FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■くろよめ (かずといずみ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : [百合]ラブコメ・派遣
・おまけ: あとがき・たぬきマンガ、合間にネタ絵、
      カバー裏に「お嫁さんは見ちゃった!~鈴木良芽~」・
      「お嫁さんは見ちゃった!~奥小桃~」
      描き下ろし「番外編1光子さんの苦悩」、「番外編2藤先生の嘘」
・その他: 9話収録(全て同シリーズ・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かずといずみ」センセの「くろよめ My pretty bride」です。

本当は昨日につづいて限定版の単行本を並べようかと思っていたんですが。
そっちはスピンオフ作品だったので、日を改めることとしました。
毎度の如く、もともとの作品の知識ないので…。
詳しくはまた今度ね。

さて、本日は「かずといずみ」センセの「くろよめ My pretty bride」です。
発売少なかった週末にて、ふっと目に入ったのがこちらの単行本でした。
「かずといずみ」センセの名前は聞き覚えあったんですね。
しかし、ラインアップを見る限り、記憶にあるものはなく…毎度の如く勘違いだったようです。
まぁ、ひでるさんの記憶なんてそんなもんですわね。

真子・羽似
※真子・羽似
 実は結構気になるのがこの2人でした。

元々は同タイトルの同人誌から。
あとがきによると、”全ページ手直し”しました、とのこと。
それはお疲れ様でした。
「かずといずみ」センセのHPにはそちらの紹介があり、原稿も小さく掲載されていたので見くらべてみましたが…ああ、よーく見ると、描き足しされてる部分が分かります。
基本的には変更ないようでしたが、流通向けに、より漫画っぽく細かい処理をしたような感じなのかな。
そちらに同設定(後日談ですね)を利用した、「つぼみ」にて掲載された前後編と、描き下ろしが収録されています。
「くろよめ」シリーズのまとめ本みたいな感じですかね。

掲載誌がそんなんなので、登場キャラは女性ばかりで百合ちっく。
設定は独特なものでしたが、だいたいの流れはジャンルのセオリー通りになっていました。

収録のメイン「くろよめ」は全ての切っ掛けとなるお話です。
OL「池田光子」は営業部のエース的存在。
仕事のできる彼女が唯一欲していたのが、家のことを全部やってくれる、若くてカワイイ”嫁”だったのです。
友人「武内真子」とそんな話をし、べろべろに飲んだ次の日。
二日酔い大丈夫ですか?
そんな心配している、見知らぬ女の子が。
彼女「鈴木良芽」は、”世界嫁派遣協会”から1週間の無料キャンペーンで派遣されたと言うのでした。
大雑把にはだいたいそんな感じ。

これはそのまんま「かずといずみ」センセの願望ですね。
続く「めとらば」の主人公は作家さんということもあり、よりそんな感覚。
あとがきによると、女性からの反響も大きかったそうですが、実際にそうでしょう。
そうした時代だろうと思います。

光子・良芽
※光子・良芽
 ちゃんと黒タイツが確認できるものをお届け。

唐突に登場した感じの派遣妻「良芽」さん。
成年漫画のような現代ファンタジーちっくな感覚ですわね。
詳細については最終話で明かされますので、違和感あっても気にせず読み進めて大丈夫。
「真子さん」とそちらにも派遣されてきたという「羽似(はにい)」さんから、なんとなく想像つきましたが。
待望の嫁について、わーいってあっさり受け入れないのはリアルでした。
まぁ、普通は「光子さん」みたいな反応で当然。
2話目では、仕事から家事まで完璧にこなす姿が描かれていました。
あの表面の笑顔とは正反対という内心のギャップは、よく分かります。
なんで!?ちゃんとやんなさいよ、という感じね。
ひでるさんは感情が出やすいので、ああしたスキルは羨ましいです。
背中流すため風呂へ入ってくる、一緒に寝ようとするなど、そのあたりがメイドさんと違うのかな。

3話は誕生日ネタ。
慣れ親しんでいた感情を阻む、現実的な事柄が。
ああ、「光子さん」ってば。
こちらでは過去シーンもあり、なにゆえそうしたややこしい女性になってしまったのか、丁寧に描写されていました。
あれは酷い。
イベントがためにまた冷静に戻ってしまったため、「良芽さん」との蜜月はいったん終了。
”世界嫁派遣協会”へと電話を繋ぐオチ部分に注目ですね。
まぁ…そんな秘密ちっくではないのですが。
そんな訳で最終エピソードの4話。
まぁ、めでたし・めでたしという感じでした。
それぞれの意外な過去に驚き
なるほどねぇ。

