FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ハツハナ (桐島ヨウ)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : [一般]ラブコメ・同棲
・おまけ: あとがき。
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、カラー(4P)、
      10話収録(全て表題作・1巻完結)
       
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「桐島ヨウ(きりしま・よう)」センセの「ハツハナ」です。

ブログを始めてから、何度か同じ事を書いていますが。
やっぱり漫画というのは合う・合わないがあるもの。
人によって、はたまた年齢・経験などで重視する部分、気になる箇所というのは変わるため、評価も千差万別になるのでしょう。
アマゾンの評点でも、よく星5つと1つが並列になってたりしますよね。
(※合わない、って思った漫画が5つだったりすると、ドキドキします)

まぁ、そんな訳で、今回は肌に合わなかった1冊です。
ひでるさんがダメだっただけなので、面白いと感じる人もいるでしょう。
あくまでも意見の1つとしてお願いします。

萩野小槙
※萩野小槙
 あ、うっかり袴姿ではなかったですね。

そんな訳で、「ハツハナ」です。
時代を感じる、↓表紙のヒロインに釣り上げられて買いました。
丁寧な背景を含めた、ちょっと引き気味の構図。
派手でない、さらりと示されたタイトルを含めて、良い雰囲気。
落ち着いた物腰の女袴姿なヒロインには、やはり目を奪われます
いいですよね。

描かれている「桐島ヨウ」センセは、こちらが初単行本の様子。
漫画は大雑把に「藍より青し」のパターン。
ひでるさんが引っかけられたヒロインの良いビジュアルはそのままで、ここは期待通り
ただ、あちこちが非常に巧くない。
表現の弱さというのもあるかもしれませんが、読んでいて思ったのは設定のマズさ
お話のポイント部分に強引さが目立ち、無駄に多い描き切れていないキャラたちもイマイチ。
ラブコメ・シリアス・コメディー・そしてえっち(サービスシーン)…など盛りだくさんなのも、だいぶ背伸びな印象を受けました。
1巻完結の長さでは、設定・キャラについては半分程度のが良かったのではないかと思います。

曾祖父にお願いしていた、”二眼レフ”の古いカメラを貰って有頂天だった主人公「四ツ谷一成」
その帰り道、ひょんな切っ掛けからそれを橋から落してしまい、下を歩いていた袴姿の女の子に直撃させてしまったのです。
アパートまで運ばれた彼女「萩野小槙」は、名前以外の断片的な記憶喪失をしていました。
カメラに残っていた彼女そっくりの古い写真から縁を感じた「一成」は、とりあえず「小槙」の面倒を見ることとしたのでしす。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

古風な物腰なヒロインとの、同棲ラブコメです。
そんなんが、前述した「藍より青し」と似ている部分ですね。
ただし、同居に至る経緯など、設定がしっかりしていた(それなりに)そちらとは違い、冒頭からかなり無理矢理
また、”1つ屋根の下に住む”というドキドキ感もあまり描かれることなく、他キャラがお話を引っかきまわしていました

記憶喪失で、正体不明なヒロイン「小槙ちゃん」
それにしてはテレビやガスコンロについての知識なく、カメラには彼女そっくりな写真が残っていたなど、その秘密もお話のポイントになっていました、が。
さして意外なものでなく、ドラマチックでもなく、ぶっちゃけ逆に細かいトコロを突っ込みたくなるようなものでした。
あちこち頑張り過ぎて、粗が目立つ結果になったような感覚です

個人的に、いきなりダメだった1話目。
主人公の「一成くん」は、まともに他人と顔を合わせられないほどの、極度な対人恐怖症。
こちらを見る限り、他人どころか叔母でもダメなようでした。
物陰に隠れて震えるほど重症なのに、そんなんが眼鏡・カメラ越しなら大丈夫というのは…漫画よね
この設定はコメディーほか、特にサービスシーンへの発展で使用されていましたが、不要だったのでは。
出会いから同居へ続く重要な部分。
カメラの直撃で、気絶していた「小槙ちゃん」
対人恐怖症をガードする眼鏡も壊され、いっぱい・いっぱいというのは分かりますが、普通は救急車呼ぶものでは?
だいたい、あんな格好の女の子をおぶって歩くというのは、かなり他人の視線を集めると思われます。
また、医療の知識がある訳でなく、意識無くなるほどに頭を強打した彼女を素人の彼がどう手当てするというのか。
大家「マヤ」さんが大騒ぎしていたそのまま、”見ず知らずの意識ない女の子を部屋へ連れ込む”というのは、尋常ではありませんね。

記憶喪失な「小槙ちゃん」
※記憶喪失な「小槙ちゃん」
 テレビとか携帯電話など知識ありませんでした。

記憶をなくしていた「小槙ちゃん」の危機感ない反応。
性格からしてあんなんでいいとして、同居だの妻だのというのは飛んでるなぁ。
警察なり、病院なりに行って下さい。
だいたい、「一成くん」は大学生で特にバイトとかしている描写もなかったので、おそらく親の仕送りで1人暮らしをしているはず。
そんな身分で、同居人を養っていけるの?
犬・猫ではないのだから。
(※カメラなどのくだりから、それなりにお金持ちの家と想像されますが)

