FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■東京レイヴンズ (鈴見敦)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]陰陽道・アクション
・おまけ: あとがき。
・その他: 原作「あざの耕平」、折り返しにコメント、
      カラー(4P)、5話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鈴見敦(すずみ・あつし)」センセの「東京レイヴンズ 1巻」です。

漫画を購入する際、気をつけているのがダブリ。
特にひでるさんはすぐに読めないこと多いため、巻数ある漫画などは携帯に発売日などを送ったりして気をつけているんですが…。
やってしまいました。
アマゾンで予約していたのをすっっかり忘れていたんですねー。
宅急便が届いてびっくりよ。

こどものじかん7巻
※こんな感じね。でも、異なるコスチュームが楽しめました。

ただ。
予約していたのは限定版なんですが、双方並んでいた店頭で手に取ったのは通常版。
微妙に心境が変化したんですかね(笑)

さて、本日は「東京レイヴンズ 1巻」です。
引っ掛かったのは↓表紙の巫女さんイラストでしたが、決め手は見知った名前があったため。
キャラクター原案の「すみ兵」センセですね。
もう成年漫画は描かないかなー。
なお、今回の漫画を描かれているのは、「鈴見敦」センセでした。
これはコレでお話とも合って良い感じです。

「東京レイヴンズ」は小説を原作とした単行本。
そっちと同時進行しているんだって。
漫画の2巻も2月に発売されるみたいですね。

親友「北斗さん」
※親友「北斗さん」
 1巻では彼女が非常に良かったです。

陰陽師「土御門夜光(つちみかど・やこう)」の儀式によって、過去に大霊災に見舞われた東京。
霊災は現代でも続いており、専門として扱う陰陽庁、捜査する呪捜官(じゅそうかん)、対処する祓魔官(ふつまかん)などが当たり前の世界。
田舎の学校に通う主人公「土御門春虎(つちみかど・はるとら)」
分家ながら陰陽道の宗家である土御門家の人間で、「安倍晴明」の子孫。
ただし彼には霊気が見えず、また本家の「土御門夏目」が天才と呼ばれるほどの実力者であったため、親友「北斗(ほくと)」が期待するその話題には、”才能無い”と避けていたのです。
そんな頃、陰陽師のエリート学園である「陰陽塾」の夏休みを利用し、幼馴染みである「夏目」が会いに来たのでした。
端折ってますが、だいたいそうした導入部。

和風ファンタジーな漫画。
舞台が現代であるため、龍とか馬など、いかにもっぽい式神らと共に、”壮行鬼兵(そうこうきへい)”という機械的なものも登場していました。
そうしたバトルっぽい点より、お話で目立っていたのはラブコメちっくな描写。
前半の「北斗さん」、メインヒロインの「夏目さん」らがいい感じで、やや意固地なまでに陰陽師関連の話題を遠ざけていた「春虎くん」を決意させるには十分でした。
非常に良かったですよ。

国家一級陰陽師「大連寺鈴鹿」
※国家一級陰陽師「大連寺鈴鹿」
 彼女は今後も登場するのかな。

また、こちらの1巻はとある理由から”泰山府君祭(たいざんふくんさい)”を行わんとしている国家一級陰陽師、”十二神将”の1人である「大連寺鈴鹿(だいれんじ・すずか)」とのお話がメイン。
そのために本家「夏目さん」が狙われており、それに「春虎くん」が巻き込まれるという流れ。

ある程度特異な家系であったものの、普通の生活を送っていた彼が別世界に身を投じるまでが描かれるという、全体がプロローグっぽいもの。
変に端折っておらず、じっくり描かれているだけあって、説得力と読み応えがありました
たまに2、3話で詰め込んじゃう漫画もありますからねー。
なお、次巻は男装した「夏目さん」との学園生活になるようで、こちらも見逃せません。
あとがき部分に描かれていた彼女が、またやたら可愛いので必見。

前半のヒロイン「北斗さん」
元気溢れる、典型的な友人系ヒロインでした。
ショートカットの可愛い娘で、お祭りでは浴衣なんて着ております。
2話では、またやたらキュートな言動をしていましたが…次の登場シーンで驚き
この1巻では、メインの「夏目さん」を霞ませるほどの存在感がありました。

本家の「土御門夏目」
※本家の「土御門夏目」
 右が男装姿です。わざとこちらを差し込んでみました。

一方、しっかり↓表紙を飾っている「夏目さん」
初登場の1話では、「北斗さん」と差をつけるためか、大人しくも厳しい雰囲気でした。
まぁ、それは~~な理由なんでしょうね。
明らかに様子のおかしい喫茶店シーンは、2周目だとなるほど、と納得。
察しの良い方は、この時点でピーンとくるかもしれません。
ひでるさんはうっかりスルーしてしまいましたが。
4話からの巫女服が良く、「鈴鹿」との対決シーンでは意外にいっぱい・いっぱいな様を見せていました。

そうした場面では、さすがに「春虎くん」は男の子。
本来ならば、彼女の式神となった彼がその指示によって動くんでしょうけど、どうやら戦場がはっきり見えているのは彼の方みたい。
そうしたあべこべな様が、これからのバトルにて味付けになっていくのでしょう。
”やたら運が悪い”という設定も、なんらかありそうですねー。
また、ラブコメ要素のある漫画の主人公として、素晴らしいまでの鈍感力を持つ「春虎くん」
漫画内でも再三友人である「阿刀冬児(あと・とうじ)」に突っ込まれていましたが、あれは酷い。
彼女らがイラっとくるのも当然でしょう。
特に収録ではオチ部分にある場面では、ぎりぎりまで1人蚊帳の外におりました。
もう少しがんばれ(笑)

混乱する「夏目さん」
※おまけ:混乱する「夏目さん」
 こんな表情も見せてくれます。

くっきりとした細線の絵柄。
ジャンルがためか描き込みは細かく、コマ割りも複雑。
ごっちゃりとした感じでしたが、濃淡やらバランスやらの強弱は適度で、見易いもの。
色が濃すぎることもなく、アクション面も違和感なく良好。
迫力がありました。
キャラの表情ほか、あちこちの表現も良かったですね。
↓表紙などカラーだとやや雰囲気異なりますが、だいたいの判断はそちらで問題ありません。
小説版イラストの「すみ兵」センセより、親しみ易い感じにまとまっています。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: バランス良く適度にまとまっています。
・話5: こちらは2人のヒロインが秀逸でした。良かったです。
・独3: 次巻からが本番かな。このお話ならでは、というポイントを期待します。
合計:[12/15]

こちらの話は公式HPがあったので、気になる方は参考にどうぞ。
プロモーション映像もあるんですね。
ややネタバレもあったので、見る際にはちょっと注意。

東京レイヴンズ (1) (角川コミックス・エース 309-1)東京レイヴンズ (1) (角川コミックス・エース 309-1)
(2010/12/25)
鈴見 敦、あざの 耕平 他

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ファンタジー アクション 安倍晴明 ショートカット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。