後半の、大らかでばっさりしている「真子さん」と違い、性格からして現実的で細かそうな「光子さん」が可笑しいです。
まぁ、ああした事務能力高そうな、色々と器用でしっかりした人というのはやっぱり必要ですよね。
飴色紅茶館歓談」の「琴織さらさ」のような。
ぶっちゃけ、この部分の続き見たいです。

前後編の「めとらば」はそちらの後日談という漫画。
↑その見たい部分が、ちょろっと確認できました。
20歳でデビューし、ファンタジー恋愛小説を書いていた「藤沙々」こと「藤原沙々子」
新作にドロドロな恋愛モノを書いたところ、これが大当たりで、小説家として大きく飛躍したのでした。
多忙な日々で散らかり放題の部屋に困っていたところ、
”あなたの「お嫁さん」派遣します!”
そんなチラシを発見したのでした。
こうして、若いながらも和服の似合う「奥小桃」が通い妻として訪ねてくることとなったのです。

ああ、ちゃんとした会社っぽくなっていましたね。
8時から22時という時間帯での”通い妻コース”、24時間対応の”同居コース”なんて2種類用意されていましたよ。
…ううむ、コレっていくらかかるんだろうか
似たような家政婦で調べてみたところ、時給は1日8Hで10,000から9,000円くらい。
都内で3週間8Hで普通(家事のみ)に利用すると、30万越え、泊まり込みだと40万近く。
介護とか、ベビーシッターとか、内容によっても上下あるみたいでした。
こちらの嫁派遣の場合、”単に家事を代行する”とは趣が異なるので、料金としてはもう少し上になるかな。
派遣する女の子の教育なども必要なので、会社としてイケるんでしょうか。
潜在的なニーズは多くあるとは思いますけど、
①「妻」という時点で疑わしく取られ易い。
②「光子さん」のように家事くらい自分でやっちゃえと考える。
③情報保護な現代で、他人を上げるのは嫌がるのでは。
④そもそも価格次第では雇い辛いでしょう。
そんな感じかなぁ。
まぁ、そう儲けて巨大な企業にしたいという考えはなさそうですが。

沙々子・小桃
※沙々子・小桃
 こちらは割烹着でした。そんなん刺さる方は見逃せませんね。

こちらの「小桃さん」は先の「良芽さん」と違い、優秀スキルのある娘さん。
連載から取材対応まで多忙な「沙々子さん」を見事にサポートしておりました。
途中から”同居コース”に変更したらしく、文字通り24時間対応でしたね。
ただ、どこまでが契約の範囲なのかは微妙で、小説の仕事の手伝いにまで及んでいます。
これがイカン
どっちかと言うと、必要なのはスケジュール管理だったのでしょう。
テンパる「沙々子さん」とキッチリ線引きをした「小桃さん」という後半部分は見応えがありました

そんな訳で、後編。
こちらでは家政婦が登場しておりましたが、先の嫁派遣との違いが明確に描かれています
掃除機の描写はやや極端に感じましたけど、大まかにそうした感じなのでしょう。
市原悦子」さんもよく鼻歌まじりでやってましたっけ。
やっぱり愛ですね。
お互いに必要とされている、みたいな、パートナー的な百合ちっくの仕上がりです。
ラブラブな番外編をお楽しみに。
謎の多い「真子さん」をピックアップしてほしかったなぁ。

しっかり強めな線の絵柄。
描き込みはそこそこという感じで、スッキリめ。
濃淡は適度なくらいで、崩れや乱れもなく、綺麗にまとまっています。
しつこくない反面、やや淡白な気もしました。
どちらかと言うと可愛らしいバランスのキャラ絵。
コメディー描写のが花咲くようでお上手です。
時期が異なっていたらしい各話も、手直しがためか全体は安定しています。
芳文社さん「つぼみ」のHPでは、「めとらば」が試し読みできるので、気になった方は参考にどうぞ。
そう変化はないので、↓表紙・裏表紙の判断で良いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: すっきり綺麗にまとまっていました。描写にも引っ掛かるところはありません。
・話4: ちょっと変化球な百合漫画です。これは女性必見という感じね。
・独5: 女性限定での嫁派遣は良かったです。前述したように、起業後が気になります。
合計:[13/15]

ちなみに、タイトル「くろよめ」は”腹黒い嫁”ではなく、”黒タイツを穿いた嫁”だそうです。
あまり足がピックアップされていませんが、↓表紙とかイイ感じですよね。

くろよめ (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)くろよめ (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
(2011/02/12)
かずと いずみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。