FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■trash. (D.P)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]アクションバイオレンス
・おまけ: あとがき(作画・原作)、補完ページ、
      カバー裏に漫画「ひとりアソビ編!」・4コマ「D.P危機一髪」
・その他: 原作「山本賢治」、カラー(4P)、8話+特別回(山本賢治)収録、
      現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「D.P(でぃー・ぴー)」センセの「trash.[トラッシュ] 1巻」です。

すみません。
恥ずかしながらかなり体調を崩しておりまして、起きているのもしんどい状況です。
(※半分寝ながら書いてる)
もともと弱い頭もまともに回りません。
そんな訳で、ちょろっとだけでごめんなさい。

本日は「trash.[トラッシュ] 1巻」です。
何の巡り合わせか、この体調悪い時にバイオレンスな漫画なんですよね。
しつこくは描かれていないものの、慣れてない方は注意。
結構えげつない描写もありましたが、いちおう一般系。
なお、各話の扉絵などにサービスカットがあったものの、そっち方面は僅かなので期待しないように。
漫画は巻数表記そのまま連続話で、何話かを一区切りにしたものとメインとなるストーリーが混在するような感じ。
だらりとした日常描写と、緊張感あるアクション場面のギャップが楽しめます

バレット&フランチェスカ
※バレット&フランチェスカ
 仕事での2人はこんな格好です。

歌舞伎町の裏世界で最強と言われる殺し屋”バレット&フランチェスカ”
もはや都市伝説というべきその正体は、「石川るしあ」・「白土マイン」という2人の女子高生でした。
同じく学生である、「許斐美能子(このみ・みのこ)」は関東岩志組の6代目組長。
彼女より仕事を請け負い、日々を生活していたのです。
”岩志組とモメた奴は必ず始末される”
ある仕事の現場にて、「ひろし」という男の子を見つけた2人は、彼をこっそり連れて帰ることとしたのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

血しぶきと切断面がグロテスクなアクション漫画。
さすがに「山本賢治」センセが原作だけのことはありますね。
タイプ異なる主人公2人ほか、依頼主「美能子」など女子高生然とした華やかさもありましたが、やっぱり目立っているのはバイオレンスな感じ。
↓表紙の絡みあう制服姿の2人に油断していると、びっくりすると思います(笑)

1巻の収録は8話まで。
だいたい3分割となっており、導入となる1話、「ヘル=モスキート」との対決が描かれた2~6話、”フランチェスカ”こと「マイン」を主役とした7、8話という構成。
おそらく、1話で拾った男の子「ひろし」に関わるのがメインとなるお話かな。
いちおう始末する相手は悪人揃い。
しかし、自らを”ろくでナシ”と称する彼女らも善人、正義の味方という感じはありません。
単なる人殺しという2人が助けた彼がどうなっていくのか、どんな秘密があるのか、注目していきましょう。

石川るしあ
※石川るしあ
 いちおうお色気担当かな。眼鏡がいい感じです。

導入部の1話目。
可愛らしい容姿と裏腹な、デカイ手足の縫い傷が痛々しい「マイン」
ちゃんと学生服の時は隠していますね。
なお、↓表紙などイラストではだいたい制服姿で武器持っていましたが、仕事場面では別コスチューム。
そうした場面はありません。
見栄えとしてはそっちのがいいんでしょうけどね。
普段は学生である2人の日常から、一変する仕事場面、依頼主「美能子さん」について、などの基本設定が丁寧に描かれています。
多少説明っぽい感じもありましたが。
なお、1人殺すと8万円だそうです。
安いなー。

収録ではメインとなる「ヘル=モスキート」との2~6話。
ターゲットの最低っぷりを上回る殺人狂「ヘル=モスキート」が非常に良いキャラ
当初は始末だった依頼が救出に変化するイレギュラーもあり、事件発生・依頼・始末という基本的な流れがやや崩れるところがポイントでしょう。
500円の焼き鳥を目の前に、匂いだけで我慢している「マイン」
早くお金入ってこないと…お腹すいて死んじゃう…
とか言っていました。
いかに岩志組といえど始末する相手が頻繁にいるとは思えず、また”都市伝説”の言葉から出撃は稀なことだと想像されます。
他にバイトもしていないようなので、仕事料以外に「美能子さん」から毎月いくらか支払いあるのかな。
どっちにしろ、仕事のハードさとは裏腹に、良い生活ではない雰囲気。

最強と噂されるだけあってそこらの相手では勝負にすらならず、今回のターゲット3名も彼女らにとっては楽勝の相手。
1話あれば十分でしょう。
ただ、用心棒として「ヘル=モスキート」こと「田宮二郎」を雇ったことで、緊張感あるお話になっています。
人相からしてかなり独特でしたが、言動はまたサイコな方。
特に初対決では、驚く方法で最強の殺し屋”バレット&フランチェスカ”を退けておりました。
その後、殺人狂らしい行動を取る「ヘル=モスキート」と、戦斧(フランキスカ)を操る「マイン」との激しい2戦目に注目。

白土マイン
※白土マイン
 日常生活とのギャップが大きい「マイン」秘密もありそうです。

3話目は「るしあ」・「マイン」の対立話。
目覚めた「ひろし」、拾ってきた猫などに合わせて「マイン」の過去がちょろっと描かれております。
詳細はなかったものの、あれは戦闘シーンよりも痛々しいですね。
仕事でもイレギュラーが発生し、逆に狙われるという危機となっていました。
その際の怒った「るしあ」と「美能子」のやり取りがいいですね。

くっきりとした安定感ある線の絵柄。
ジャンルもあってか濃淡は強く、描き込みは細かく、なにかと濃い目。
目立つような崩れ・乱れはなく、作画はすこぶる良好。
日常のコメディーから戦闘のアクションまで巧く、こちらに問題はありません。
メリハリやテンポも良く、読み易いと思います。
エロというよりグロな描写のが多く、ヒロインの活躍するセクシー・アクションだと勘違いなければいいでしょう。
バイオレンスという単語がしっくり当てはまるほど殺伐ともしていないんですけどね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 細かいところまで丁寧で、迫力満点です。
・話4: 悪くないですが、お話自体が人を選ぶでしょうね。
・独4: もうプラスなんちゃらがあれば、独特さが増すと思いますが。
合計:[13/15]

こちらで紹介している「EVILIVE」とは、また全然異なるタッチでしたね。
絵柄ではまったく問題ないでしょう。

trash. 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)trash. 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/12/20)
山本 賢治

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー アクション バイオレンス

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。