大学・写真部が描かれる2話目。
もっと「小槙ちゃん」とのドキドキ同棲シーンが描かれると思っていたんですが…。
おそらくは女性に免疫ないだろう彼が、可愛い彼女と一緒に住むんですよ!?
そりゃー、色々と楽しいことがあって当然。
さらに携帯電話も初めて見たような彼女でしたから、日常生活もゴタゴタするだろうし。
延々と描くものではないかもしれませんが、もう少しカップル2人きりの時間を大切にしてほしかったです
こちらから写真部の面々(※実は結構重要な役回りもある)、そしてお嬢様「常盤左京」さんがオチにて登場。
人が増え、よりコメディーっぽくなってました。
3話目はその「左京さん」がメインのお話。
元社長令嬢で、浮世離れした発想のなかなかオモロイ方です。
「一成くん」を慕っているのもそんなんですね。
この漫画は「小槙ちゃん」がだいぶ変わっているので、彼女のキャラは元使用人という「五条武蔵」を含めて強過ぎるかな。
対抗馬は普通な女子のが良かったのでは。
4話目はその「小槙ちゃん」・「左京さん」がマトもに接触するエピソード。
2人ともあんなんなので、ぶつかりません。
どちらも似てるんですよねー。

「小槙ちゃん」の服を買いにいく5話目。
漫画中で何日経過しているのか知りませんが、遅いですね。
それまでどうしてたんだろ。
彼女知識ないようだったので、こっそりコスプレさせててほしかったですが。
なお、ここで両手いっぱいに買い物をしていましたけど、どこからお金出てるんだろう。
やっぱり「一成くん」も金持ちのおぼっちゃんか。

さらに新キャラ「悠里」さんが追加される6話目。
なんとなく「一成くん」は覚えがあるような…という彼女も、結構な重要キャラです。
しれっとした無表情な娘さんでした。
普通に挨拶する、握手をもとめるなど、やっぱり「一成くん」は眼鏡掛けてるだけで対人恐怖症っぽさが全然なくなるのね。
変なの
こちらは落雷で恐がる「小槙ちゃん」のため、なぜか「悠里さん」を招くという不可解なシーンがあります。
余計なお世話です
…って、そりゃ当り前。
彼女の言葉があったとはいえ、本気で玄関まで行く「一成くん」はかなり異常に見えます。

常盤左京、悠里さん
※左:常盤左京、右:悠里さん
 周辺のヒロインも魅力的でしたが…

新人歓迎のため旅館・露天風呂の7話目。
こうした漫画で、おでかけは定番ですよね。
そんな訳で、写真部・関係者を含めて9名での小旅行話になっています。
目立っていたのは「左京さん」
露天風呂での鉢合わせ、その後のツーショットまで、まるで正ヒロインという描かれ方でした。
やっぱり彼女はまた別の単独話にしてあげたいですね。
8話からがラストエピソードです。
この漫画、もっとコメディー部分を減らした方が良かったのでは。

強めな線の絵柄。
描き込み細かく、濃淡はやや濃いめ。
コメディーによるざっくりした崩し絵が目立つものの、基本的には丁寧でしっかり。
縦長でバランスの良い人物絵は爽やか。
透明感と可愛らしさがありました。
背景や小物なども巧く綺麗。
漫画、表現なども、そうマズくは見えません。
判断については、↓表紙で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: ヒロインの可愛らしさは非常に優れています。
・話2: 合いませんでした。あちこち納得できないですね。
・独2: 女袴は良かったんですが、他は詰め込み過ぎな感じが。
合計:[8/15]

サービス描写も含めて、優れた絵柄です。
次に期待します。

ハツハナ (角川コミックス・エース 308-1)ハツハナ (角川コミックス・エース 308-1)
(2010/12/25)
桐島 ヨウ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ コスプレ

comment

Secret

こちらも

こちらも文面にはより気をつけるように致します。
ありがとうございました。

そういう考えがあるのなら、俺も気にならないようにするけど。たまになんの気なしにあーだこーだいう人がムカつくだけなんだよ

もうこういう変な書き込みで迷惑かけないことにするよ

こんな感じ

子供が頑張って描いた絵は、手放しに上手だねーって誉めてあげるべきかと思います。
しかし、これらはいちおう商業流通される漫画です。
それに真剣な批評をしない事のが、私は罪悪かと思いますが。

発表すれば、批評があって当然。
ただし、頑張って描かれた漫画に、ただ”つまんない”と切り捨てるのは言うとおりに失礼でしょう。
だから、ここが違和感あった、理解できない、良くないと思う…という、具体的なことをストレートに書くべきだと思っています。

ただ、オブラートに包んだやんわりとした文言だけを並べるのでは、面白いよ、オススメだよ、って宣伝する出版社・販売店と同じこと。
こうした個人ブログの良さは、私は逆にしっかり感じたことを書くことだと思ってます。

こちらもプロではなく、未熟な点は多々あります。
文言には気をつけていますが、行き過ぎることもあるでしょう。
そのため、漫画を批評するにあたって、個人的に最低限の礼儀は考えているつもりです。

所詮って言葉については謝ります。すみませんでした。

でもそれをいうなら、その頑張ってる先生方にストーリーがダメだのなんだのいうのもどうかと思う。それにそのマンガを好きな人もいるだろうから、ダメ出しするのはその人にも失礼なんじゃないかな。

そのマンガの感想をいうのは良いことだろうけど、悪い部分はもっとオブラートに包んだ方がいいと思われ。

マジレス御免

ここは

ここは漫画について感じたことを書くブログですからね。
”好み”というのは、私はこう感じましたがどうですか?、というスタンスで書いているつもりです。
気に障ったらすみません。
ただ、所詮という言葉は、頑張って漫画を描いているセンセがたに失礼だと思います。

所詮マンガだぜ?救急車がどうだとかリアリティ求めてどうする(笑)不自然なマンガなんて山ほどあるだろ。リアリティ求めるならラブコメ漫画全部読むな。主人公が変な性格の女たちにモテまくる時点でリアリティもくそもねぇっての。そんでどうせ「好みの問題」とかいって逃げんだろ?^^;
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。