインパクト強いヒロインに引っ張られました。
一言だけの紹介帯、
彼女は嘘をついている。
…も、なんだかすっーと誘われるようなモノでした。
配色・構図・デザインなどなど、非常に優れていると思います。
ただ、カバー裏。
そちらでは↓表紙のパロディー風に、「こんな姫は嫌だ!?」というネタ絵がありました。
コレが最高
おまけで、そっちの漫画が見たいですねー。

屋上姫・「霞上澄花」
※屋上姫・「霞上澄花」
 あのまつ毛がため、なんとなく目が半開きっぽく見えるんですね。

そんな訳で、本日は「屋上姫」です。
コメントによると、”屋上”と”姫”が好きなので、混ぜちゃえという発想だったとのこと。
描かれている「TOBI」センセは、こちらが初の連続巻であるみたい。
確か「眼鏡なカノジョ」は読んでいました。
当然ブログでも紹介済みだと思っていたんですが…あれれ、”全ての記事を表示する”でも検索に引っ掛からない。
やってなかったっけ??
こうなると、ぶっちゃけ読んだかどうかも怪しい気が。
まぁ、キリないからいいか。

私立の高校へ入学した「黛陽平(まゆずみ・ようへい)」
小学校からの馴染みである「源条信忠(げんじょう・のぶただ)」、「伊集院結子」も同じクラスで、さして変化の無い日々が続くと思われていました。
そんな彼が、初登校の際出会った”屋上姫”という、一際目を引く存在。
彼女こそ、容姿端麗・成績優秀、そして生徒会長で理事長の孫でもある「霞上澄花(かすがみ・すみか)」だったのです。
部活のしつこい勧誘に困っていた「結子」をさらりと助けたことから、「陽平」にとって気になるようになっておりました。
帰り際、ひょんな切っ掛けから屋上にいた「澄花」とそのお礼かたがた直接話をする機会を得たところ、
そんなに好きなら、付き合ってみる?
そう、彼女は「陽平」もぽかんとするような事を言ってきたのです。
大雑把にはだいたいそんな感じ。

「陽平くん」・「澄花さん」というカップルそれぞれの視点で描かれる恋愛漫画。
コメディー要素の薄いラブコメですね。
派手ではなく淡々とした静かな運びで、恋愛というほどカタイ感じはありません。
まぁ、どっちも真面目でしたから、軽くもないんですが。
(※そんな訳で、当然ながらサービスシーンもありません)

付き合ってみない?
※付き合ってみない?
 腰が引けてる「陽平くん」に注目です。そりゃーたまんないでしょう。

独特な間を持つ、本作品のヒロイン「澄花さん」
非常に目立つ、白まつ毛が特徴ですね。
読んでいて、なんとなーく「ガンダムW」を重ねて見ていましたが。
(※知ってる人は、「リリーナ」・「ドロシー」をくっつけた感じね)
髪は漫画内だと白抜き、カラーだと灰色というか、シルバーっぽいのかな。
まぁ、そういった薄い色彩なイメージなのでしょう。

普段はあまり感情を表に出さないタイプのようです。
鏡に向かって気合いを入れているコマ(2話)も見られ、おそらくは無理矢理そうしているみたい。
先の「付き合ってみる?」の部分でも、「陽平くん」は素な彼女に対して思わず後ずさりをしていました。
お互いの瞳にそれぞれの姿が浮かぶ描写が実に見事
2話での校門でのやりとり。
色々と考えを巡らせ、結局のところ黙ってやり過ごそうとした「陽平くん」に対し、声を掛ける「澄花さん」
性格が良く出ています。
これがまたいいですねー。
その後のお弁当、彼女からの誘いで、デートへ行く(3話)などでもそうでしたが、しれっとテリトリーへ侵入してくるのがヤバイ。
ぐさーって刺さりますよ。
本人はさして意識なくやっているんでしょうけど。

