FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ちょめちょめオトメ (メメ50)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : [成年]ラブコメ・巨乳
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説。
・その他: 初単行本、カラー(24P)、短編×15。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「メメ50(めめ・ごじゅう)」センセの「ちょめちょめオトメ」です。

やっぱり延期ですね。
11月下旬と発売表にあった「MGジョー作品集(仮)/MGジョー」は、12月下旬に変更したようです。
楽しみにしていたのにのにのに。
まぁ、「仮」となっている時点で怪しい感じはありましたが。
ちなみにタイトルは決定したらしく、サイトには「のむおんな」と書かれていました。
今月発売はあるんでしょうか。
オモロイ感じであれば、今年ラストでもいいかなー。

さて本日は、”COMIC華漫の風雲児”なんて通り名を持つ「メメ50」センセです。
今回の「ちょめちょめオトメ」が初単行本。
ああ、また巧い方が出てきたなーって感じ。
彩色原稿もお上手で、いきなりカラーが24ページもありました。
収録は全て短編で、ショートもあったものの15話と多め。

桜さん
※桜さん
 収録ではこちらが最も良かったです。いいお尻です。

↓表紙を飾っている「雛」ちゃんの「らぶかる!」
幼馴染み・元カノという「雛ちゃん」の失恋を聞きつけた主人公「昇」は、チャンスとばかりに家を訪ねたんですが…他に2人の元カレも集合していたのでした。
あー弱々しく男を集結させ、果てはトンデモなオチにて決着します。
たぶん、このタイプは本気の悪女でしょうねー。
まぁ、えっちの許容あるのが救い。
野郎ばっかですが、複数えっちです。
「スメルズ・ライク・体操部!」の「桜」さんが裏表紙担当。
そちらでは制服でしたが、漫画はジャージにブルマ姿になっています。
裏表紙も、そんなんに色付けてくれた方が良かったなぁ(笑)
足を痛めて歩けない「桜さん」を、「春」くんが保健室まで連れていくんですが…途中で強い尿意をもよおしてしまったのでした。
大ピンチ・エピソードですね。
放尿シーンは控え目な表現。
ジャージ程度では隠せない彼女の大きな胸、そしてお尻が非常にいい感じでした。

「紅音」・「天音」姉妹との「はぷイヴ」
Wヒロインになっており、当然ながら複数えっちになります。
そのため、先の複数~と違い、女の子絡み合うような絵で見た目に優しくなっていました。
ただ、彼はちと問題多そうね。
日焼け跡が眩しい「ようこそ!快感海岸」は海の家でのお話。
むちむちな「カホ」ちゃんとの野外えっちです。
流れも比較的スムーズで、ビキニ跡が素敵でした。

カホちゃん、こころちゃん
※左:カホちゃん、右:こころちゃん
 雰囲気違うでしょ。まだ安定しきっていません。

「水際さぼタージュ」はカラー原稿でやや多めな8ページ。
こちらが収録での冒頭話となっており、光沢あるブルーな水着がいい感じ
教師「霧島」さんの寝込みを襲う流れで、むちむちな水着姿が素敵だったので…脱がすの早いなぁ。
水着が引っ掛かった周辺のコマが好き。
「みこみこ」、「しじまのなかで」はカラーの4ページ。
ショートカットの可愛い巫女「舞」ちゃんの「みこみこ」は神社でのえっち。
ちゃんと下着穿いてなかったですね。
一方、「しじまのなかで」はアダルトな色気漂う義姉「香代子」さん。
キャラ・ネタ共にこっちのが好き(笑)
特にオチ部分はいいなぁ。

前半2ページのみカラー原稿で収録の「アイドル撮りマスカー?」
ファースト写真集を出すアイドル「桜井美希」の写真家に抜擢された「木戸明」のお話。
まぁ、普通はあんな素人みたいなの使わないでしょうねー。
写真を気に入った~とありましたが、「美希さん」がなにゆえわざわざ彼を指名したのか説明なく、お話としては微妙。
ちょっとガッカリです
関係ないこちらにまで突き刺さるような、その一言がキツイ。