”本当のお姫様だと思える”
1話にてそう「陽平くん」が評していましたが、言動を見る限りではその通り。
どうにもぎこちなく、交際に「信忠くん」が否定した意見をしたのも当然のこと。
また、彼は真面目な子なので、いちいちぐるぐる考えており、4話での台詞など、いっぱい・いっぱい。
そんな感じで周囲には掴みどころない「澄花さん」でしたが、捨てたバラで彼を傷つけたと反省をする(2話)、表面的な台詞に後悔する(4話)、自然な会話をしていた「陽平」・「結子」に困惑する(5話)など、こちらも負けずに真面目な娘さんでした。

ちなみに、漫画では何故かタイツを穿くカットが何度かありました。
ゆったりした動作が、ちょっぴりセクシー(笑)
そう頻繁ではありませんが、↓表紙の足に釣られた方も満足頂けるのではないでしょうか。

もう1人のヒロイン「結子さん」
ほぼ完成されつつある「澄花さん」と違い、”これから感”が強い娘ですね。
昔馴染みな3名は、ほんのり恋愛感情を持ちつつある「結子さん」と、それを看破している「信忠くん」、まったく気付いていない「陽平くん」という、実にセオリーな配置でした。
あれだけバレバレな感じなのにね。
たぶん、「結子さん」としては、高校進学でそれなりに決意をしているんでしょう。
機嫌良い「陽平くん」につられてテンション上がったり(2話) 「信忠くん」の機転もあって思い切ったお誘いがデートになった(4話)など、実に可愛らしい表情を各ポイントにて見せています。
頑張ってましたよ。
もし、「澄花さん」との関係がなければ、ゆったりしたペースでのお付き合いになったと思います。
明らかにお似合いな2人ではあったものの、ライバルは強敵。
次巻の巻き返しに期待しましょう

伊集院結子
※伊集院結子
 リアクション大きく可愛い幼馴染みでした。

なお、偶然助けた1話、そのお礼で会う2話、お互いに結果報告をした4話など、普通に感情豊かな「結子さん」と、ある意味素直でない「澄花さん」の相対する場面が可笑しいので注目。
好きな人いる?
そうした問いを流すことできず、実に分かり易いリアクションをしていました。
その後「澄花さん」も可愛らしい質問をしているんですけどねー。

柔らかなすっきり線の絵柄。
描き込みは細か過ぎず、クド過ぎず。
白比率が高く、すかーっとした薄い色合いでした。
乱れや崩れはなく、作画は安定。
小さなコマまで丁寧で、ちょろっと見られるコメディー崩しも良い雰囲気。
特に引っ掛かる描写もなく、テンポも良かったです
漫画の巧い方でした。
特徴はあるものの爽やかタッチで、極端ではないので間口は広め。
だいたい↓表紙・裏表紙と変化ないので、そちらで判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: ふんわりタッチの優しい絵柄でした。
・話4: しっかりと丁寧に描かれていた印象です。
・独3: 今のところ、ごくセオリーな雰囲気ですね。2巻以降かな。
合計:[12/15]

収録のラスト5話では、ちょっぴり「澄花さん」の秘密が明かされておりました。
親しく喋っていた「結子さん」・「陽平くん」の2人も目撃しており、今後はおそらく三角関係が加速するかと。
今後どうなってしまうのか、続きに期待しましょう。
前述したようにカバー裏の「澄花さん」、追加してあとがき漫画部分の彼女はコメディー調のキュートな仕上がりでした。
番外編4コマみたいなのも面白いかと。

屋上姫 ? (フレックスコミックス)屋上姫 ? (フレックスコミックス)
(2011/02/12)
TOBI

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ パロディー

comment

Secret

そうだ!

あとがき見てそのまま書いちゃいましたが…そうですね!
他社だからなんでしょうかねぇ。

たしかに帯の文章に惹かれますよね

おお、TOBIさんの本を紹介されるとは!
ちなみに初の連続巻というのはフレッツコミックスではという事で、まんがタイムKRコミックスより出ている前作「銘高祭!」は全2巻です。他社なので紹介しなかったのでしょうね。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。