カラー6ページの「ハロウィン大作戦」がデビュー作、「君は僕のヒカリもの」が一番最初に描いたモノクロ漫画とのこと。
前者「ハロウィン大作戦」はアパートの住人「大輔」くんと彼に恋する「稲月苗子」さん。
はっきりしない「苗子さん」を、管理人さんがハロウィンのイベントを借りてくっつけようとする流れです。
実際のところ詳しく知りませんが、「イタズラしちゃいますからぁ」になるほど、って思いました。
後者「君は僕のヒカリもの」は「ヒカリ」さんと「イソベ」くん。
かなりコメディーちっくな処理になっており、ヒロイン「ヒカリさん」もまんまるでそんな感じです。

戦後成金「三澤ケンタ」は財産税で危機に陥っていた名家来須家を救ったんですが、その代償として娘「来須怜花(くるす・れいか)」との結婚を望んだのでした。
しかし、彼女を密かに想っていた使用人「ジュンイチ」には到底納得できるようなものでなく…という流れ。
よくありがちなストーリーでしたが、漫画っぽい結末でないのがいいですね。
まぁ、所詮使用人風情ですから。
あの場面で我を通したとしても、より不幸になるだけでしょうし。

アイドル「桜井美希」、お嬢様「来須怜花」
※左:アイドル「桜井美希」、右:お嬢様「来須怜花」
 気遣いから覚悟まで、「怜花さん」は立派なお嬢様してました。

ほか、「僕と彼女と夏休み」はツインテールな「巴」ちゃんと「大地」くん。
1ページ目はペンションの3名をずらりと並べたかったですねー。
さらりとした顔出しはわざとかもしれませんが、こちらとしては”誰だっけ?”という感覚です
そのため、驚きは半減。
水玉な下着が可愛いです。
「ももいろ好奇心」はポニーテールな生徒会長「水野杏子」さんと「高田」くん。
堅物な生徒会長が実はエロいというのは、成年漫画でのお約束。
ただ、切っ掛けはもう少し”仕方なく~”という大義名分を「杏子さん」に与えてほしかったかなぁ。
もともと気がある訳でもなさそうだし。
これはたぶん後日談のが面白いと思います。
ショートカットでスパッツ姿が可愛い「こころ」ちゃんの「ココロユラユレ」は家庭教師とのえっち。
ヒロインは良いんですが、あまりお話は伝わってきません。
「義兄ばーさりー!」はお姉さん・「ゆうな」ちゃんと「ケンタ」くん。
いちおう気持ちを整理する、みたいなのかな。
あれ、もしかしたら、お姉さんは気付いてるかもしれませんね。

強い線の絵柄。
結構細かいコマ割りで、変化ある・ブチ抜くなどで賑やか。
線も太めであるなど色はクッキリしており、全体的にやや濃い目でした。
描き込みもしっかりしています。
横幅ふっくらで、丸い輪郭なキャラ絵。
目もまんまるです。
絵に合うのか、カラーは非常に良い感じ。
白黒も悪くはないものの、ビミョーな乱れ・崩れを感じます。
細かい部分をつつかせてもらうと、個人的にはたまに分かり辛い部分もありました。
また、初単行本ということで全体の不安定さはあり、収録のうち09年原稿はやや軽め。
そう大きい落差ではないですけどね。
判断については「ワニマガジン社」さんのHPか、紹介帯裏面のカット絵が良いでしょう。
HPでは「らぶかる!」が立ち読みできます。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 濃い目でごっちゃり。細かい部分の安定も欲しいところ。
・話3: 絵は良いんですが見せ方に引っ掛かる部分もあり、個人的には微妙。 
・独3: 悪くないものの、全体的に球威不足な印象でした。
合計:[10/15]

初出一覧にお名前のふり仮名など、単行本は親切設計でした
読み方は「ごじゅう」で良いんですね。
また、解説部分での「私が表紙の雛です…」、「裏表紙の桜です」がブログ書く身では有難いです。

ちょめちょめオトメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ちょめちょめオトメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2010/12/01)
メメ50

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ポニーテール ショートカット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。